若返り

公開日: 意味がわかると怖い話

grandfather

老人「本当にこれで若返れるのか?」

男「ええ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ることができます」

老人「そうか…。お願いするよ」

そして老人はベッドに寝かせられシートが被せられた。

それから数時間。

老人「遅いなぁ…。いつになったら始まるんだ?」

男「お待たせしました」

若い男「ありがとうございます。こんなに上手くいくとは…。ところでこの古い体はどうするんですか?」

男「こちらで処分いたしますよ。またのご利用お待ちしております」

そう言うと男はベッドを焼却施設まで運んで行った。

老人「おお。前の誰かは若返りに成功したようだな。それにしてもやっと俺の順番か…」

若い男「ありがとうございました」

「若い男」は「老人」自身で、若返っても元の人格は残ったままだった。

関連記事

姉のアトリエ

10年程前の話。美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。それだけで住ま…

交通事故で亡くなった家族

警官をしている友人が数年前に体験した話。そいつは高速道路交通警察隊に勤めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。内容を聞くと、一週間前にあった東北自…

娘の目

最近の話なんだけど、電車での人身事故を目撃してしまった。私と小学4年生になる娘と2人で家から2駅離れたショッピングモールで買い物をした帰り道でのこと。私たちが駅のホーム…

マンション(フリー写真)

B君

ある日の夕方の出来事。僕が自分の部屋で本を読んでいると突然、窓を「バンバン!」と叩く音がした。びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。「…

女性専用トイレ(フリー素材)

横に並んだ目

先日、地元の駅のトイレで覗きに遭ってしまいました…。綺麗なトイレではないので普段は行きたくないのですが、その時は我慢出来ずに駆け込みました。 ※ 用を足し終えて立ち上がると…

シェフは煮詰まっている

男は食事をするためにレストランに訪れていた。男が頼んだのはシェフがその日その日で料理を決めるコース。 しかし、幾ら経っても料理は運ばれてこない。業を煮やした男がウェイ…

行方不明の幼女

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった。母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった。どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置し…

消える死体

ある日、しゃくに障る泣き声なので妹を殺した。その死体は井戸に捨てた。 次の日、井戸を見に行くと死体は消えていたのだった。5年後、些細なけんかで友達を殺した。 その死…

空き家

子供の頃に住んでいた家は、現在住んでいるところから自転車でわずか5分程度。近所に幼馴染みも沢山いたし、自分とはもう関係ない家だという認識があまりなかった。自分たちが引っ…

ドアノブ(フリー写真)

テンキー

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったのだが、夜中の3時頃に部屋で漫画を読んでいたら、突然ドアノブをガチャガチャする音が聞こえた。ビビったけど鍵を掛けているし大丈夫だ…