二人だけの水族館

ae25fc77

俺はじいちゃんが大好きだった。

初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。

俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。

また、虫採りや泳ぎを教えてくれたり、デパート、遊園地…本当に色々な場所に連れて行ってくれた。

近くに大きな運動公園が出来るという時、俺と来るのが楽しみで仕方がないのか、まだ建設中のサラ地に連れて行ってくれるほど可愛がってくれた。

でも、その運動公園が完成しても、じいちゃんが連れて行ってくれることはなかった。

俺が小学4年生のある夏、突然死んでしまった。

完璧主義で我慢しいだったから、身体が良くないことをみんなに隠していたみたい。

遂に倒れてしまった時は、もう手遅れだった。

格好良くて何でも出来て、世界一のじいちゃんが死ぬ訳ないと思っていたから、葬式の時も実感がなく、寺までの道を一人で迷ったりしてへらへら笑っていた。

でも、家に帰って一人になってから、突然糸が切れた様に大泣きしちゃったんだけどね。

そんなこんなで、じいちゃんのいない日々をぼんやりと過ごしていた俺。

色々やることがあって自分だけでいっぱいいっぱい…だけど急に思い出すんだよね…じいちゃんのこと。

ある日、お盆だからじいちゃんの話を家族とした時かな。

じいちゃんを思い出して、葬式の日以来の大泣きをした。

剣道を始めたこと、絵のコンクールで入賞したこと、中学、高校無事に進学したこと…全部全部、じいちゃんに報告したかった。じいちゃんに喜んで欲しかった。

それが悔しくて悲しくて、泣いた。

そしたらさ…泣き疲れて眠って見た夢。

俺は夢を見る時って、大体行ったことのある景色が中心なんだけど、何か覚えのない、美術館のような白い空間にいた。

ぼーっと突っ立っている俺。すると遠くから人が歩いて来た。

…逢いに来てくれたんだ、じいちゃんが、俺に。

思い出の夢とか、じいちゃんが生きていたら…という夢ならよく見ていた。

みんなもそんな経験多いだろうけど。まあ、それが夢だもんな。

でもさ、違うんだ、その時は。

確かに夢なんだけど、俺はじいちゃんが死んでしまったと解っている。そのことで大泣きして寝たことも覚えている。

じいちゃんも自分が死んでいることを自覚している。

本当に夢の中にじいちゃんが逢いに来てくれてんだよ。

…まあ、そのことについて確信を持ったのは、もっともっと後のことなんだけどさ。

「○○(俺の名前)!」

厳格なじいちゃんが俺の前でだけ見せてくれる笑顔で俺を呼んだ。

涙が出そうだったけど、ぐっと我慢して駆け寄ったよ。

「元気か?」

「うん」

とか、本当他愛も無い会話を交わしてさ、その空間を二人で歩いていた。手を繋いでいたような覚えがあるな。

そしたら、いつの間にか水族館のような場所に着いたんだ。

よくあるだろ? ガラスのトンネルになっているやつ。あれ。そこに二人で入って行ったんだ。

俺は嬉しくて、きょろきょろ辺りを見回していた。それをじいちゃんも嬉しそうに見ていてくれていた。

それからも本当に夢中になって、何かを見つけたのか、ふとじいちゃんの方を振り返った。

そしたらじいちゃん、もういなかった。

必死で探した。もう大泣きだよ。だけど時間切れ。

覚める…と言うより、別の空間から戻されたような感覚がして目を開けた。

もちろん、涙がぽろぽろ溢れてきた。

その時は、不思議な夢だったな程度に思っていた。

さっきも言ったけど、逢いに来たんだと確信したのはもっと後。

というのは、次の年の盆、またあの空間に俺は居たんだ。

そこで初めて俺は、「ああ、これはじいちゃんが夢を使って俺に逢いに来てくれてるんだな」と実感したんだ。

今度は、二人でその白い空間をずっと歩いているだけだった。

離れないようにぎゅっと手を握って、視線もじいちゃんから外さなかった。

またいつの間にかいなくなっちゃったら嫌だからね。

でもな、やはり時間切れは来た。戻される感覚が近くなってくる。

俺はじいちゃんと固く握手して、「また逢いに来てね」と精一杯笑った。

じいちゃんが何を言ったか分からなかったけど、頷いてくれていたと思う。

記憶が曖昧なのは、刹那、眩しくて目を閉じてしまったから。

目を開けると、じいちゃんはいなかった。

俺は自分から現実の世界に戻った。

それからもじいちゃんは、盆になったら俺に逢いに来てくれる。

いや、結局思い込みじゃないかと言われるかもしれないが…本当に違うんだよ、あれは。

じいちゃんは母方の祖父なんだけど、母方の親戚には霊感があるという人が多いんだ。

そんなばあちゃんとおじちゃん(長男)も、盆に必ずじいちゃんに逢っているんだと。

夜に目を開けたらじいちゃんが立っていて、毎回何か一言言って消えるらしい。

とまあ、こういう話もあって、我が家ではみんな信じているんだな。

ちなみに、なぜ最初に水族館へ行ったのか、後から謎が解けた。

じいちゃんが死んでからだけど、親戚が住んでいる大阪に大きな水族館が出来てさ。

じいちゃんと行きたかったなと思っていたんだよね。

それをじいちゃんが叶えてくれようとしたんじゃないかな。

俺は実際そこへ行ったのに、夢では全然違う水族館だったから、多分じいちゃんが俺のために用意してくれた、俺達だけの水族館だったんだろう。

もっとよく見ておけば良かったなんて思っている。

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。 小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。 する…

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。 もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。 その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

運命(フリー写真)

運命

その日は仕事で遅くなり、終電に乗って家へ帰ることになった。 駅に着き、改札を出て家へ向かって歩き始めると、駅前広場の片隅に何人か集まっていた。 よく見てみると、集まってい…

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。 俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。 友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…

幼稚園児(フリー写真)

死期を悟る子

小学校に上がる前の小さな男の子の話です。 その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、子供達はそれぞれ船や飛行機、車などの絵を描きました。 小さな子供の…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。 昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

田所君

小学生のころ同級生だった田所君(仮名)の話。 田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。 学校の図書館を「根城」…

光の誓い

近所の「霊感おばさん」から夏祭りの時に聞いた話。 霊感おばさんの相談者の女性が、幼稚園時代に体験した話だそうです。 ※ 私は幼稚園の頃に「光の誓い」という曲を歌った事を覚えて…

夜の山

霊感のある女性

あれは去年の秋頃だったと思います。 夕暮れ時、近所に買い物に出た私はふと、その日がいつも買っている雑誌の発売日だったことを思い出し、本屋へと足を向けました。 本屋はスーパ…