まだ来るな

公開日: 心霊ちょっと良い話

お花畑(フリー写真)

僕には四つ下の弟が居て、彼はバイクで通勤していました。

ある日、彼が出勤途中に事故に遭い、救急車で病院に担ぎ込まれました。

僕にも連絡があり、急いで駆け付けましたが、彼は意識不明の状態でした。

「もしかしたらダメかもしれない…」

母は泣くばかり。僕もどうしようもありませんでした。

その三日後、奇跡的に弟が意識を取り戻しました。

頭を強く打っていた為、暫くボーッとしていましたが、突然何かを思い出したように、

「りんは?」

と聞くのです。『りん』というのは、二年前に亡くなった飼い犬です。

「何言ってる? もう死んだだろが?」

と僕が言うと、彼は

「いや、さっきまで一緒だったんだ」と言うのです。

おかしな事を言う弟に、僕が

「打ち所が悪かったかな?」

と冗談を言うと、彼は

「いや!違うんだ。実はさっき会ったんだ…」

と話し始めました。

何でも、事故に遭った後の記憶というのが、一人で何処かへ歩いて行くという定番なものだったらしいのですが、どんどん歩いて行くと、以前飼っていた犬に会ったそうです。

「あれ!どうしたのお前、迎えに来てくれたの?」

と弟が尋ねると、生前は大人しかった『りん』が、ウーッと唸ったそうです。

よく懐いていた犬だったので面食らいながらも、頭を撫でようとすると、今度は

『さっさとあっちに行け!!』

とでも言わんばかりに吠えたそうです。

仕方なく弟は来た道を引き返し、気が付いたら病院に居た、という事です。

弟は、

「人って死んだら誰かが迎えに来るって言うけど、俺の場合は追い返されちゃったよ」

と笑います。

しかし『りん』を一番可愛がっていたのが弟だったので、本当に

「まだ来るな」

と言っていたのかもしれません。

古民家(フリー写真)

祖父母の人生

私のおじいちゃんとおばあちゃんの話。 この間、おばあちゃんの家に泊まった時にしてくれた話です。 ※ おばあちゃんは生まれつき目が悪かったんだけど、戦時中は9人居る兄弟の為に働…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。 泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。 就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。 癌で入院しているのは知って…

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。 友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。 当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。 これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

猫(フリー写真)

親猫の導き

アパートで一人暮らしを始めた頃、アパート周辺を猫の親子がうろついていた。親猫と仔猫四匹。 私はどういう訳か親子に懐かれた。 アパートでは飼えないので下手に餌をやるのは避け…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。 俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。 爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。 生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…