後悔の念

tumblr_static_9jiz7wltizggcw408sg8844ww

俺は過去に二度、女の子を中絶させたことがある。一度目は完全に避妊ミス。17歳の若かりしころ。

二度目は、23歳の時。

2年程付き合った彼女なんだけど、俺は結婚を意識してた。子供できてもいいやとか思って、結婚の約束をした訳でもないのに、思い切り中に出してた。

拒否しないから、彼女もオッケーなんだと思ってた。

案の定、彼女は妊娠し、俺はそれをキッカケに結婚してくれと言った。もちろんオッケー…だと思っていたら、なんと、親からもちかけられた縁談が断れないからと、逆に別れ話をされてしまった。

なぜ縁談が断れないかというのは、話すと長くなるので割愛する。要は家の事情。政略結婚という訳ではないが、そんな感じ。

じゃあ、赤ん坊はどうすんの?って話だ。俺は子供が本当に楽しみだった。俺1人で育てるから産んでくれと説得したが、最後には向こうの両親まで出て来て、

「今から結婚するのに、他の男の子供がいてどうする」

と言われ、さんざんの抵抗もむなしく、赤ん坊はおろされてしまった。

17歳の時には、ぶっちゃけ「あー、めんどくせ」とか思っていた俺だが、その時は涙をこらえられなかった。その時のことを6年もしてから、本当の意味で後悔した。

それから、俺は妙な体調不良に悩まされ始めた。肩が重く、食欲もない。寝ても、思い出せない怖い夢を見て飛び起きる。

病院に行っても原因不明。俺はあんなことの後だから、ストレスなんだろうと思っていた。

じきに忘れ、体調も直ると。しかし、体調は日に日に悪くなり、メンタルクリニック等にも通ったが、とうとう仕事を休職するはめになってしまった。

それからは実家に戻り、家の手伝いをして、しばらく親に食わせてもらっていたが、体調は相変わらずだった。

68kgあった体重が、2ヶ月で52kgまで落ちた。病院にいっても、やっぱり原因不明。メンタルクリニックも、もう行っても無駄だと思った。

それからしばらくして、俺は法事に顔を出した。親戚は俺の変わり様に驚き、心配の声をかけてくれた。

法事も終わり、帰りがけにオフクロの姉の旦那の妹(叔母)の人が、俺に声をかけて来た。

「○○ちゃん(オフクロ)から話聞いたよ。おばちゃんね、霊媒師の人知ってるから、紹介してあげようか?」

何言ってんだこの人、と思ったが、治る可能性があるならと思い直し、後日、連絡を取り、紹介してもらうこととなった。

その霊媒師曰く、

「水子の霊が憑いてます」

ショックだった。確かに2人もおろしてる。俺は子供をおろした話を、この人にはしていない。

俺はすがるような思いで、その人に除霊をお願いした。

すると、

「除霊はしますが、それは水子の霊を供養することに他ならない。あなたの今の体調不良は、いうなれば生霊の影響なのです」

詳しく聞くと、水子の霊は憑いているが、その霊は俺にとって害になる霊ではないという。

その霊に影響する、俺の後悔の念と、別の人の後悔の念が重なり合い、今の状態になっているとのことだった。

そして、俺以外で後悔している人間も、同じように憑かれているはずだと。

水子の供養はそこでやってもらった。結構あっけなかったが、本当に心の底から手を合わせた。ちょっと涙が出た。

半泣きの俺をみて霊媒師が、

「その涙があなたを苦しめる原因なのです」

と言った。

俺以外に後悔している人間、それは17歳の頃か23歳の頃の彼女、どちらかしかいない。でもやっぱり、結婚を断られた彼女の方な気がした。

俺は数ヶ月ぶりに彼女に連絡し、会う約束をとりつけた。

数ヶ月ぶりに彼女と会った。彼女は俺を見て驚いていた。俺は彼女に霊媒師の話をし、心当たりはないかと訪ねた。

ところが彼女は分からないと言う。俺は「後悔の念」について問いただした。子供のことを後悔しているんならやめろと(それも変な話だが)。

しかし、彼女は新しい結婚生活も順風満帆で、幸せな毎日を送っているそうだ。子供のことはかわいそうに思っているが、特に強烈に後悔している訳でも無い。

なんだかみじめになり、その日は話を終えるとすぐに別れた。

残るもう1人の彼女かもしれないと思った俺は、早速連絡をしようと思った。だが、なにせ6年も前に別れたっきりで、連絡先を覚えていない。

俺は特に仲が良い訳でもない昔の知り合いに片っ端から電話して、彼女の連絡先を調べた。するとある女の子が、

「あー、○○ちゃんの友達の子でしょ。○○ちゃん聞けばわかるよ」

と言う。やった!見つかった!

「じゃあ、ちょっと聞いてもらいたいんだけど」と言うと、

「え、でもその子って…」と口籠る。

「どうしたの」と聞くと、

「亡くなったんじゃなかったっけ?」

「はぁ!?」

「え…?だって○○くん(俺)が…」

「ちょっと待って!どゆこと!?」

さんざん言い渋った挙句、聞き出したのは信じられない話だった。俺は彼女(17歳の頃)が子供をおろしてから、彼女が退院しない内に別れた。

元々大して好きではなかったのと、やはり妊娠騒動でうんざりしたことがあり、さらにその頃俺と付き合いたいという可愛い女がいたためだ(こうやって改めて言うと本当に自分が嫌になるが)。

その後、共通の友達もいなかった彼女の噂を聞くことはなかったのだが、なんと彼女はその堕胎が原因で1ヶ月後くらいに亡くなってしまっていたと言うのだ。

にわかには信じがたかったが、やはり連絡しないといけないと思い、連絡先を聞く事にした。

俺は昔の知り合いに聞いた連絡先に電話を入れ、彼女の両親と会うことになった。両親から聞いた話は、電話で知り合いに聞いた話そのままだった。

俺はなんてことを…。俺は両親の前で土下座して謝った。父親は何も言わなかったが、母親が口を開き、こう言った。

「謝ってもらっても、娘は帰ってこないのよ。法律的には、あなたには罪はないしね」

「でも…そういう問題じゃありません」と俺が言うと、

「そうよ。娘を殺したのはあなただと、私は思ってます。一生後悔して生きてね」

俺は血の気が引いた。きっと生霊というのは、この人なのだろう。

俺は呪われているんだ。罵倒され、殴られる方がずっとよかった。

体調不良は今でも続いている。霊媒師の所には今でも行っており、色々相談に乗ってもらっている。

俺の後悔の念が消えれば、向こうの両親の生霊(後悔の念)に干渉されることもない、早く忘れ、前を向くことだ、と言われている。

その為、禅寺にも通って禅を組んだりしている。でも、忘れるってどういうことなんだろうか。

子供おろしたってどうってことないぜ、と思っていた頃に戻ればいいんだろうか。最近俺の本棚には、仏教関連の本がいっぱい並んでいる。

最後に、彼女の両親に会った後、霊媒師に相談した時の会話。

「お母さんに許してもらえればいいんじゃないでしょうか…俺、毎日でも謝りに行こうと思ってるんですが」

「ダメです。もうお母さんには会ってはダメ。あなたにまとわりついていた後悔の念は、ハッキリとあなたへの憎悪となっています。ある種の呪いになろうとしている。もう、夢も思い出せるはず」

そう、俺は毎晩のように見る、おぼろげだが強烈な悪夢を思い出せそうになっていた。血みどろの部屋で泣きわめく中年女性。多分あの女性の顔は、お母さんなんだろう。

関連記事

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。しかし一つだけ不思議な点があった。それは、何故かいつ…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

とある物件

今から8年くらい前のITバブルと呼ばれていた頃の話です。私が学校を卒業し、新卒でとある自称IT関係という会社Aに就職いたしました。当時私は就職活動を適当にしていたため、3月くら…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。…

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。1993年より体操のお兄さんと…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルの調査

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。…

廃病院

廃病院での心霊体験

まだ俺が大学に居た頃だから、もう2、3年前になると思う。田舎を出て県外の大学に通っていた俺に、実家から「婆ちゃんが倒れた」と電話があった。昔から色々と面倒を見てくれてい…