まだ来るな

公開日: 心霊ちょっと良い話

お花畑(フリー写真)

僕には四つ下の弟が居て、彼はバイクで通勤していました。

ある日、彼が出勤途中に事故に遭い、救急車で病院に担ぎ込まれました。

僕にも連絡があり、急いで駆け付けましたが、彼は意識不明の状態でした。

「もしかしたらダメかもしれない…」

母は泣くばかり。僕もどうしようもありませんでした。

その三日後、奇跡的に弟が意識を取り戻しました。

頭を強く打っていた為、暫くボーッとしていましたが、突然何かを思い出したように、

「りんは?」

と聞くのです。『りん』というのは、二年前に亡くなった飼い犬です。

「何言ってる? もう死んだだろが?」

と僕が言うと、彼は

「いや、さっきまで一緒だったんだ」と言うのです。

おかしな事を言う弟に、僕が

「打ち所が悪かったかな?」

と冗談を言うと、彼は

「いや!違うんだ。実はさっき会ったんだ…」

と話し始めました。

何でも、事故に遭った後の記憶というのが、一人で何処かへ歩いて行くという定番なものだったらしいのですが、どんどん歩いて行くと、以前飼っていた犬に会ったそうです。

「あれ!どうしたのお前、迎えに来てくれたの?」

と弟が尋ねると、生前は大人しかった『りん』が、ウーッと唸ったそうです。

よく懐いていた犬だったので面食らいながらも、頭を撫でようとすると、今度は

『さっさとあっちに行け!!』

とでも言わんばかりに吠えたそうです。

仕方なく弟は来た道を引き返し、気が付いたら病院に居た、という事です。

弟は、

「人って死んだら誰かが迎えに来るって言うけど、俺の場合は追い返されちゃったよ」

と笑います。

しかし『りん』を一番可愛がっていたのが弟だったので、本当に

「まだ来るな」

と言っていたのかもしれません。

関連記事

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。 のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

子犬(フリー写真)

子犬のお礼

子供の頃、不思議な経験をしました。 小学5年生の当時、私はド田舎で暮らしていました。 小学校は統合され、登下校はスクールバスでなければ通えないような土地。 スクールバ…

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。 その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。 ある日、Tという後輩が自…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。 そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。 地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。 友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、 「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。 ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。 起きている奴等…

トタンのアパート(フリー写真)

訳あり物件のおっちゃん

半年ほど前に体験した話。 今のアパートは所謂『出る』という噂のある訳あり物件。 だが私は自他共に認める0感体質、恐怖より破格の家賃に惹かれ、一年前に入居した。 ※ この…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。 その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。 疲れていたのですぐ寝入るこ…

坂道(フリー写真)

坂道と父

5年ほど前に父を亡くしました。 体を壊して働けなくなり、自棄になってアルコールやギャンブルに走って借金を作り、最後は 「飲んだら死ぬよ」 と医者に言われながらも、飲み…

将棋盤(フリー写真)

角の頭に歩を打て

先週、親父と将棋を指した。 欲しい本代を賭けての勝負だけに、負けられない一戦だった。 俺は親父から将棋を教わった。 当然親父の方が強い。実力にはかなりの差がある。 …