wowmodified

昔、公園で友達とかくれんぼをした。

かなり広い公園で隠れるには困らないけど、問題は鬼になった時、ただでさえ広くて大変なのに友達4人とも隠れ上手。

鬼には絶対なりたくなかった。

ジャンケンに勝ちなんとか鬼を免れた僕は、ケンちゃんと一緒に公衆トイレの屋根の上に隠れた。

「皆どこに隠れたのかな」

「さあ、皆隠れるの上手いからな」

「でも、ター君は身体が大きいからショウ君達より先に見つかっちゃうかもね」

僕達は息を殺して、そこに隠れていた。

どの位たった頃だろうか。

ケンちゃんが

「トイレ行ってくる」

と小さな声で僕に言ってきた。

見つかるからと止めたけど、我慢出来なかったのかケンちゃんは下に降りて行ってしまった。

その時

「みーつけた」

と声が聞こえた。

どうやらケンちゃんが鬼に見つかってしまったらしい。

その日から鬼はケンちゃんの両親になった。

隠れているのは5人で、最後にはケンちゃんが誘拐された。次の日から両親がケンちゃんを探す“鬼”になった。