心霊動画保管庫

network_08.1

俺は現在、某携帯キャリアの携帯を使っているんだが、どうにも訳の分からないことが起きすぎる。

事の初めは、俺が携帯でサイトを見ていた時だった。

まず、俺の知り合いで携帯の不思議なサイトに詳しいやつがいたんだ。そいつを仮にYとする。

『無料着信音ならここ』『画像検索はここ』というサイト関連の事を知り尽くしていたやつなんだけど、前々から俺宛にYが 「ここのサイト面白いよ」というメールを何件か送って来ていたんだ。

付き合いという事もあったけど、色々と興味をそそられるものが多く、いくらかサイトを見て回った。

大体見て回ったが、怖い画像系が特に多かった。

その中で、これは面白いと思ったものが一つあったので、Yに詳しく聞いてみることにした。

俺が目に付けたのは『心霊動画保管庫』というよくある掲示板だった。

ここは結構カウンター数は少ない割には、やばいのが沢山置いてあるサイトだ。

Y曰く「ああ、これ!俺の一番お気に入りのサイトだよ!」と言っていた。

それを聞いて嬉しくなった俺は、一日中そのサイトの心霊動画を漁っていて、それから一週間くらいはそれに夢中だった。

一週間後にYから、

「ここのページもうそろそろ閉鎖するらしいよ。寂しいよな」

というメールが来た。俺は悲しさが隠し切れなかった。

俺はなんとか閉鎖だけはしないで欲しかったので、そのページにある誰も書き込まない掲示板に丁寧な文で、

「毎日楽しみにしています…(略)…どうかやめないで下さい。お願いします」

と書き込んでいた。

掲示板では返事は何も来なかったんだけど、それから2日後に変なアドレスからメールが来た。

メールの内容は確か、

アgヒooo゙゛イイ

という内容。

アドレスは何も登録してないはずなのに、差出人名に『曰花』と書いてあった。

携帯のバグかなと思い、Yにも相談してみたが、

「意味不明だな…なんか凄いな、お前」

と逆に尊敬されてしまった。

まあ、故障か何かだろうという事で、明日中に某携帯ショップに行こうというくらいの気持ちだった。

変な事と言っても文字化けが出ただけなので、俺は普通にYと夜中までメールをしていた。

しかし、その夜が一番怖かった。

夜中にYと他愛もない話をしていたんだが、急にYのメールがおかしくなってきた。

というのは、メールの件名が

別別別別別別…

となっていた。

ちなみに本文には何も書いていない。

訳の分からない件名に急に鳥肌が立った俺は、

「おい、どうしたんだよ(笑)。Yってこんなキャラだっけ?」

といった感じのメールを送信した。

…30分経っても返信が来ない。

急に返信が来なくなるのはいつものことだから俺は構わないのだが、今回の終わり方は最悪。

明日には会って「どうしたんだよ」と聞いてみようかと考えていた。

明日も朝から早いので、携帯に充電コード挿して寝ようと思った。

電源コードを挿した瞬間、画面がプツンと切れて焦った。

本気でやばいのかと思い、俺はもう一度充電器のコードを抜いて挿し直した。

どの携帯でも同じで、起動画面は表示されるんだけど、その時の俺の携帯は違った。

画面の照明は点いているんだけど、画面は真っ暗。

そして3秒間くらい経った時、突然画面に女の人の真顔の動画が表示され焦った。

その女の人の真顔の動画というのが、目や口が無くて、そこだけ黒く透けてんの。

ビビリな俺は、携帯のバッテリーを急いで抜いて切った。

その日は寝られる訳もなく、朝まで起きていた。

次の日、Yは学校に来ていた。俺は早速昨日の件について話した。

意味不明がって挙句の果てに俺のことを尊敬してきた。

少し安心して、通学の帰りに某携帯ショップに行こうと思ったんだが、また登録していない番号から…今度は電話があった。

俺は何も喋らずに、取り敢えず録音ボタンだけ押して出た。

そのまま5分くらいして勝手に切れたので、急いで某携帯ショップまで行った。

色々と事情を店員に話したんだけど、『文字化けしただけじゃん、何言ってるのこいつ?』状態。

一旦間を置いて、

「取り敢えず、修理に出してみましょうか?」

と店員が切り出してきた。

俺はそのまま流されそうになったが、急に電話の事を思い出し、

「あ、ちょっと待ってください」

と大きな声を出してしまった。

あの時は他のお客さんの目もあって恥ずかしかったな…。

取り敢えず、まずはスピーカーに繋いで聞いてみることに。

聞こえてきた内容は鮮明で、よくあるパソコンの電子音なんだけど、結構人の声としても認識できる程の鮮明な感じで、

ゆうくんはどうしたの? ゆうくはどうしたの? どーしたの~? どー…

ここで切れた。絶句する俺と店員。

店員は凄く焦った顔をして、

「すいませんが、これはあなたの友人の方ですか?」

俺はとっさに焦ってまた大声を出してしまった。

「こんな友達いませんよ!いまの明らかに機械音だったじゃないですか!」

「でも、こんなことで修理っていうのもおかしな話で…」

「取り敢えず、お願いします!ウイルスかなにかだったらホッとするんです!それだけでいいですから」

「…」

店員は少しの沈黙の後、

「では、こちらで預からせて貰いますので、修理する間の代替機種を持ってきますね」

と言って代わりの携帯の手続きをした。

その後、俺は落ち着いて家に帰り、Yにメールで「テスト~届いた~?」という感じのメールを送信した。

あいつは今日絶対返信するとまで言っていたので、3分くらい携帯の前で待っていた…。

…届いた!!!

ちゃんと「届いたぜ~」と返って来た。

凄くほっとして、俺はまた返信した。

人間状況が変わるとここまで安心するのだなあと思った。

だがその後、とんでもないYのメールが俺の携帯に来た。

内容はこうだ。

「おい、お前の下の名前○○だよな…あの掲示板に○○様へ、別別別…って書いてあるぞ?」

もうなんか俺は泣きそうだった。

それからすぐまたあの番号から電話がかかって来た…。

すかさず俺は録音ボタンを押して聞かないようにした。

次の日にそれを聞いた時、俺は聞かなきゃよかったと思った。

機械音声で、

決まりだからあー決まりだからあー

無意味に怖かった。なんで俺なんだよ…。

もう精神的にも耐えられなかった俺は、次の日Yにしっかり俺の書き込みの内容を見せて貰った。

本当にあった…。もう耐えられない…。

あのサイトで動画を見てしまったからだろうか、それとも書き込みをしたから…。

今度は御祓いに行こうと思っている。

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。故に深夜ビル…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

夜道(フリー素材)

映画監督の話

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。 ※ ある時、H氏はスランプに陥っていました。いくら悩んでも…

書斎(フリー写真)

電話を切りなさい

会社の先輩(女性)が学生の頃に体験した話。学校から帰ってみると、家に誰も居なかった。先輩は特に気にすることもなく、父親の三畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべり…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

アケミくるな

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。Sは仕事中だというのに…

炎(フリー素材)

鳴く人形

俺の実家は小さな寺をやっている。子供の頃から、親父が憑き物祓いや人形供養をしているのを何度も見て来た。その中でも一番怖かったのが赤ちゃんの人形。ミルクなどを飲ませるよう…