杖を持ったおじいさん

公開日: 心霊ちょっと良い話

京浜東北線(フリー写真)

2年前の出来事。

その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。

多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。

パチンコで負けただの、誰々が気に入らないだの言いながら、三人分くらいの席を占領して座っていた。

まあ、夕方の京浜東北線では偶にある事だ。

周りの乗客も多少好奇の目を向けていたが、特に何する事もなくケータイを弄ったり読書をしたりしていた。

その時の私は生後1才3ヶ月の息子を抱っこして座っていたのだが、息子がおっさんの大声にびっくりしたのか、声を上げて泣き出してしまった。

「よしよし、大丈夫だよー」

あやしながら機嫌を直そうとするのだが、おっさんが構わず喚き続けるので、息子も一向に泣き止まなかった。

するとおっさんはこちらに目を向け、

「うるせーガキだなあーーー!」

と怒鳴ってきたではないか。

まずい、絡まれる!私は必死であやしたが、息子はますます激しく泣き続けていた。

それに立腹したのか、おっさんはゆっくりと席を立ち、こちらに向かって来ようとしていた。

本当にまずい、誰か止めてくれませんか!声は出さずに周りを見ましたが、誰も止めてくれる気配はなかった。

一歩、また一歩と近付くおっさん。

「このガキィ、おめぇ、るせーんだよぉ!」

一段と声を張り上げ、私まですぐそこという所まで来た。

『うぁぁ…』

私は息子をギュッと抱き締め、体をすくめた瞬間…。

「ドタッ!」

おっさんは目の前でつんのめって倒れていた。

あれっと思いふと見ると、横のドア付近に居たおじいさんが、杖でおっさんの足先を払ったらしい。

おじいさんは杖をトントンと1、2度床に突き、何事もなかったようにこちらに背を向けた。

しかしもちろん、これで災いが去った訳ではない。

床に平伏したおっさんは、わなわなと震えながら拳を握り、怒りを爆発させようとしていた。

『まずい!おじいさん逃げて!』

私のそんな思いにも関わらず、おじいさんはその場から離れようとはしなかった。

「じ、じ、じ、ジジィィィィィィーーー!」

完全に激高したおっさんは、立ち上がるやいなや右の拳を振り上げ、思い切りおじいさんに向けて振り下ろした!

『あーーー!』

私は声も出ず見つめるだけ。もうだめだぁ!

フッ…。

おじいさんは消えてしまった…。

「ゴンッ!ドゥイーーーーーーーーン!」

「ぐあああああああああああ!!!!」

力の限り振り下ろした拳は目標を見失い、ドアの戸袋部分の角に命中した。

酒が入っていても、あれだけ叫んでもがくとは相当痛いのであろう。

おっさんは今度こそ完全にうずくまり、右手を押さえて唸っていた。

「プシュー」

ようやく次の駅に着いた。

駅に着いても警官や駅員は来なかったが、相変わらずおっさんはうずくまっていたので、私はそっと駅に降り、ようやく難を逃れる事ができた。

あのおじいさん…。

私には初孫を楽しみに待っていた父がいた。

3年も闘病し、結局息子の誕生半年前に逝ってしまったが、闘病初期には体力を維持したいからと言って、杖を買ってよく散歩をしていた。

あの時見た杖が父の物のように思えた。

泣き止んだ息子が、電車に向かってバイバイをしていた。

関連記事

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。起きている奴等…

公園のブランコ(フリー写真)

友人を見守る人

これは俺が小学二年生の時の話です。怖くはないのですが、良ければ読んで下さい。その日、自転車でブラブラしていた俺は、小さな公園があるのを発見した。ブランコと滑り台、それと…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

手を握る(フリー写真)

義母と過ごした時間

思いつくままつらつら書いたので、長くなってしまいました。苦痛な方はどうぞスルーしてください。苦労を支え合った義母との思い出です。 ※ 私が妊娠7ヶ月頃のこと。大阪で…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

カップル(フリー写真)

彼女の夢

若干長いんだけど、もう見えなくなった彼女の心霊的な話。中学の頃は不良だった。身も心も荒んでいて、周りは受験を意識していた中学3年生の夏。他校でやらかしてしまい…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

ラグビー(フリー写真)

先輩の分まで

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。入部するなり、ある4年生の先輩に「お前は入学時の俺にそっくりだ」と言われた。その先輩は僕と同じポジションだった。…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。私はその時、二番目の子供を…