埋葬した子犬

公開日: 心霊ちょっと良い話

犬(フリー写真)

心霊体験になるのか分かりませんが、子供の頃に不思議な経験をしました。

小学5年生の時、私は凄い田舎で暮らしていました。

小学校は統合され、登下校はスクールバスでないと通えないような場所です。

スクールバスが停まるのは、廃校になった小学校の校庭でした。

初冬のある日、いつものようにスクールバスで下校しました。

バスを降りると、そこに子犬の遺体がありました。

雑種だったのかな? 全身茶色い藁のような色で、四肢の先と尻尾の先が白く、鼻の周りが黒い子犬でした。

死んだ子犬が不憫だった私は、咄嗟に『校庭のどこかに埋めてあげなきゃ』と思い、子犬を抱きかかえました。

子犬のお尻や鼻、口から体液や排泄物が漏れてきて、運ぶのに時間を要しました。

校庭の隅に埋めようとしましたが、長年踏み固められたそこはちょっとやそっとじゃ掘れません。

埋葬場所に困り、たった一人で子犬の遺体を抱え、あっちへうろうろこっちへうろうろしていました。

ようやく見つけた埋葬場所は、校庭内にある町民体育館の脇でした。

砂利を一つ一つ手で退け、木の枝を持って来て必死に土を掘り、近所のスーパーへ行き、子犬がギリギリ入る大きさの小さいダンボールをもらい、その中へ子犬を入れました。

ダンボールを棺に見立てたつもりでした。

子犬を入れ、お花も一緒に入れてあげたかったのだけど何せ初冬…枯葉は落ちていても雑草の花ひとつ咲いていませんでした。

悪いとは思ったけど、近所の家の庭先から道路に伸びている花の咲いた庭木の枝を一本、黙って拝借し(ごめんなさい)、ダンボールの棺に入れて埋葬しました。

土をかぶせて手を合わせ、私は帰宅しました。

その日は確か『なか○し』の発売日。家にランドセルを置き、そのまま本屋へと向かいました。

何故だろう、ふとした瞬間に子犬を埋めた町民体育館の方に目が行きました。

すると、私を目掛けて一匹の犬が駆けて来ます。

真っ直ぐに私に向かって、町民体育館から農閑期の畑の中を駆けて来るのです。

私はその犬があまりにも可愛くて、そのままその場で立ち止まり、犬が私の元まで来るのを待っていました。

その犬はさっき埋めた犬と瓜二つでした。

「あ、死んだ犬の兄弟かな?」

そう思った私は、

「捨てられちゃったの? お前の兄弟は先に死んじゃったよ」

「このままじゃ、お前も死んじゃうかもしれないなぁ…」

「うちで飼ってあげたいけど、うち団地だから飼ってあげれないんだ」

「着いて来ちゃだめだよ、飼ってあげれないから遊んであげられないよ」

このようなことを子犬相手に言っていました。

構わないように、触らないようにして本屋に向かおうとするのだけど、子犬は笑顔のまま私の後ろを付いて来ます。

本屋までの道のり、田舎のメインストリート、車が通るからこの犬も轢かれちゃったりするかもしれない。

そう思うと本屋に行けなくなってしまった。

えぇーい!もういいや!!私は『なか○し』を諦め、子犬と遊びました。

両親からは、

「犬は人に懐く、飼う気がない、飼えないなら構ったり餌をあげてはいけない。そんなことをしたら、逆に犬が可哀想だ」

と言われていたのですが、足元でお腹を見せて『触って』という顔をしている子犬を触らずにはいられませんでした。

私は門限の17時半ギリギリまで子犬と遊びました。走ったり、子犬を撫でまくっていました。

「そろそろ家に帰らなきゃ…」

そう犬に言うと、犬は笑顔のまま町民体育館に向かって走って行きました。

ちょうど犬と遊んでいたのは農閑期の畑のど真ん中。町民体育館が、子犬を埋めた場所がよく見える場所でした。

町民体育館へ走って行く子犬。何度かこちらを振り返っていました。

その時、不意に

「あ!あの子!!さっき埋めた子だ!!」

そう思った瞬間、一緒に遊んでいた子犬が、あの死んだ子犬を埋めた場所に立っているのが見えました。

ドキドキしました。本当に自分の体が心臓なのではないかと思うほど全身で脈を打っている気がしました。

次の瞬間、遊んでいた子犬が消えました。目の前でフッと消えたのです。

埋葬したお礼をしに来てくれたのかな?

忘れられない子供の頃の不思議な経験です。

中学校の教室(フリー写真)

このまま行くところ

小学5年生の頃に転校して来た友達と仲良くなって、中学時代も変わらず仲良しだった。 でも彼は中学2年の昼休み中に意識を失い、二度と学校には来なかった。 原因は白血病で、よく…

河原(フリー写真)

猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。 誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。 それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…

空(フリー写真)

夢枕に立つ祖母

俺にとってばあちゃんは『優しさ』の権化のような人だった。 いつもにこにこしていて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなばあちゃんのことが大好きだった。 ば…

市松人形(フリー写真)

華ちゃん

高校生の時に婆ちゃんが亡くなり、形見で市松人形を頂いた。 かなり古いが可愛い顔で、良い品だと見て取れるような市松さん。 『華ちゃん』と名付け、髪飾りを作って付けてあげたり…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。 左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。 現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

母の四十九日まで

私が中学生の時の話です。 受験の真っ只中の時期に、母がくも膜下出血で入院。そのまま亡くなってしまいました。 その日の夜、 「最後に家族みんなで一緒に寝よう」 と…

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。 就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。 癌で入院しているのは知って…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…