ドウドウ

夕日(フリー写真)

小学校低学年の頃、友人Kと何回か『ドウドウ』という遊びをした。

どのような遊びかと言うと、夕方17時~18時くらい、家に帰るくらいの時間になると、俺かKのどちらかが

「ドードードードー」

と叫び始め、走って家に帰るのだ。

ドウドウというのはKの作った架空のお化けで、夕暮れ時になると現れて子供をさらってしまうという設定。

大声を上げながら走るため、かなりテンションも上がり、夕方という時間の不気味さも手伝って、幼心に結構怖い遊びだったのを覚えている。

そんなある日のこと。10月か11月頃だったと記憶している。

ドウドウをやって遊んでいると、近所のおじいさん(故人・当時70歳くらい)にいきなり怒られた。

「お前ら!!何しよんぞっ!!ドードーなんて言うて…連れち行かれても知らんぞっ!!」

普段は優しいおじいさんに、よく解らない理由で怒られた俺はもう半泣き。

訳の解らないまま、オロオロして遊びの発案者であるKの方を見た。

すると…何かヤツの調子が微妙におかしい。

今まで見せたことのないような変な顔(何と言うか…歪んだ感じだった)、言葉になっていない意味不明の声。

おじいさんの顔が見る見る内に真っ青になる。

「いかんっ!!Kは憑かれるちょるっ!!太夫さん呼べっ!!早ようせにゃぁ…」

今思えば物凄く貴重な体験だったのだが、あまりのショックにその後のことはよく覚えていない。

聞いたところによると、Kはその後、神主さんの所へ連れて行かれ、お祓いを受けたらしい。

そして次の日から一週間ほど小学校を休んだ。

覚えているのかいないのか、ドウドウのことを口にすることは二度と無かった。

俺も怖くてそれを聞くことは出来なかった。

そのまま時は流れ、俺が高校生の頃、俺たちを怒ったおじいさんが亡くなった。

ちょうど良い機会と思い、葬式が終わって帰って来た父と母にに『ドウドウとは何か?』と聞いてみた。

普段、俺のオカルト趣味に呆れている両親だから軽くスルーされるかと思っていたが、

「まだ覚えとったんか。一応教えてやるけど、あんまり他言するなよ」

と言われ、教えてもらうことになった。

ドウドウが何なのかは誰も知らない。

意図して伝えられている訳でもないのに、子供たちの中にその存在を知っている者が出て来る。

共通しているのは、夕暮れ時になる現れ、ドードーと声を上げて子供をさらう存在だということ。

過去に何人かKと同じような状態になり、太夫さんに祓ってもらった人が居るらしい。

太夫さんは何か知っているのかもしれない。でも、それを公言することは無い。

多分表立って言うことではないのだろう。だからお前もこれ以上触れるな、と言われた。

やたら真剣な顔で説得する父の迫力に負け、つい「解った」と言ってしまった。

あれから詳しくは調べていない。と言うか、微妙に怖くて調べられなかった。

当方愛媛の山奥出身なのだが、誰か似たような話を聞いたことある人は居ますか?

図書室(フリー写真)

本に挟まったメモ

高校3年生の時の話。 図書館で本を借りたら、本の中に 『こんにちわ』 と書かれたメモが入っていた。 次の週にまた別の本を借りたら、 『こんにちわ。このまえ…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。 夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。 欠伸を噛み殺しながら、 『そろそろ火の始末をして…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。 NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。 おじさんが 「どう?わかったかな?」 と言ったので、TVの前で …

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。 店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…

ソックリさん

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。 そしたら自動ドアで入って来た人とぶ…

私はアリス

信じてもらえないかも知れない。 でも当人が一番混乱してるんだ。ちょっと長くなるけど聞いてくれないか。 家に帰ったら母親が風邪で寝込んでいた。甲斐甲斐しく世話をする俺。まあ、…

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。 田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

田舎の風景(フリー写真)

天神逆霊橋

そもそも『天神逆霊橋』というのは、神奈川の話ではない。 詳しい地名は失念してしまったが、東北の方のある村の話だった。 その村では悪さをする子供に「天神様の橋を渡らせるよ」と…

伊勢神宮参り(宮大工7)

オオカミ様のお社を修理し終わった後の年末。 親方の発案で親方とおかみさん、そして弟子達で年末旅行に行く事になった。 行き先は熱田神宮と伊勢神宮。 かなり遠い所だが、三…

居間のブラウン管テレビ(フリー写真)

神様の訪問

小さい時は親が共働きで、一人で留守番をする事がよくあった。 特に小学校の夏休みなど、日中は大体一人で家に居た。 小学4年生の夏休みの事だ。 トイレに行って居間へ戻った…