メールの送信履歴

P1010050

当時、息子がまだ1才くらいの頃。

のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。

私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録しておらず、悪戯されてもさほどダメージはないので、電話だけロックをかけて渡していた。

そして、しばらくするとメール着信音が鳴った。

何だろうと思いメールを見てみると、見知らぬアドレス…。

迷惑メールだろうかと思いながら開くと

「あなたはだあれ?」

と一言だけ書いてあった。

一瞬ゾッとしたが、私は状況を把握できず、しばらくアドレスを見ながら考えた。

どうやら1才の息子が携帯をデタラメに操作していて、偶然に空メールか何かを送ったら、本当に相手がいたということらしい。

いや、そういうことにしておいた。

それで、相手に悪いので速攻で返信した。

「1才の息子が勝手に操作していて、偶然送ってしまったようです。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」

というような内容で返信。

それからメールは来なかった。

でも、何度考えてもおかしい。

特に単語にはなっていない、数字と英字が混ざったアドレス、@マークから後の記号と言い、変換出来るものなのか?

しかもデタラメなアドレスで送信して相手がいたなんて、いくら考えてもそんな奇跡的なことがあるはずがないと思っている。

ただ、私は勘が鋭いので嫌なものは感じた。それ以上詮索しないほうが良いという判断をしなければいけないと思った。

あと、当時はテンパッていたのですぐに確認しなかったのですが、少し後で携帯を確認して気が付いた。

送信履歴に息子が送ったと思われるメールの記録は、全くなかった。

相手が送ってきたメールは、返信後すぐに消去しました。

今でも、詮索せずにいて正解だったと思っています。

関連記事

不気味な唄

何かの雑誌の投稿で読んだ話で、もう随分前のことです。まだMDすらなく、CDからカセットへ録音してウォークマンで聴いていた頃の話です。その女性(Aさん)は当時中学生くらい…

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。地元の人たちは…

炎(フリー素材)

鳴く人形

俺の実家は小さな寺をやっている。子供の頃から、親父が憑き物祓いや人形供養をしているのを何度も見て来た。その中でも一番怖かったのが赤ちゃんの人形。ミルクなどを飲ませるよう…

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。コンサル部の部長は時々ワープするらしい。打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

杉沢村

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

車のテールランプ(フリー写真)

父親の謎の行動

俺と弟は心霊スポットが好きで、夜中に曰く付きの廃墟などに侵入していた悪ガキだった。残念ながら二人とも霊感はないから、殆ど廃墟探険なのだけど、何もない田舎ではそれだけでも楽しかっ…

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

逆拍手

1999年当時のニュース柳原尋美さん、緊張性気胸による急性心不全ため死去。車の下敷きに。23日にデビューを控えていた女性3人組新ユニット『カントリー娘。』のメンバー、柳…

胎内の記憶

5才くらいの頃の体験なんだけど、白装束かローブのようなものを着た、髭もじゃの外国人のおじさんの家によく遊びに行っていた。それが夢なのか実際に行っていたのかはよく分からない。 …