親父の微笑み

公開日: 心霊ちょっと良い話

父と息子(フリー写真)

俺が地元を離れて仕事をしていた時の事。

休みも無い仕事だらけのGW中に、普段は滅多に掛かっては来ない実家からの電話が鳴った。

親父危篤、脳腫瘍。持って数ヶ月。

親父が定年を迎えようとしていた、ほんの数ヶ月前だ。

俺に『マイコン』を教えたのが親父だった。

仕事に穴を空ける事が出来ない状況に居た俺は、

『盆まで何とか持ってくれ』

そんな身勝手な事を願っていた…。

そして7月に入ったある日、夢を見た。

夢の中で端末に向かって仕事をしている俺。

すると、いつの間にか親父が後ろに居た。

「仕事はどうだ?」

仕事中の俺は一瞬驚いたが、生返事を返し、黙々と仕事を続けた。

「Cは覚えたか? HP-UXはこう使え…云々」

等々、初歩的な講釈を垂れる親父。

延々と続くそれがいい加減に鬱陶しくなり、つい口が滑った。

「そんなのは解ってる。俺の方が詳しいっつーの!」

すると寂しいのか嬉しいのか分からないような微笑みを浮かべ、

「…そうか」

そう一言残し、どこかに去って行った。

そこで目が覚め、目覚ましを見ると6時半過ぎ。珍しく早起きをした。

出社し、仕事を始めてすぐに実家から電話。

親父死亡の連絡。

既に心の準備はしてあったのでショックは無かった。

死亡時刻は、その日、俺が起きた時間の少し前だった。

その後、無事葬式を終えて会社へ戻った。

そしてふと夢を思い出した時、式でも流さなかった涙が出た。泣いた。

闇雲に働いて死んで行った親父の人生に虚しさを感じたからなのか、

仕事にかまけて死に際に傍に居てやれなかったせいなのか、

枕元に立った親父に大した言葉を掛けられなかったせいなのか、

削られた人間性を仕事のせいにしようとしていた自分になのか、

夢で見せてくれた最後の微笑みの意味を理解したせいなのか、

或いはこれら全てのせいなのか、よく分からないが。

ただ俺が地元を離れた日、列車を見送る親父の目を赤くしている姿だけは、今でも強く焼き付いている。

金木犀(フリー写真)

金木犀の苗木

両親を事故で亡くした俺には、9歳離れた姉貴が居た。 子供の頃、肥満気味で両親が居なくて虐められていた俺を、いつも助けてくれた。 優しくて、強くて、俺の自慢の姉貴だった。 …

ポン菓子(フリー写真)

ポン菓子

今から十年以上前に体験した不思議な話です。 母が10歳の頃に両親(私の祖父母)は離婚していて、母を含む4人の子供達は父親の元で育ったそうです。 「凄く貧乏だったけど、楽しか…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。 このご主人ですが、一度だけ修正せず…

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。 友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。 嫁は交通事故で死んだ。 ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

娘の右手

二年前の春、夫が交通事故で、まだ幼稚園の娘と私を残して逝ってしまいました。 あまりに突然だったため、その頃のことはあまり憶えていません。 夫を失ったショックと、これからの生…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。 家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。 鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。 それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。 結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。 目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …

トタンのアパート(フリー写真)

訳あり物件のおっちゃん

半年ほど前に体験した話。 今のアパートは所謂『出る』という噂のある訳あり物件。 だが私は自他共に認める0感体質、恐怖より破格の家賃に惹かれ、一年前に入居した。 ※ この…