埋葬した子犬

公開日: 心霊ちょっと良い話

犬(フリー写真)

心霊体験になるのか分かりませんが、子供の頃に不思議な経験をしました。

小学5年生の時、私は凄い田舎で暮らしていました。

小学校は統合され、登下校はスクールバスでないと通えないような場所です。

スクールバスが停まるのは、廃校になった小学校の校庭でした。

初冬のある日、いつものようにスクールバスで下校しました。

バスを降りると、そこに子犬の遺体がありました。

雑種だったのかな? 全身茶色い藁のような色で、四肢の先と尻尾の先が白く、鼻の周りが黒い子犬でした。

死んだ子犬が不憫だった私は、咄嗟に『校庭のどこかに埋めてあげなきゃ』と思い、子犬を抱きかかえました。

子犬のお尻や鼻、口から体液や排泄物が漏れてきて、運ぶのに時間を要しました。

校庭の隅に埋めようとしましたが、長年踏み固められたそこはちょっとやそっとじゃ掘れません。

埋葬場所に困り、たった一人で子犬の遺体を抱え、あっちへうろうろこっちへうろうろしていました。

ようやく見つけた埋葬場所は、校庭内にある町民体育館の脇でした。

砂利を一つ一つ手で退け、木の枝を持って来て必死に土を掘り、近所のスーパーへ行き、子犬がギリギリ入る大きさの小さいダンボールをもらい、その中へ子犬を入れました。

ダンボールを棺に見立てたつもりでした。

子犬を入れ、お花も一緒に入れてあげたかったのだけど何せ初冬…枯葉は落ちていても雑草の花ひとつ咲いていませんでした。

悪いとは思ったけど、近所の家の庭先から道路に伸びている花の咲いた庭木の枝を一本、黙って拝借し(ごめんなさい)、ダンボールの棺に入れて埋葬しました。

土をかぶせて手を合わせ、私は帰宅しました。

その日は確か『なか○し』の発売日。家にランドセルを置き、そのまま本屋へと向かいました。

何故だろう、ふとした瞬間に子犬を埋めた町民体育館の方に目が行きました。

すると、私を目掛けて一匹の犬が駆けて来ます。

真っ直ぐに私に向かって、町民体育館から農閑期の畑の中を駆けて来るのです。

私はその犬があまりにも可愛くて、そのままその場で立ち止まり、犬が私の元まで来るのを待っていました。

その犬はさっき埋めた犬と瓜二つでした。

「あ、死んだ犬の兄弟かな?」

そう思った私は、

「捨てられちゃったの? お前の兄弟は先に死んじゃったよ」

「このままじゃ、お前も死んじゃうかもしれないなぁ…」

「うちで飼ってあげたいけど、うち団地だから飼ってあげれないんだ」

「着いて来ちゃだめだよ、飼ってあげれないから遊んであげられないよ」

このようなことを子犬相手に言っていました。

構わないように、触らないようにして本屋に向かおうとするのだけど、子犬は笑顔のまま私の後ろを付いて来ます。

本屋までの道のり、田舎のメインストリート、車が通るからこの犬も轢かれちゃったりするかもしれない。

そう思うと本屋に行けなくなってしまった。

えぇーい!もういいや!!私は『なか○し』を諦め、子犬と遊びました。

両親からは、

「犬は人に懐く、飼う気がない、飼えないなら構ったり餌をあげてはいけない。そんなことをしたら、逆に犬が可哀想だ」

と言われていたのですが、足元でお腹を見せて『触って』という顔をしている子犬を触らずにはいられませんでした。

私は門限の17時半ギリギリまで子犬と遊びました。走ったり、子犬を撫でまくっていました。

「そろそろ家に帰らなきゃ…」

そう犬に言うと、犬は笑顔のまま町民体育館に向かって走って行きました。

ちょうど犬と遊んでいたのは農閑期の畑のど真ん中。町民体育館が、子犬を埋めた場所がよく見える場所でした。

町民体育館へ走って行く子犬。何度かこちらを振り返っていました。

その時、不意に

「あ!あの子!!さっき埋めた子だ!!」

そう思った瞬間、一緒に遊んでいた子犬が、あの死んだ子犬を埋めた場所に立っているのが見えました。

ドキドキしました。本当に自分の体が心臓なのではないかと思うほど全身で脈を打っている気がしました。

次の瞬間、遊んでいた子犬が消えました。目の前でフッと消えたのです。

埋葬したお礼をしに来てくれたのかな?

忘れられない子供の頃の不思議な経験です。

関連記事

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

横断歩道(フリー写真)

守護

週末、飲み会で泥酔して帰った時の事。家の前には深夜でも交通量が多く、事故の多い国道があるのだけど…。普段は危ないから絶対に斜め横断なんてしないのに、酔った勢いでつい魔…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

病院(フリー背景素材)

みほちゃん

看護学生の頃、友達と遊びに行った先で交通事故を目撃しました。勉強中の身ではあったのですが、救急隊員が駆け付けるまでの間、友人の手も借りながら車に撥ねられた女の子の応急処置をしま…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。その店は10階建てのビルの地下にあった。地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…

火事(フリー写真)

男の手

俺に父は居ない。俺と双子の妹が生まれるずっと前に癌に罹り、俺たち兄妹が生まれて暫くしてから亡くなったらしい。 ※ 俺たち兄妹が小学生になったある日。学校から帰っての…

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…