親父の微笑み

公開日: 心霊ちょっと良い話

父と息子(フリー写真)

俺が地元を離れて仕事をしていた時の事。

休みも無い仕事だらけのGW中に、普段は滅多に掛かっては来ない実家からの電話が鳴った。

親父危篤、脳腫瘍。持って数ヶ月。

親父が定年を迎えようとしていた、ほんの数ヶ月前だ。

俺に『マイコン』を教えたのが親父だった。

仕事に穴を空ける事が出来ない状況に居た俺は、

『盆まで何とか持ってくれ』

そんな身勝手な事を願っていた…。

そして7月に入ったある日、夢を見た。

夢の中で端末に向かって仕事をしている俺。

すると、いつの間にか親父が後ろに居た。

「仕事はどうだ?」

仕事中の俺は一瞬驚いたが、生返事を返し、黙々と仕事を続けた。

「Cは覚えたか? HP-UXはこう使え…云々」

等々、初歩的な講釈を垂れる親父。

延々と続くそれがいい加減に鬱陶しくなり、つい口が滑った。

「そんなのは解ってる。俺の方が詳しいっつーの!」

すると寂しいのか嬉しいのか分からないような微笑みを浮かべ、

「…そうか」

そう一言残し、どこかに去って行った。

そこで目が覚め、目覚ましを見ると6時半過ぎ。珍しく早起きをした。

出社し、仕事を始めてすぐに実家から電話。

親父死亡の連絡。

既に心の準備はしてあったのでショックは無かった。

死亡時刻は、その日、俺が起きた時間の少し前だった。

その後、無事葬式を終えて会社へ戻った。

そしてふと夢を思い出した時、式でも流さなかった涙が出た。泣いた。

闇雲に働いて死んで行った親父の人生に虚しさを感じたからなのか、

仕事にかまけて死に際に傍に居てやれなかったせいなのか、

枕元に立った親父に大した言葉を掛けられなかったせいなのか、

削られた人間性を仕事のせいにしようとしていた自分になのか、

夢で見せてくれた最後の微笑みの意味を理解したせいなのか、

或いはこれら全てのせいなのか、よく分からないが。

ただ俺が地元を離れた日、列車を見送る親父の目を赤くしている姿だけは、今でも強く焼き付いている。

関連記事

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。不思議なのはその人の会話です。話題…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。A子には3…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに「あなたに膜のようなものが掛かって見…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。おばあちゃん、四歳の…

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。すると小綺麗…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…