交通事故で亡くなった家族

who-am-i

警官をしている友人が数年前に体験した話。

そいつは高速道路交通警察隊に勤めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。

内容を聞くと、一週間前にあった東北自動車道の事故の詳細を知りたいとのこと。

その事故ってのは、一家4人が乗った自動車が平日の深夜に中央分離帯に激突して、全員死亡した事故の事だったらしい。

事件のことを少し詳しく話すと、高速を走行していた長距離トラックから○○インターチェンジ付近で乗用車が燃えているという通報があり、夜勤で待機していた友人が現場に直行したんだけど、友人が到着した時には既に乗用車の中にいた人は全員黒焦げになって死んでいたんだって。

その後身元の特定と検死が行われて、歯の治療記録から死んだのは東京西多摩地方に住んでいる家族だってのが判った。

死んだのは加藤正さん(仮名)とその妻の恵美、長男の正一、長女の恵那の4人。

アルコールが検出されたとか、見通しの悪い場所だったとかの事故を起こすような要因は見つからなかったんだけど、特に不審な点もなく、そのままハンドル操作のミスによる普通の事故として処理されたんだって。

それで友人も特に何の変哲もない事故でしたよってその課の課長に言ったらしいんだけど、その課長が実は…と言って呼び出した理由を話してくれたんだって。

その話によると、昨日の夜に少年が東京の○○市にある警察署に訪ねてきて、

「僕が死んだとニュースでやっていたのだけど、僕はいったい誰なのでしょうか?」

って言ったらしい。

少年の話をまとめると、一昨日の朝に朝寝坊して起きたら家に家族が誰もいない。

どこかに行ったのだと思いそのまま気にも留めていなかったが、夜になってもだれも帰ってこないし連絡もない。

心配になって警察に連絡したが、子供の悪戯だと思われたのかすぐ切られてしまった。

祖父母や親戚に連絡してみたが、誰も連絡を受けていないと言われた。

そのまま朝まで待っていたが、点けっぱなしのTVのニュースから、自分も含めた家族全員が死んだことになっていると知った。

そんなことはないはずなので詳しく知りたくて訪ねて来たとのことだったらしい。

その話を聞いた友人はその事故の資料を改めて提出したんだけど、見直してて不思議なことに気づいたんだって。

家族の歯科治療記録との照合で、父親、母親、長女は間違いなく本人だって判明したんだけど、長男は頭部の損傷が激しく、照合ができなかったと記録に書いてある。

しかも家族は青森近くで事故を起こしたんだけど、両親は中部地方出身で、東北に知り合いはいないことがその後の調査で明らかになっていた。

その当時は旅行にでも出かけた際の事故ってことになったんだけど、どうにも不自然なことが多すぎる。

それで友人は資料を提出してから数日後に、例の課長に事件の進展を聞いてみた。

すると課長は口ごもりながらこう答えたらしい。

例の少年は身体的特徴や見た目は死んだ長男によく似ていたが、歯形が違うため別人だと思われる。

そのことを告げると少年が錯乱したため、心療内科のある警察病院に搬送した。

その後の調査で事故死した家族の家を調査したが、事故後誰かが住んでいた形跡はなかった。

そのことを告げると、少年は完全に精神に異常をきたしてしまったため、結局どのこの誰だか分らず今も病院にいる。

もう済んだ事だから、今後関わらなくて良い。

友人はそこまで話すと最後にこう言った。

黒焦げの死体は本当は一体誰で、自称長男の少年は一体誰なんだろうな?

それと、あの家族は何で平日に誰も知り合いのいないところに向かっていたんだ?

俺は思うんだ。

あの家族は何かから逃げてたんじゃないかって。

何から逃げてたのかは分からないけどな。

関連記事

カメラ(フリー素材)

何でもない心霊写真

誕生日にホームパーティーを開いた。家の中でみんなの写真を撮っていたら、変なものが写った。背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、こちらを睨みつけている。…

黄色いパーカー

ある日、商店街の裏にある友人のアパートに行きました。そのアパートの一階には共同トイレがあり、友人の部屋は一階の一番奥でした。その後、友人の部屋で朝まで飲んでいたらトイレ…

能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。男の近くの壁に寄り掛かり、内容を盗み聞きした。 …

悪魔の詩訳者殺人事件

1991年7月11日、筑波大学助教授の五十嵐一が大学のエレベーターホールで刺殺され、翌日7月12日に発見された。現場からO型の血痕(被害者の血液型ではないため、犯人の血液型とさ…

ホームパーティ

誕生日にホームパーティを開いた。その時、家の中で俺を囲んでみんなで写真をとってら、変なものが映っちゃったのよ。背後の押入れから、見知らぬ青白い顔の女が顔を出して、睨みつ…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…

姉のアトリエ

10年程前の話。美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。それだけで住ま…

シェフは煮詰まっている

男は食事をするためにレストランに訪れていた。男が頼んだのはシェフがその日その日で料理を決めるコース。 しかし、幾ら経っても料理は運ばれてこない。業を煮やした男がウェイ…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…

マンション(フリー素材)

曰く付きマンション

会社までの徒歩通勤時に、取り壊し予定の無人マンションの近くを通る。そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰く付きマンション。周りに街灯も少なく、夜はかなり…