鈴の音

公開日: 心霊ちょっと良い話

古い箪笥(フリー写真)

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。

不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。

火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じるようになった。

テレビを視ている時、トイレに行く途中の廊下、誰かが俺を見ているようだった。

何となく『ばあちゃんだな』と思ったけれど、その時は別に気に留めなかった。

次の日、眠りに就こうと布団に入りウトウトしていると、突然金縛りに遭った。

金縛りは初めてだったので、かなり驚いていると、ドアの方から鈴の音が聞こえて来て、段々こちらの方へ音か近付いて来る。

目を開けるのが怖かったので頑なに目を閉じていたけれど、目の奥にばあちゃんの姿が見えた。

馬鹿な俺はその時パニック状態になり、

『何故可愛がってくれた俺をこんな怖い目に遭わせるんだ』

と心の中でばあちゃんを貶し続けた。

すると目の奥のばあちゃんは少し悲しそうな顔をして、鈴の音が小さくなると共に消えて行った。

金縛りが解けた後は、怖かったので布団に潜り眠った。

次の日の朝、何となくばあちゃんの部屋に入り、一緒に折った折り紙の鶴などを眺めていた。

昨日の出来事を思い出したりして、ばあちゃんは何がしたかったのだろうと考えていたら、咄嗟にある事を思い出した。

あの鈴の音。

ばあちゃんの財布に付いていた、鈴の付いたヒモ。

俺はとっさにタンスを開けて、ばあちゃんの財布を取り出した。

財布の中には、少しのお金と封筒。

その封筒を開けてみると、便せんに癖のある字でこう書かれていた。

『甘いものばかり食べていると虫歯になるから控えなさいね。

テレビゲームのやり過ぎもほどほどに。

おばあちゃん、いつもお前の事を心配して見守っているからね。

少しだけどこのお金で何か買いなさい』

昔の千円札が一枚入っていた。

あの時、ばあちゃんは、これを渡したくて俺の部屋に来たのだろうか。

そんな事も知らずにばあちゃんを貶した自分。

あの時の悲しそうな顔をしたばあちゃん。

俺はばあちゃんが死んでから初めて泣いた。

関連記事

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

戦闘機(フリー写真)

白いマフラー

俺のじいちゃんは昔、パイロットだった。若い頃のじいちゃんの写真は、白のマフラーを巻いて格好つけていて、でも本当に格好良かった。俺もじいちゃんみたいな戦闘機乗りになりた…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

ビー玉(フリー写真)

A子ちゃんの夢

ちょっと辻褄の合わない不思議な経験で、自分でも偶然なのか思い込みなのか、本当にそうだったのか自信がないのですが。子供の頃、大人になっても憶えているような印象的な夢を見た事があり…

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が伝えたかったこと

母が二月に亡くなったんだよね。でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。 ※ 母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希…

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。A子には3…