娘の目

公開日: 意味がわかると怖い話

Class_83_KTM_Komuter_train,_Kuala_Lumpur

最近の話なんだけど、電車での人身事故を目撃してしまった。

私と小学4年生になる娘と2人で家から2駅離れたショッピングモールで買い物をした帰り道でのこと。

私たちが駅のホームで電車を待つ間に今日の買い物の話をしていると、30メートルくらい離れたところにサラリーマン風の男がふらりと現れた。

駅のホームにたくさん人がいる中で、その人だけが他とは違う異様な雰囲気を放っていたからよく覚えている。

「あの人なんか怖いねー」とか娘と話していると、この駅を通過する快速の電車がきた。

するとその男がふらっとした感じでその電車に頭から吸い込まれていく。

パン!

という音とともに、文字では表現できない音がホームに響いた。

電車に轢かれたと認識したのは少し間を置いてからだった。あまりのことで理解するのに時間がかかった。

娘にこのことは見せてはいけないと思い咄嗟に目を隠す。

もし、電車の進行方向に私たちがいたら確実に娘に見せてしまっていただろう。
娘は「どうしたの?」と言っていたが「みちゃダメよ」と私は言ってそのままホームからエスカレーターでくだった改札の近くのベンチへ座らせた。

駅は野次馬と電車待ちの人でごった返していた。

そうこうしていると、階段からタンカーに乗せられた男が降りてきた。頭からすっぽりと白い袋を被せられ足はばらばらの方向を向いていた。

「ああ、やっぱり死んだんだな」と思った。

人間が事故で死んだのを見るのは初めてで、その様子にあっけにとられて娘の目を塞ぐのを忘れてしまった。

そして、それから1時間くらいで電車が復旧し、復旧したての電車は込み合うので1本後の電車に乗った。その電車の車内で娘に「怖かったね」というと、娘は「人って死ぬとあんな顔に、なっちゃうんだね」と言った。

それからは何事もなく家まで帰れた。しかし、私はとても不気味な気持ちでいっぱいだった。

編集者補足

娘の目を塞ぐのを忘れてしまったと記載はあるが、なぜ娘には遺体の顔が見えたのだろう。

廃墟

ロアニの家

子供の頃、近くに廃墟があった。 その家は川沿いにあって、庭には井戸もある。 しかも田舎だから灯りも少ないしで、夜になるととても不気味。 必然的にその家は、幽霊が出る家…

ノロノロ運転

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。 それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど、そういう道って夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくる…

ドアノブ(フリー写真)

テンキー

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったのだが、夜中の3時頃に部屋で漫画を読んでいたら、突然ドアノブをガチャガチャする音が聞こえた。 ビビったけど鍵を掛けているし大丈夫だ…

切り取られたカレンダー

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す。母は認知症だった。身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。 そして今は亡き母の書斎に入った時、私…

若返り

老人「本当にこれで若返れるのか?」 男「ええ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ること…

マンション(フリー素材)

曰く付きマンション

会社までの徒歩通勤時に、取り壊し予定の無人マンションの近くを通る。 そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰く付きマンション。 周りに街灯も少なく、夜はかなり…

美術室(フリー背景素材)

眠りに落ちた美女

ある日、僕は学校の美術室の掃除当番だった。 早く終わらせて帰ろうと急いでいたら、一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた。 その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったのだ…

母の弁当

中学校に入ってから1人の不良にずっと虐められてた。 自分の持ち物に『死ね』と書かれたり殴られたりもしていて、俺はちょっと鬱になってたと思う。 心配する母にガキだった俺はきつ…

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。 いつもと同じ時間に、いつもの道をいつもと同じ速さで歩いて行く。 すると、ふと目の前に同じ学校の制服が見えた。 …

姉のアトリエ

10年程前の話。 美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。 その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。 それだけで住ま…