本当の霊視

恋人(フリー写真)

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。

私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。

不思議なのはその人の会話です。

話題が霊視になった時、Tさんは

「あれはコールドリーディングというテクニックですよ」

と言い切りました。

話によると、それは会話の中からどうとでも取ることが出来る曖昧な話をして、相手にその先を喋るように仕向け、ヒントを得て行くやり方。所謂インチキだと。

「じゃあ試してみましょうか?」

とニッコリと微笑みを浮かべ、Tさんは喋り始めました。

そして次々と、私の部屋の間取りと置いてあるタンスの位置や、カーテンの色を当てて行きます。

ただ確かに曖昧に語り掛け、私に正解を言わせているのが解りました。

「もうちょっと特別なことをしてみる?」

と、Tさんは妙なことを言い出しました。

私の手を、Tさんの手の上に乗せるように言ってきました。

運転の邪魔にならないタイミングで手を乗せると、Tさんはまた喋り始めたのです。

しかも話を引き出す今までの話し方ではなく、いきなり、

「君のお母さん…今のお母さんじゃなくて、生んでくれた方のお母さんの実家、H市のM町の方だけど、今でもご縁があるかな?」

私が二才の時に実母は他界し、五才で父が再婚。

実母の記憶は殆ど無く、今の母親を実母のように慕っていて、自分でも実母の事はすっかり忘れていました。

確かに実母の実家がH市であるのは知っていましたが、M町かどうかは知りません。

Tさんは続けます。

「来年結婚する前に、お母さんの実家に行ってみてくれんかな?

おじいちゃんとおばあちゃん…特におじいちゃんが会いたがっているよ」

私は後日、父にH市の住所を聞き(本当にM町でした)、彼氏と行ってみました。

私達は歓迎され、お祝いとして大金まで頂きました。

更におじいさんの方は病気を患っていて、もう長くないとも聞きました。

そこで、あの時Tさんが続けた言葉、

「庭の元々井戸があった位置で酒を撒いて、器に入れた塩と水を供えておいで」

を実行しました。

初めてのお庭でしたが、Tさんの言う通りの位置に井戸がありましたし、迷いませんでした。

それを境におじいさんは快方に向かい、元気な姿で結婚式にも来てくれました。

Tさんとはオフの後、二、三度会いましたが、結婚後は会っていません。

あの時、

「見えない縁の綻びを直せるのが本当の霊視ですよ」

と言ったTさんの言葉通り、今は幸せです。

結婚式の席(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 私はそのことを引きずり、 「もう新しい彼氏も結婚もいらない」 と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだ…

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。 友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。 当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

教室の机(フリー写真)

教室に居る子

小学6年生の二学期の途中に地方へ引っ越した。 転校をするのは初めてのことだった。 不安に思っていた僕に最初に話し掛けてきたのは、T君というクラスのリーダー格らしき人で、色々…

空(フリー写真)

夢枕に立つ祖母

俺にとってばあちゃんは『優しさ』の権化のような人だった。 いつもにこにこしていて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなばあちゃんのことが大好きだった。 ば…

お茶(フリー写真)

寂しがりなじいちゃん

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。 殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。 ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると…

ガラス窓(フリー写真)

ガラスに映る人

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。 私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。 当時中学生だった…

お通夜の日

おじいちゃんのお通夜の日の話です 当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。 それでちょっと眠くなって…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。 学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。 そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

空(フリー写真)

爺さんの教え

学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。 悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。 「人前で泣くな」 が爺さんの教えだったから。 ※ 数日後、母か…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…