メールの送信履歴

P1010050

当時、息子がまだ1才くらいの頃。

のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。

私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録しておらず、悪戯されてもさほどダメージはないので、電話だけロックをかけて渡していた。

そして、しばらくするとメール着信音が鳴った。

何だろうと思いメールを見てみると、見知らぬアドレス…。

迷惑メールだろうかと思いながら開くと

「あなたはだあれ?」

と一言だけ書いてあった。

一瞬ゾッとしたが、私は状況を把握できず、しばらくアドレスを見ながら考えた。

どうやら1才の息子が携帯をデタラメに操作していて、偶然に空メールか何かを送ったら、本当に相手がいたということらしい。

いや、そういうことにしておいた。

それで、相手に悪いので速攻で返信した。

「1才の息子が勝手に操作していて、偶然送ってしまったようです。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」

というような内容で返信。

それからメールは来なかった。

でも、何度考えてもおかしい。

特に単語にはなっていない、数字と英字が混ざったアドレス、@マークから後の記号と言い、変換出来るものなのか?

しかもデタラメなアドレスで送信して相手がいたなんて、いくら考えてもそんな奇跡的なことがあるはずがないと思っている。

ただ、私は勘が鋭いので嫌なものは感じた。それ以上詮索しないほうが良いという判断をしなければいけないと思った。

あと、当時はテンパッていたのですぐに確認しなかったのですが、少し後で携帯を確認して気が付いた。

送信履歴に息子が送ったと思われるメールの記録は、全くなかった。

相手が送ってきたメールは、返信後すぐに消去しました。

今でも、詮索せずにいて正解だったと思っています。

綺麗に揃えられる靴

小学校の頃、近所にお化け屋敷と言われている家があった。まあ、実際は屋敷という程でもない少し大きめな日本家屋なんだが、小学生の言うことだしな。その日は両親共に帰宅が遅くな…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

ハイド君

今でも不思議で訳が解らないんだけど、俺の幼馴染が遭遇した話を書きます。幼馴染は女なので、名前は仮にA子とします。もう5年前になるけど、A子は当時23歳だった。そこそこ美人なんだ…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

母を名乗る女の人

小学校に上がる前の、夏の終わりの頃の話。私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。喉が渇いて目が覚めると、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う…

食卓(フリー写真)

一つ足りない

何年か前に両親が仕事の関係で出張に行っていて、叔父さんの家に預けられた事がある。叔母さんと中学3年生の従兄弟も歓迎してくれたし、家も広くて一緒にゲームしたりと楽しく過ごしてい…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。故に深夜ビル…

秘密基地

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。そこには面白い物やまだ使えそうな物が…