まだ来るな

公開日: 心霊ちょっと良い話

お花畑(フリー写真)

僕には四つ下の弟が居て、彼はバイクで通勤していました。

ある日、彼が出勤途中に事故に遭い、救急車で病院に担ぎ込まれました。

僕にも連絡があり、急いで駆け付けましたが、彼は意識不明の状態でした。

「もしかしたらダメかもしれない…」

母は泣くばかり。僕もどうしようもありませんでした。

その三日後、奇跡的に弟が意識を取り戻しました。

頭を強く打っていた為、暫くボーッとしていましたが、突然何かを思い出したように、

「りんは?」

と聞くのです。『りん』というのは、二年前に亡くなった飼い犬です。

「何言ってる? もう死んだだろが?」

と僕が言うと、彼は

「いや、さっきまで一緒だったんだ」と言うのです。

おかしな事を言う弟に、僕が

「打ち所が悪かったかな?」

と冗談を言うと、彼は

「いや!違うんだ。実はさっき会ったんだ…」

と話し始めました。

何でも、事故に遭った後の記憶というのが、一人で何処かへ歩いて行くという定番なものだったらしいのですが、どんどん歩いて行くと、以前飼っていた犬に会ったそうです。

「あれ!どうしたのお前、迎えに来てくれたの?」

と弟が尋ねると、生前は大人しかった『りん』が、ウーッと唸ったそうです。

よく懐いていた犬だったので面食らいながらも、頭を撫でようとすると、今度は

『さっさとあっちに行け!!』

とでも言わんばかりに吠えたそうです。

仕方なく弟は来た道を引き返し、気が付いたら病院に居た、という事です。

弟は、

「人って死んだら誰かが迎えに来るって言うけど、俺の場合は追い返されちゃったよ」

と笑います。

しかし『りん』を一番可愛がっていたのが弟だったので、本当に

「まだ来るな」

と言っていたのかもしれません。

関連記事

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。 第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。 断っておくが、本名ではない。 今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。 雑誌にも2度ほ…

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。 地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。 チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。 そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。 母に言ったら、 「じいちゃん帰って来たんだね」 と言われた。 ※ それから10年。 10年も経ってから、 「実…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。 この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。 当然…

空(フリー写真)

爺さんの教え

学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。 悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。 「人前で泣くな」 が爺さんの教えだったから。 ※ 数日後、母か…

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…