姉の霊

公開日: 心霊体験 | 怖い話

暗い部屋(フリー写真)

それは私がまだ中学生の時でした。

当時美術部だった私は、写生会に行った時に、顧問の若い女の先生と話をしていました。

その頃は霊が見えなかった私は、他人の心霊体験に興味津々でした。

だからその時も、いつもと変わらぬ感覚で私は先生に聞いたのです。

「先生は心霊体験したことないん?」

すると先生は所謂『視える人』らしく、少し考えてから私に話をしてくれました。

もう6年前からですが、先生の家に一人の幽霊が居るのです。

初めてその霊に会った時は、さほど気にしなかったそうです。

普段から視えるので『あ、いるな』程度。

中学生くらいの女の子で、ワンピースを履いていて、廊下の奥の方でうつむいて立っていました。

同じ日に、座敷で座っているのと、階段の踊り場の所で座ってじっと下を見ているのを目撃しました。

先生も流石に何度も見るので多少怖くなり、母親に容姿などを話してみたそうです。

すると、母は意外な顔をしてこう言いました。

「それ、この家を建てた時の設計士さんの娘さんだ。

設計中に事故で亡くなって、亡くなるちょっと前に建設中のこの家を見に来たから」

それから先生は、少女の霊を時々見るそうです。

その設計士さんに言おうと思ったらしいのですが、なかなか連絡が取れないのだそうです。

私はその話を聞いて心臓が止まりそうになりました。

怖かった訳でもないんです。

ただ、直感で思いました。

その少女は6年前、交通事故で亡くなった姉だと。

その連絡が取れない設計士は5年前に自殺した父だと。

私は何より姉が成仏していないことがショックでした。

早く迎えに行ってあげなければいけないと思いました。

先生に事情を説明し、私は翌日すぐに先生の家に行きました。

母親はついて行こうとしたのですが、どうしても断れない仕事があり、私に全てを託して見送りました。

家に着くと、先生が迎えてくれました。

先生がよく姉の霊を見るという座敷に通されました。

日があまり当たらなくて、薄暗い部屋でした。

こんな寂しい所に姉は一人でずっと居たのかと思うと、気付かなかった自分にとても腹が立ちました。

先生は私を一人にしてくれました。

私は必死に姉に語りかけました。

「長い間一人ぼっちにしてごめんね。

気が付かなくてごめんね。

もう迎えに来たよ。一人ぼっちじゃないよ。

さあ、私と帰ろう。家へ帰ろう」

途中から私は泣いていました。

姉は私をどう思っているのだろうか。

優しかった姉に何とひどい仕打ちをしてしまったのかと。

暫く泣いていると、誰かが私の肩を優しく叩きました。

振り返ると、全く知らない恐ろしい顔をした少女が立っていました。

少女はニンマリ笑って呟きました。

「連れてってくれるの?」

まだ少女が私の後ろに居ることより、本当の姉が成仏したかどうかが心配です。

関連記事

日本家屋(フリー写真)

老夫婦の家

中学生の頃、家が火事に遭いました。全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。それで新居を見つけるまでの間…

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。その男が病気の床にあるとき、…

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…

教室(フリー素材)

消えた同級生

小学2年生の時の話。俺はその日、学校帰りに同じクラスのS君と遊んでいた。そのS君とは特別仲が良い訳ではなかったけど、何回かは彼の家にも遊びに行ったし、俺の家に招いたこと…

海(フリー写真)

海ボウズ

俺の爺ちゃんの話。爺ちゃんは物心が付く頃には船に乗っていたという、生粋の漁師だった。長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

ダム

迷い込んだ農家

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話。「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら教えてくれた。俺が聞き伝えでこ…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

夜の住宅街(フリー素材)

屋根の上の女

今年の夏の体験。私の家は山の上の方にある。夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。私の家からコ…

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …