世界一怖いお化け屋敷

公開日: 意味がわかると怖い話

101-053

「さあさあ、ランドに来ておいて、このお化け屋敷に入らないって手はないよ!」

お化け屋敷の前でゾンビらしき恰好をした男が声を張り上げている。

ゾンビの前には数人の客が面白そうに話を聞いているようだ。

僕は少し嫌がる彼女を引きずりながら、その前まで近付いていった。

「このお化け屋敷は世界で一番怖いって有名なのさ!なぜかわかるかい?」

ゾンビは一番近いカップルに話しかけた。カップルはニコニコしながら答えた。

「ここは真っ暗だって聞いたよ」

「そう、その通り!お化け屋敷の中には一切光がないんだ」

ゾンビはそう言って、ヒヒヒ、といやらしく笑った。

こうして見ると、このゾンビは明るいところにいるというのにとても不気味に見えた。

お化け屋敷の辺りは薄暗くなってはいるが、それでも少しアンバランスだ。

なんだか辺りからおかしな臭いもしてきている。不気味な雰囲気が漂う。

「もちろん懐中電灯を貸してあげてもいいが、有料でね。それに、そんなものがない方が楽しめるってもんだ」

これを聞いて、カップルは仲良くお化け屋敷に入っていった。なかなか度胸があるようだ。

「さあ、このお化け屋敷の売りはそれだけじゃない。古今東西、様々な怖いものが集まってるのさ」

ゾンビは続けた。帰りかけたほかの客も、足を止めたようだ。

「ゾンビ、幽霊、ドラキュラ、フランケンの人造人間、殺人鬼、エイリアン、魔女…」

確かに古今東西だ。しかし、怖いもののごっちゃ煮は果たして怖いのだろうか。

「ゾンビに襲われればゾンビに、ドラキュラに襲われればドラキュラに、エイリアンに寄生されればエイリアンになっちゃうから注意してね」

「ひぃ!」という小さな悲鳴のあと、別のカップルがそそくさと離れていった。

「あと殺人鬼に襲われると幽霊になっちゃうねえ…」

うーん、なかなか怖いじゃないか。

僕らのほかには老夫婦が一組いるだけだ。しかしゾンビはまだまだ元気に続ける。

「しかし心臓の悪い方でもご安心!いつでも黄色い小さな矢印に沿って進めば、非常口に辿りつけます」

老夫婦は少し安心したようで、入る踏ん切りをつけようと、もう一声を催促しているようだ。

「んん、しょうがない。今日はシルバー大サービス!60歳以上の方は半額だ!」

老夫婦は少し怒って帰ってしまった。還暦はまだ迎えていなかったらしい。

お化け屋敷前には僕らしか残っていない。

突然ゾンビが顔を近づけてきたので、彼女はびくっと体を引いた。

「お客さん……怖いもの好き?」

僕はそうだと答えた。

「でも彼女の方は怖がってるね」

そう言ってゾンビはニヤニヤしている。

「どうしても無理だっていうんなら、無理して入らなくてもいいんですよ。どうせ今日はたくさんお客さんが入ってくれたしね」

そのとき彼女が消え入りそうな声で、ゾンビに尋ねた。

「あ、あの……出口はどこに……」

するとゾンビは愉快そうに答えた。

「ありませんよ、もちろん。だから人件費がなくてもやっていけるんです、ここは」

僕らは慌ててお化け屋敷を離れた。

関連記事

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。いつもと同じ時間に、いつもの道をいつもと同じ速さで歩いて行く。すると、ふと目の前に同じ学校の制服が見えた。 …

カメラ(フリー素材)

何でもない心霊写真

誕生日にホームパーティーを開いた。家の中でみんなの写真を撮っていたら、変なものが写った。背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、こちらを睨みつけている。…

ドアノブ(フリー写真)

テンキー

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったのだが、夜中の3時頃に部屋で漫画を読んでいたら、突然ドアノブをガチャガチャする音が聞こえた。ビビったけど鍵を掛けているし大丈夫だ…

女性専用トイレ(フリー素材)

横に並んだ目

先日、地元の駅のトイレで覗きに遭ってしまいました…。綺麗なトイレではないので普段は行きたくないのですが、その時は我慢出来ずに駆け込みました。 ※ 用を足し終えて立ち上がると…

消える死体

ある日、しゃくに障る泣き声なので妹を殺した。その死体は井戸に捨てた。 次の日、井戸を見に行くと死体は消えていたのだった。5年後、些細なけんかで友達を殺した。 その死…

天国からの放送

そのカセットテープは、ある日、突然郵便や宅配便で送られて来るそうだ。もちろん、差出人の名前なんかない。テープ自体はどこででも手に入る安物なのだが、小さなカードが同封され…

マンション(フリー写真)

B君

ある日の夕方の出来事。僕が自分の部屋で本を読んでいると突然、窓を「バンバン!」と叩く音がした。びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。「…

ノロノロ運転

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど、そういう道って夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくる…

母の弁当

中学校に入ってから1人の不良にずっと虐められてた。自分の持ち物に『死ね』と書かれたり殴られたりもしていて、俺はちょっと鬱になってたと思う。心配する母にガキだった俺はきつ…

若返り

老人「本当にこれで若返れるのか?」男「ええ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ること…