杖を持ったおじいさん

公開日: 心霊ちょっと良い話

京浜東北線(フリー写真)

2年前の出来事。

その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。

多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。

パチンコで負けただの、誰々が気に入らないだの言いながら、三人分くらいの席を占領して座っていた。

まあ、夕方の京浜東北線では偶にある事だ。

周りの乗客も多少好奇の目を向けていたが、特に何する事もなくケータイを弄ったり読書をしたりしていた。

その時の私は生後1才3ヶ月の息子を抱っこして座っていたのだが、息子がおっさんの大声にびっくりしたのか、声を上げて泣き出してしまった。

「よしよし、大丈夫だよー」

あやしながら機嫌を直そうとするのだが、おっさんが構わず喚き続けるので、息子も一向に泣き止まなかった。

するとおっさんはこちらに目を向け、

「うるせーガキだなあーーー!」

と怒鳴ってきたではないか。

まずい、絡まれる!私は必死であやしたが、息子はますます激しく泣き続けていた。

それに立腹したのか、おっさんはゆっくりと席を立ち、こちらに向かって来ようとしていた。

本当にまずい、誰か止めてくれませんか!声は出さずに周りを見ましたが、誰も止めてくれる気配はなかった。

一歩、また一歩と近付くおっさん。

「このガキィ、おめぇ、るせーんだよぉ!」

一段と声を張り上げ、私まですぐそこという所まで来た。

『うぁぁ…』

私は息子をギュッと抱き締め、体をすくめた瞬間…。

「ドタッ!」

おっさんは目の前でつんのめって倒れていた。

あれっと思いふと見ると、横のドア付近に居たおじいさんが、杖でおっさんの足先を払ったらしい。

おじいさんは杖をトントンと1、2度床に突き、何事もなかったようにこちらに背を向けた。

しかしもちろん、これで災いが去った訳ではない。

床に平伏したおっさんは、わなわなと震えながら拳を握り、怒りを爆発させようとしていた。

『まずい!おじいさん逃げて!』

私のそんな思いにも関わらず、おじいさんはその場から離れようとはしなかった。

「じ、じ、じ、ジジィィィィィィーーー!」

完全に激高したおっさんは、立ち上がるやいなや右の拳を振り上げ、思い切りおじいさんに向けて振り下ろした!

『あーーー!』

私は声も出ず見つめるだけ。もうだめだぁ!

フッ…。

おじいさんは消えてしまった…。

「ゴンッ!ドゥイーーーーーーーーン!」

「ぐあああああああああああ!!!!」

力の限り振り下ろした拳は目標を見失い、ドアの戸袋部分の角に命中した。

酒が入っていても、あれだけ叫んでもがくとは相当痛いのであろう。

おっさんは今度こそ完全にうずくまり、右手を押さえて唸っていた。

「プシュー」

ようやく次の駅に着いた。

駅に着いても警官や駅員は来なかったが、相変わらずおっさんはうずくまっていたので、私はそっと駅に降り、ようやく難を逃れる事ができた。

あのおじいさん…。

私には初孫を楽しみに待っていた父がいた。

3年も闘病し、結局息子の誕生半年前に逝ってしまったが、闘病初期には体力を維持したいからと言って、杖を買ってよく散歩をしていた。

あの時見た杖が父の物のように思えた。

泣き止んだ息子が、電車に向かってバイバイをしていた。

関連記事

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

手を握る(フリー写真)

義母と過ごした時間

思いつくままつらつら書いたので、長くなってしまいました。苦痛な方はどうぞスルーしてください。苦労を支え合った義母との思い出です。 ※ 私が妊娠7ヶ月頃のこと。大阪で…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

戦闘機(フリー写真)

護衛機

爺ちゃんから聞いた話。俺の爺ちゃんは戦争中、爆撃機で司令官を運ぶパイロットだった。もちろん護衛に戦闘機を引き連れてだけど。戦争で戦友が次々死んで行く中で、爺ち…

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。今から10年程前、長男が4才の時の夏。俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。父は10年以上前に事故で亡く…

女性の後ろ姿(フリー写真)

ドライブの夢

3年前に昔の彼女が死んだ。信号無視の車に轢かれ、打ち所が悪かったのだ。当時は既に別れていたから、友人から聞き葬式には出席できた。復縁して別れた彼女だったのだが、一回目…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

公園のブランコ(フリー写真)

友人を見守る人

これは俺が小学二年生の時の話です。怖くはないのですが、良ければ読んで下さい。その日、自転車でブラブラしていた俺は、小さな公園があるのを発見した。ブランコと滑り台、それと…