守護

公開日: 心霊ちょっと良い話

横断歩道(フリー写真)

週末、飲み会で泥酔して帰った時の事。

家の前には深夜でも交通量が多く、事故の多い国道があるのだけど…。

普段は危ないから絶対に斜め横断なんてしないのに、酔った勢いでつい魔が差した。

横断歩道から体を乗り出して…よし、今通ってるダンプが行ったら渡ろうと確認した瞬間、まるで誰かにタックルされたような凄い衝撃と共に、体が道路に飛び出した。

目の前にはすぐダンプ。

まずいと思う間もなく、今度は思いっきり両太ももを後ろに引っ張られ、歩道に尻餅をついてしまった。

その自分の前を通り過ぎて行くダンプ。

『ああ、危なかった…』と安堵しふと脇を見ると、大量の花束とジュース、小中学生位の女の子が好きそうな雑誌が数冊並んでいた。

からかわれたのか助けられたのかは分からないけれど、合掌して新しいジュースを供えて来た。

取り敢えず、深酒と斜め横断はもう止めようと思う…。

後日談

昨日、気になって友達に聞いて知った事実。

一番最近の事故被害者は、近くに住む娘さんだった。

まだ中学に上がったばっかり。昔バイトしていたアイス屋によく食べに来ていた子だった。

母親が酷い人で、しょっちゅう「またお父さんが変わった」と泣きそうな顔で食べに来ていた…。

何だか可哀相過ぎて朝から涙が止まらない。

関連記事

消防車の玩具(フリー写真)

おもちゃの消防車

この話を知っている方も多いかと思いますが、投稿します。これは毎日新聞の記者さんが実際に聞き、掲載したお話です。ある日の雨の降る夜、会社から家路を急いでいたAさんが、田…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。その時に借りた家で体験したお話です。場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

天使のはしご(フリー写真)

成仏した女の子

私の母がまだ独身だった25年程前の話です。交差点を渡ろうとした時、前に10歳くらいの女の子が歩いていて、その子が目の前で左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。 …

夫婦の手(フリー写真)

あの世とこの世

若くして亡くなった夫は、美術的な才能のある人でした。でも息子は小学生の頃から図画の授業は全然ダメ。その点は父親に似なかったんですね。顔も似ていません。性格はよ…

ラグビー(フリー写真)

先輩の分まで

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。入部するなり、ある4年生の先輩に「お前は入学時の俺にそっくりだ」と言われた。その先輩は僕と同じポジションだった。…

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が伝えたかったこと

母が二月に亡くなったんだよね。でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。 ※ 母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…

賽の河原(フリー写真)

賽の河原

自分は子供の頃は凄く病弱で、しょっちゅう寝込んでいた。幼稚園の頃に風邪を酷くこじらせた。寝ている時に夢を見たのだけど、どこかの河原にぽつんと一人で立っている。…