あの時、手を貸していたら…

c0025115_225325

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。

時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転車を漕ぐ後ろ姿が見えました。

細い道でしたので、追い抜くことも出来ずに後ろを走っていると、突然前を走る自転車が倒れたのです。

近寄ってみると、髪の長い女性が倒れていました。蹲って呻いているので声をかけたのですが、返事がありません。

暗い道でしたので、怖くなった私は家に帰ってしまいました。

後日、警察が家に訪ねてきました。話を聞くと、どうやら近所で殺人未遂事件があったようで、その聞き込みの為に訪ねて来たようでした。

犯人の特徴を聞いてみると、髪が長い女性と言う事でした。

この時、先日あった自転車の女性のことを話すと、刑事さんは顔色を変え「詳しく教えてくれ」と迫ってきました。

先日のことを詳しく伝えると、刑事さんは事件の概要を教えてくれました。

聞いてみると、先日私が遭遇した状況と酷似した内容だったのです。

あの時、手を貸していたら一体どうなっていただろうと思うと、とてもゾッとしました。

旅館での一夜

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

柿の成る家(フリー素材)

ジロウさん

23年程前の話。俺の地元は四国山脈の中にある小さな村で、当時も今と変わらず200人くらいの人が住んでいた。谷を村の中心として狭い平地が点在しており、そこに村人の家が密集…

リンフォン

先日、アンティーク好きな彼女とドライブがてら、骨董店やリサイクルショップを回る事になった。俺もレゲーとか古着など好きで、掘り出し物のファミコンソフトや古着などを集めていた。買う…

夜のビル街(フリー写真)

呻き声

俺のツレはいわゆる夜中の警備のバイトをしていて、これはそのツレにまつわる話。ある日、そいつが言うには、「何かさ、最近、バイト中に鳴き声がするんだよな」「まあ、近…

猿夢

私は、夢をみていました。昔から夢をみているとき「私は今夢をみているんだ」と自覚することがあり、この時もそうでした。なぜか私は一人薄暗い無人駅にいました。ずいぶん陰気臭い…

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子がいた。ゆかりちゃんは、お父さん、お母さんと3人で幸せに暮らしていた。しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。 …

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…

木の杭

俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業をやってる時にふと気になったことがあって、それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。農作業でビニールシートを固定したりする時などに、木の杭…

赤い川

赤い川

俺が高野山に住んでいた時、こんな噂話を聞いた。「昔、坊主専用の廓が、山のどこかにあった」「その廓は終戦後取り潰されて廃墟になったが、今でも形を保っている」「そこ…

アパート(フリー写真)

引っ掻く音

大学時代にアパートで一人暮らしをすることになった。そのアパートは、太陽の光が当たる二階の部屋と、駐車場に近い一階の部屋が空いていて、俺は駐車場が近い一階の部屋に住むことにした。…