嫁姑

公開日: 心霊ちょっと良い話

おばあさんの手(フリー写真)

10年程前、祖母が死去。死因は肺炎。寝たきりの老人の方には多いらしい。

祖母は亡くなる三年程前から痴呆が始まり、徘徊したり家中で排泄したり大声を出したり、それは大変だった。

その頃、私は仕事で転勤中のため自宅には居らず、両親と兄が一緒になって世話をしていた。

特に母親は、虐められた事を忘れたかのように一生懸命介護していた。

祖母は徘徊している時に怪我をし、そのまま寝たきりになってしまった。

母親は祖母の横に眠り、まるで我が子のように一緒に居た。

元気な頃、祖母は近所中に母親の悪口を言い回っていたのだけど、痴呆が始まってからは、何故か母親の悪口を言う人に対して怒鳴っていた。

理由は判らないが、

「あの子は私の娘、いやそれ以上だ」

と言っていたらしい。

そんな生活が続き、家族中が疲れ果てた頃。

私はまた転勤になり、今度は自宅から通える場所へ移った。

それを知ってか知らずか、祖母は泣いて喜び、私を離さなかった。

祖母は、私に小遣いをくれると言っていた。

しかし祖母の本当の娘達、その子供達にお金や金品は取られたらしい。

母親も、

「実の娘だから強く言えなかった」

と言っていた。

祖母は、お金やその類の物が全て失くなっている事に気が付いていなかった。

祖母のお金が無くなると、実の娘達は全く連絡をよこさなくなった。

そして祖母は亡くなった…。

我家は結構大きな敷地で家も大きい。

相続の問題が出て来た途端に実の娘達の登場…。

嫌な空気が流れた時、母親がキッパリと言った。

「この家は、祖母がきちんと渡すべき人に渡すようにしているはずだ」

と言った。

我々の知らない間に祖母が名義変更してくれていたらしく、名義は随分前に父親になっていた。

不思議なのは、母親がこの発言をした事を覚えていない事。

実の娘達に逆らった事が無い母親が初めて逆らい、皆驚いたと同時に、その時の顔が祖母に見えたと話していた。

葬式が終わり片付けをしている時、ふと祖母が私を呼んでいるような気がした。

はて、何だろう…と声のする場所へ行くと、両親それぞれの名義の預金通帳があった。

祖母は生前、

「自分の葬式代くらいは自分で用意するように」

と口うるさく言っていた事を思い出した。

そのお金で仏壇やら何やら購入し、全て祖母に使う形になった。

残りは法事の時に使うようにと、そのまま残した。

それから不思議な事に、その娘達には何やら色々と大変な問題が起きている。離婚やら病気やら借金やら…。

内一人は旦那様が亡くなり、自宅も失くなってしまった。

現在は何処に居るのかも知らない…。

私達家族は、その逆に幸せな日々を過ごしている。

良い話かどうかは疑問なところだが、最近母親が妙にしっかりして来ている。

祖母が憑いているのか、付いているのか…。

嫁姑でも、実の親子以上の関係になれるのだと思った。

関連記事

トタンのアパート(フリー写真)

訳あり物件のおっちゃん

半年ほど前に体験した話。 今のアパートは所謂『出る』という噂のある訳あり物件。 だが私は自他共に認める0感体質、恐怖より破格の家賃に惹かれ、一年前に入居した。 ※ この…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。 そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。 地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。 父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。 1年生のころからずっといじめ続…

イタリアの町並み(フリー写真)

ロベルト

これは俺が3年前の夏にイタリアのローマで体験した話です。 俺は大学でイタリア文学を専攻していて、大学4年の時に休学し半年間ローマに留学していた。 その時にローマの郊外にある…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。 もう20年も前の夏のことです。 私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。 中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。 夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。 スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。 その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。 念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。 そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。 この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。 当然…