爺さんの教え

公開日: 心霊ちょっと良い話

空(フリー写真)

学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。

悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。

「人前で泣くな」

が爺さんの教えだったから。

数日後、母から思わぬ話を聞いた。

「爺さんは、あんたにキツく接していたけど、実は一番可愛がられていたのはあんたなんだよ。

爺さんが肩車したのは、子供や孫の中で、あんただけだったんだから」

この話を聞いた時、物凄い後悔をした。

何故もっと孝行出来なかったのだと、自分を責めた。

ただ、泣くことはしなかった。

更に数日後、交通事故に遭った。

自転車対自動車(自分が自転車)で、自分は10メートル近く吹っ飛ばされた。

しかし、地面に激突するという時に、凄い力で自分の体が支えられた。

大事故だというのに、すり傷程度で済んでいた。

何かの気配を感じ顔を上げた…。

爺さんだった。生前には見たことも無い優しい笑顔で、こちらを見ていた。

守られているというのが解った時、涙が止まらなかった。止められなかった。

爺さんに心の中で謝った。

「出来の悪い孫でごめん…泣いちゃったよ」

爺さんは優しい笑顔のままだった。

関連記事

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。 当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。 皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。 その時に借りた家で体験したお話です。 場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。 その店は10階建てのビルの地下にあった。 地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が伝えたかったこと

母が二月に亡くなったんだよね。 でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。 ※ 母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希…

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。 今から10年程前、長男が4才の時の夏。 俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。 父は10年以上前に事故で亡く…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。 母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、 母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

お花畑(フリー写真)

まだ来るな

僕には四つ下の弟が居て、彼はバイクで通勤していました。 ある日、彼が出勤途中に事故に遭い、救急車で病院に担ぎ込まれました。 僕にも連絡があり、急いで駆け付けましたが、彼は意…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。 夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。 主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。 いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。 両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

ろうそく(フリー写真)

評判の良い降霊師

実家は俺の父親が継いでいるが、実は本来の長男が居た。 俺の伯父に当たる訳だが、戦前に幼くして亡くなったのだ。 今で言うインフルエンザに罹ったと聞いたように記憶しているが、と…