まだ来るな

公開日: 心霊ちょっと良い話

お花畑(フリー写真)

僕には四つ下の弟が居て、彼はバイクで通勤していました。

ある日、彼が出勤途中に事故に遭い、救急車で病院に担ぎ込まれました。

僕にも連絡があり、急いで駆け付けましたが、彼は意識不明の状態でした。

「もしかしたらダメかもしれない…」

母は泣くばかり。僕もどうしようもありませんでした。

その三日後、奇跡的に弟が意識を取り戻しました。

頭を強く打っていた為、暫くボーッとしていましたが、突然何かを思い出したように、

「りんは?」

と聞くのです。『りん』というのは、二年前に亡くなった飼い犬です。

「何言ってる? もう死んだだろが?」

と僕が言うと、彼は

「いや、さっきまで一緒だったんだ」と言うのです。

おかしな事を言う弟に、僕が

「打ち所が悪かったかな?」

と冗談を言うと、彼は

「いや!違うんだ。実はさっき会ったんだ…」

と話し始めました。

何でも、事故に遭った後の記憶というのが、一人で何処かへ歩いて行くという定番なものだったらしいのですが、どんどん歩いて行くと、以前飼っていた犬に会ったそうです。

「あれ!どうしたのお前、迎えに来てくれたの?」

と弟が尋ねると、生前は大人しかった『りん』が、ウーッと唸ったそうです。

よく懐いていた犬だったので面食らいながらも、頭を撫でようとすると、今度は

『さっさとあっちに行け!!』

とでも言わんばかりに吠えたそうです。

仕方なく弟は来た道を引き返し、気が付いたら病院に居た、という事です。

弟は、

「人って死んだら誰かが迎えに来るって言うけど、俺の場合は追い返されちゃったよ」

と笑います。

しかし『りん』を一番可愛がっていたのが弟だったので、本当に

「まだ来るな」

と言っていたのかもしれません。

関連記事

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。すると小綺麗…

彼岸花(フリー写真)

祖母の隠れ場所

自分が3歳の時に父方の祖母が亡くなった。皆さんお察しの通り、人の死という現実の認識が出来ない子供の事です。私はキャッキャッと親戚が居る中をふざけながら走り回り、それこそ…

サーバールーム(フリー写真)

サーバーからのメッセージ

心霊ではないかもしれないけど、一つ不思議な体験があります。俺は某会社でシステム関連の仕事をやっているのだけど、先日、8年間稼働していたサーバーマシンが壊れてしまった。こ…

田舎の風景(フリー写真)

氷を買いに来る若者

これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。じいちゃんは、鉄工所を経営する腕利きの職人だった。じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があった…

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

バーベキュー(フリー写真)

未来の夢

小児白血病だったK君の話です。K君は三度目の再発でした。急速に増えて行く白血病細胞の数。ドクターはK君のご両親に、「化学療法のみの延命治療なら持って後3ヶ月、残…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…