本当の霊視

恋人(フリー写真)

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。

私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。

不思議なのはその人の会話です。

話題が霊視になった時、Tさんは

「あれはコールドリーディングというテクニックですよ」

と言い切りました。

話によると、それは会話の中からどうとでも取ることが出来る曖昧な話をして、相手にその先を喋るように仕向け、ヒントを得て行くやり方。所謂インチキだと。

「じゃあ試してみましょうか?」

とニッコリと微笑みを浮かべ、Tさんは喋り始めました。

そして次々と、私の部屋の間取りと置いてあるタンスの位置や、カーテンの色を当てて行きます。

ただ確かに曖昧に語り掛け、私に正解を言わせているのが解りました。

「もうちょっと特別なことをしてみる?」

と、Tさんは妙なことを言い出しました。

私の手を、Tさんの手の上に乗せるように言ってきました。

運転の邪魔にならないタイミングで手を乗せると、Tさんはまた喋り始めたのです。

しかも話を引き出す今までの話し方ではなく、いきなり、

「君のお母さん…今のお母さんじゃなくて、生んでくれた方のお母さんの実家、H市のM町の方だけど、今でもご縁があるかな?」

私が二才の時に実母は他界し、五才で父が再婚。

実母の記憶は殆ど無く、今の母親を実母のように慕っていて、自分でも実母の事はすっかり忘れていました。

確かに実母の実家がH市であるのは知っていましたが、M町かどうかは知りません。

Tさんは続けます。

「来年結婚する前に、お母さんの実家に行ってみてくれんかな?

おじいちゃんとおばあちゃん…特におじいちゃんが会いたがっているよ」

私は後日、父にH市の住所を聞き(本当にM町でした)、彼氏と行ってみました。

私達は歓迎され、お祝いとして大金まで頂きました。

更におじいさんの方は病気を患っていて、もう長くないとも聞きました。

そこで、あの時Tさんが続けた言葉、

「庭の元々井戸があった位置で酒を撒いて、器に入れた塩と水を供えておいで」

を実行しました。

初めてのお庭でしたが、Tさんの言う通りの位置に井戸がありましたし、迷いませんでした。

それを境におじいさんは快方に向かい、元気な姿で結婚式にも来てくれました。

Tさんとはオフの後、二、三度会いましたが、結婚後は会っていません。

あの時、

「見えない縁の綻びを直せるのが本当の霊視ですよ」

と言ったTさんの言葉通り、今は幸せです。

関連記事

体温計(フリー写真)

太いお姉ちゃん

去年の話なのだが、5歳の娘が急に高熱を出し、慌てて近くの病院へ連れて行った。そして風邪と診断され、処方された薬を3日間飲ませていたが、症状は一向に良くならず。『ひょっと…

風鈴(フリー写真)

裏の家のおじいさん

数年前の夏、高校生の時に体験した話です。その日はとても蒸し暑かったのを覚えています。夏休みになったばかりで、特にする事のなかった俺は、クーラーをガンガンにかけて昼寝をし…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

母の四十九日まで

私が中学生の時の話です。受験の真っ只中の時期に、母がくも膜下出血で入院。そのまま亡くなってしまいました。その日の夜、「最後に家族みんなで一緒に寝よう」と…

飲食店(フリー素材)

身代わり

少し昔の話をする。私の友人が飲食店の店長をする事になった。その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃…

寮

オッサン管理人

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。 ※ 10年くらい前の話。当時、友人は会社の社員寮や…

おじいさん(フリー写真)

おんぶしてあげるよ

去年、祖父が亡くなりました。僕は祖父にはよく可愛がってもらっていましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。不思議な体験というのは、その祖父の葬儀の時に起こり…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

彼岸花(フリー写真)

祖母の隠れ場所

自分が3歳の時に父方の祖母が亡くなった。皆さんお察しの通り、人の死という現実の認識が出来ない子供の事です。私はキャッキャッと親戚が居る中をふざけながら走り回り、それこそ…

ガラス窓(フリー写真)

ガラスに映る人

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。当時中学生だった…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…