嫁姑

公開日: 心霊ちょっと良い話

おばあさんの手(フリー写真)

10年程前、祖母が死去。死因は肺炎。寝たきりの老人の方には多いらしい。

祖母は亡くなる三年程前から痴呆が始まり、徘徊したり家中で排泄したり大声を出したり、それは大変だった。

その頃、私は仕事で転勤中のため自宅には居らず、両親と兄が一緒になって世話をしていた。

特に母親は、虐められた事を忘れたかのように一生懸命介護していた。

祖母は徘徊している時に怪我をし、そのまま寝たきりになってしまった。

母親は祖母の横に眠り、まるで我が子のように一緒に居た。

元気な頃、祖母は近所中に母親の悪口を言い回っていたのだけど、痴呆が始まってからは、何故か母親の悪口を言う人に対して怒鳴っていた。

理由は判らないが、

「あの子は私の娘、いやそれ以上だ」

と言っていたらしい。

そんな生活が続き、家族中が疲れ果てた頃。

私はまた転勤になり、今度は自宅から通える場所へ移った。

それを知ってか知らずか、祖母は泣いて喜び、私を離さなかった。

祖母は、私に小遣いをくれると言っていた。

しかし祖母の本当の娘達、その子供達にお金や金品は取られたらしい。

母親も、

「実の娘だから強く言えなかった」

と言っていた。

祖母は、お金やその類の物が全て失くなっている事に気が付いていなかった。

祖母のお金が無くなると、実の娘達は全く連絡をよこさなくなった。

そして祖母は亡くなった…。

我家は結構大きな敷地で家も大きい。

相続の問題が出て来た途端に実の娘達の登場…。

嫌な空気が流れた時、母親がキッパリと言った。

「この家は、祖母がきちんと渡すべき人に渡すようにしているはずだ」

と言った。

我々の知らない間に祖母が名義変更してくれていたらしく、名義は随分前に父親になっていた。

不思議なのは、母親がこの発言をした事を覚えていない事。

実の娘達に逆らった事が無い母親が初めて逆らい、皆驚いたと同時に、その時の顔が祖母に見えたと話していた。

葬式が終わり片付けをしている時、ふと祖母が私を呼んでいるような気がした。

はて、何だろう…と声のする場所へ行くと、両親それぞれの名義の預金通帳があった。

祖母は生前、

「自分の葬式代くらいは自分で用意するように」

と口うるさく言っていた事を思い出した。

そのお金で仏壇やら何やら購入し、全て祖母に使う形になった。

残りは法事の時に使うようにと、そのまま残した。

それから不思議な事に、その娘達には何やら色々と大変な問題が起きている。離婚やら病気やら借金やら…。

内一人は旦那様が亡くなり、自宅も失くなってしまった。

現在は何処に居るのかも知らない…。

私達家族は、その逆に幸せな日々を過ごしている。

良い話かどうかは疑問なところだが、最近母親が妙にしっかりして来ている。

祖母が憑いているのか、付いているのか…。

嫁姑でも、実の親子以上の関係になれるのだと思った。

関連記事

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

病室(フリー素材)

絵日記

この前、夜遅くの深夜にハッっと起きてしまいました。なんでいきなり起きちゃったんだろう…と思っていると、部屋の隅に何かの気配を感じました。眼を凝らして見てみると、それは…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。起きている奴等…

山間の田んぼ(フリー写真)

小さな祠と石

うちの兄は10年ほど前に亡くなりました。亡くなる前々日、いつもは帰ってすぐ部屋に入ってしまう兄が、珍しく私にPCの使い方を教えてくれました。その事を思い出すと、今でも涙…

庭に咲く花(フリー写真)

光る玉

私の母は私を産む前に二度流産しており、三度目(私)の時も、何度か駄目になりかけていたそうです。妊娠4ヶ月頃の時も、やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、その時、庭で二人…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…