杖を持ったおじいさん

公開日: 心霊ちょっと良い話

京浜東北線(フリー写真)

2年前の出来事。

その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。

多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。

パチンコで負けただの、誰々が気に入らないだの言いながら、三人分くらいの席を占領して座っていた。

まあ、夕方の京浜東北線では偶にある事だ。

周りの乗客も多少好奇の目を向けていたが、特に何する事もなくケータイを弄ったり読書をしたりしていた。

その時の私は生後1才3ヶ月の息子を抱っこして座っていたのだが、息子がおっさんの大声にびっくりしたのか、声を上げて泣き出してしまった。

「よしよし、大丈夫だよー」

あやしながら機嫌を直そうとするのだが、おっさんが構わず喚き続けるので、息子も一向に泣き止まなかった。

するとおっさんはこちらに目を向け、

「うるせーガキだなあーーー!」

と怒鳴ってきたではないか。

まずい、絡まれる!私は必死であやしたが、息子はますます激しく泣き続けていた。

それに立腹したのか、おっさんはゆっくりと席を立ち、こちらに向かって来ようとしていた。

本当にまずい、誰か止めてくれませんか!声は出さずに周りを見ましたが、誰も止めてくれる気配はなかった。

一歩、また一歩と近付くおっさん。

「このガキィ、おめぇ、るせーんだよぉ!」

一段と声を張り上げ、私まですぐそこという所まで来た。

『うぁぁ…』

私は息子をギュッと抱き締め、体をすくめた瞬間…。

「ドタッ!」

おっさんは目の前でつんのめって倒れていた。

あれっと思いふと見ると、横のドア付近に居たおじいさんが、杖でおっさんの足先を払ったらしい。

おじいさんは杖をトントンと1、2度床に突き、何事もなかったようにこちらに背を向けた。

しかしもちろん、これで災いが去った訳ではない。

床に平伏したおっさんは、わなわなと震えながら拳を握り、怒りを爆発させようとしていた。

『まずい!おじいさん逃げて!』

私のそんな思いにも関わらず、おじいさんはその場から離れようとはしなかった。

「じ、じ、じ、ジジィィィィィィーーー!」

完全に激高したおっさんは、立ち上がるやいなや右の拳を振り上げ、思い切りおじいさんに向けて振り下ろした!

『あーーー!』

私は声も出ず見つめるだけ。もうだめだぁ!

フッ…。

おじいさんは消えてしまった…。

「ゴンッ!ドゥイーーーーーーーーン!」

「ぐあああああああああああ!!!!」

力の限り振り下ろした拳は目標を見失い、ドアの戸袋部分の角に命中した。

酒が入っていても、あれだけ叫んでもがくとは相当痛いのであろう。

おっさんは今度こそ完全にうずくまり、右手を押さえて唸っていた。

「プシュー」

ようやく次の駅に着いた。

駅に着いても警官や駅員は来なかったが、相変わらずおっさんはうずくまっていたので、私はそっと駅に降り、ようやく難を逃れる事ができた。

あのおじいさん…。

私には初孫を楽しみに待っていた父がいた。

3年も闘病し、結局息子の誕生半年前に逝ってしまったが、闘病初期には体力を維持したいからと言って、杖を買ってよく散歩をしていた。

あの時見た杖が父の物のように思えた。

泣き止んだ息子が、電車に向かってバイバイをしていた。

金木犀(フリー写真)

金木犀の苗木

両親を事故で亡くした俺には、9歳離れた姉貴が居た。 子供の頃、肥満気味で両親が居なくて虐められていた俺を、いつも助けてくれた。 優しくて、強くて、俺の自慢の姉貴だった。 …

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。 この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。 当然…

犬(フリー写真)

埋葬した子犬

心霊体験になるのか分かりませんが、子供の頃に不思議な経験をしました。 小学5年生の時、私は凄い田舎で暮らしていました。 小学校は統合され、登下校はスクールバスでないと通え…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。 結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。 目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。 それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…

火事(フリー写真)

男の手

俺に父は居ない。 俺と双子の妹が生まれるずっと前に癌に罹り、俺たち兄妹が生まれて暫くしてから亡くなったらしい。 ※ 俺たち兄妹が小学生になったある日。 学校から帰っての…

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。 友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。 当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…