世界一怖いお化け屋敷

公開日: 意味がわかると怖い話

101-053

「さあさあ、ランドに来ておいて、このお化け屋敷に入らないって手はないよ!」

お化け屋敷の前でゾンビらしき恰好をした男が声を張り上げている。

ゾンビの前には数人の客が面白そうに話を聞いているようだ。

僕は少し嫌がる彼女を引きずりながら、その前まで近付いていった。

「このお化け屋敷は世界で一番怖いって有名なのさ!なぜかわかるかい?」

ゾンビは一番近いカップルに話しかけた。カップルはニコニコしながら答えた。

「ここは真っ暗だって聞いたよ」

「そう、その通り!お化け屋敷の中には一切光がないんだ」

ゾンビはそう言って、ヒヒヒ、といやらしく笑った。

こうして見ると、このゾンビは明るいところにいるというのにとても不気味に見えた。

お化け屋敷の辺りは薄暗くなってはいるが、それでも少しアンバランスだ。

なんだか辺りからおかしな臭いもしてきている。不気味な雰囲気が漂う。

「もちろん懐中電灯を貸してあげてもいいが、有料でね。それに、そんなものがない方が楽しめるってもんだ」

これを聞いて、カップルは仲良くお化け屋敷に入っていった。なかなか度胸があるようだ。

「さあ、このお化け屋敷の売りはそれだけじゃない。古今東西、様々な怖いものが集まってるのさ」

ゾンビは続けた。帰りかけたほかの客も、足を止めたようだ。

「ゾンビ、幽霊、ドラキュラ、フランケンの人造人間、殺人鬼、エイリアン、魔女…」

確かに古今東西だ。しかし、怖いもののごっちゃ煮は果たして怖いのだろうか。

「ゾンビに襲われればゾンビに、ドラキュラに襲われればドラキュラに、エイリアンに寄生されればエイリアンになっちゃうから注意してね」

「ひぃ!」という小さな悲鳴のあと、別のカップルがそそくさと離れていった。

「あと殺人鬼に襲われると幽霊になっちゃうねえ…」

うーん、なかなか怖いじゃないか。

僕らのほかには老夫婦が一組いるだけだ。しかしゾンビはまだまだ元気に続ける。

「しかし心臓の悪い方でもご安心!いつでも黄色い小さな矢印に沿って進めば、非常口に辿りつけます」

老夫婦は少し安心したようで、入る踏ん切りをつけようと、もう一声を催促しているようだ。

「んん、しょうがない。今日はシルバー大サービス!60歳以上の方は半額だ!」

老夫婦は少し怒って帰ってしまった。還暦はまだ迎えていなかったらしい。

お化け屋敷前には僕らしか残っていない。

突然ゾンビが顔を近づけてきたので、彼女はびくっと体を引いた。

「お客さん……怖いもの好き?」

僕はそうだと答えた。

「でも彼女の方は怖がってるね」

そう言ってゾンビはニヤニヤしている。

「どうしても無理だっていうんなら、無理して入らなくてもいいんですよ。どうせ今日はたくさんお客さんが入ってくれたしね」

そのとき彼女が消え入りそうな声で、ゾンビに尋ねた。

「あ、あの……出口はどこに……」

するとゾンビは愉快そうに答えた。

「ありませんよ、もちろん。だから人件費がなくてもやっていけるんです、ここは」

僕らは慌ててお化け屋敷を離れた。

空き家

子供の頃に住んでいた家は、現在住んでいるところから自転車でわずか5分程度。 近所に幼馴染みも沢山いたし、自分とはもう関係ない家だという認識があまりなかった。 自分たちが引っ…

黄色いパーカー

ある日、商店街の裏にある友人のアパートに行きました。 そのアパートの一階には共同トイレがあり、友人の部屋は一階の一番奥でした。 その後、友人の部屋で朝まで飲んでいたらトイレ…

かくれんぼ

昔、公園で友達とかくれんぼをした。 かなり広い公園で隠れるには困らないけど、問題は鬼になった時、ただでさえ広くて大変なのに友達4人とも隠れ上手。 鬼には絶対なりたくなかった…

美術室(フリー背景素材)

眠りに落ちた美女

ある日、僕は学校の美術室の掃除当番だった。 早く終わらせて帰ろうと急いでいたら、一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた。 その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったのだ…

消える死体

ある日、しゃくに障る泣き声なので妹を殺した。 その死体は井戸に捨てた。 次の日、井戸を見に行くと死体は消えていたのだった。 5年後、些細なけんかで友達を殺した。 その死…

トノサマバッタ

小学生の時、夏休みの宿題に昆虫採取をすることにした。まぁ、毎日アミ持って野山を駆け回って遊んでただけなんだけど、ある日すごいのを捕まえた。 体長 13.5cmのトノサマバッタ。 …

シェフは煮詰まっている

男は食事をするためにレストランに訪れていた。 男が頼んだのはシェフがその日その日で料理を決めるコース。 しかし、幾ら経っても料理は運ばれてこない。 業を煮やした男がウェイ…

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。 いつもと同じ時間に、いつもの道をいつもと同じ速さで歩いて行く。 すると、ふと目の前に同じ学校の制服が見えた。 …

2タッチ入力

私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出てそのまま連絡が取れなくなっても困るので、携帯電話をもたせていた。 父はボケており、携帯を買い与えアドレスを交換したころは「これでいつでもお前と連…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。 ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…