不思議なおばあちゃん

公開日: ほんのり怖い話

旅館(フリー写真)

小学校の修学旅行で泊まった旅館で体験した話。

風呂に入るため大浴場へ皆で移動している時、向こうから三人組のおばあちゃん達が歩いて来た。

その中の一人のおばあちゃんが俺と目を合わせると唐突に、

「あらぁ? うちの孫よろしくねぇ」

と言った。

俺も皆も意味が解らず完全に狼狽えてしまった。

おばあちゃんはにこにこして去って行った。

数年後、高校に入学した俺に仲の良い友達が出来た。そいつとはいつも一緒につるんでいた。

ある日、そいつの家に遊びに行くと、修学旅行の時のおばあちゃんが居た。

間違いなくあの時のおばあちゃんだった。

「あらぁ? 来たの。いらっしゃい」

あの日と同じにこにこした顔でそう言われた。

「ばあちゃん、じゃぁこいつなの?」

と、友達は驚いた顔をしてばあちゃんに言っていた。

後で聞くと、友達のおばあちゃんは何か色々分かる人らしく、数年前におばあちゃんが旅行に行った後、

「高校生になったらとっても長く付き合える子に会えるよ。ばあちゃん先に会って来た(笑)」

と、友達自身も言われていたらしい。

友達はいつもの事だとその時は「ふぅん」と流したけど、

「女だと思ってたし。楽しみにしてたのにお前かよ」

なんて言っていた。

それはこっちのセリフだ。

一番不思議なのは、俺に会った時、おばあちゃんは夫婦水入らずの旅行中だったらしく、それならおばあちゃんの両隣に居たおばあさん達は誰なのだろう。

友達のおばあちゃんはにこにこしながら、

「あらぁ? 見えちゃった?」

と言うだけだ。

古民家の居間

孤独

中島らも氏のエッセイで読んだ話。 新聞の投書欄に送られて来た独居老人の手紙です。 『定年で会社を辞めてから随分経つが、ここのところ出先から帰ると居間に自分が居る、というこ…

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。 俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。 俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…

団地(フリー写真)

エレベーターの11階

18年前に体験した話です。 中学生の頃に朝刊を配る新聞配達のバイトをしていたのだけど、その時に配達を任されていた場所が、大きな団地1棟とその周りだけだった。 その大きな団…

桜の木の神様

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。 住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。 子供が遊んでいることは滅多にない。と…

夜のキャンプ

バックミラーの男

私の妹が体験した話を書かせていただきます。 以前、海へキャンプへ行った時のことです。 そこは自然のビーチで、近くには御手洗い等がなく、御手洗いに行きたい時は、少し離れた港…

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。 こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。 今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。 山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。 親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。 結局、俺はその仕事を一人で行うように…

人形の説教

一人暮らしの兄貴の部屋に、明らかに場違いな人形がぽつんと置いてある。 「何これ?」と聞いたら、元カノに連れられて入った店で目が合ったから買ったらしい。 色々突っ込みたかった…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。 山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。 僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

綺麗に揃えられる靴

小学校の頃、近所にお化け屋敷と言われている家があった。 まあ、実際は屋敷という程でもない少し大きめな日本家屋なんだが、小学生の言うことだしな。 その日は両親共に帰宅が遅くな…