海女さんの心霊体験

小島(フリー写真)

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。

泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。

海女になりたての頃、自分に付いてくれていた人に「絶対行ってはいけない」と言われている場所がありました。

その場所は離れ小島のような所で、岸から距離にして300メートル位だと思います。

他の海女も絶対そこの小島には行きません。

そこの小島に行く途中に結構潮の流れの速い所があり、海女には結構年寄りが多いので、危ないから行ってはいけないという事だと、私は勝手に思い込んでいました。

仕事は潮の満ち引きにもよりますが、殆ど午前中で終わります。

しかしこの日は体調も良くまだまだ潜れそうだったので、午後も一人で潜っていました。

そして波も穏やかだったため、ふとあの小島に行ってみようかなと思いました。

潮が速いと思い込んでいたのですが、そんな事も無くあっさりその小島に到着しました。

「なあんだ、楽勝じゃん」などと独り言を言いながら潜ってみると、普段人が来ないためか、もう大きなアワビやサザエがゴロゴロしています。

アワビなんて30センチ位、サザエも殆ど20センチ。

もう夢のような光景です。

『なに~、ここ宝島じゃん』などと思いながら捕りまくっていると、小島の海底の方にぐるりと綱が巻いてありました。

ちょっと気味が悪くなり小島に上がると、小島の側面には数体のお地蔵様が彫ってありました。

『なぁに~ここ、なんかヤバイとこぉ?』なんて思っていると、声がしました。

「……ちゃ…」

えっ? 何っ? ちゃって……。

その声は段々はっきりと聞こえて来ました。

「お……ぇちゃん」

「おねぇちゃん」

後ろを見ると、10歳位の男の子が立っています。

『えっ? 何処から来たの?』と思いつつ、かなりビビッた顔をしていたと思います。

しかし何かが変だ……。

話し掛けようにも怖くて声が出ませんし、海に囲まれた小島なのに洋服を着ているし、しかも濡れていないし……。

ヤバイと思った時、男の子は言いました。

「おねぇちゃん、何処から来たの?」

私は怖くて叫びたかったですが、声が出ないで口をパクパクするだけ……。

男の子はどんどん話を進めます。

「僕さぁー、お家帰りたいんだけど、どう帰ればいいか分かんないし、足も痛いし、頭も痛い。お腹も空いたし喉も渇いたし……。助けてよおねぇちゃん」

今まで普通の姿だった男の子が、喋った通りの内容に変化して行きます。

足が痛いと言うと足が血まみれに……。

頭が痛いと言うと顔が血まみれに……。

お腹が空いたと言うとガリガリに痩せて……。

喉が渇いたと言うと老人のように変化しました……。

……ヤバイ絶対ヤバイ!神様ーナンマイダーなどと唱えると、ブチッと音がして自由になりました。

転げるように海に入ると、普段とは違いどんどんどんどん海底に沈んで行きます。

と言うより、引き込まれる感じです。

何よこれーっ!

海というのは、じっとしていても浮くんですよ、普段は。

実際、浮くよりは潜る方が大変なのに……。

結局、海底まで引き込まれました。

するとそこには小さな洞穴みたいなものがあり、そこに水中眼鏡をした骨の遺体がありました。

恐らくさっき見た少年だなと、直感で解りました。

そして少し悲しい気持ちになった途端、ふっと吸い込まれる力が弱まり、浮き始めました。

水面まで出ると冷静さを取り戻し、岸まで泳いで帰りました。

岸に着いてからは、あの小島で採ったアワビとサザエを買い取り業者に置いて、すぐ警察に遺体を発見した事を届け出ました。

そしてまた業者の所に戻ると人が集まって来て、

「凄いね~、今日は大漁じゃん」などと持て囃されました。

そして受け取った金額は、自分でもビックリするほどの額でした。

何か嬉しいやら悲しいやら……複雑な気持ちで帰路に着きました。

そしてその夜、『あの小島に行ってはいけないよ』と教えてくれたおばさんが来ました。

居間に上がってもらいお茶を出すと、おばさんはこう言いました。

「あんた、あの小島に行ったんだって。まったく、あんなに行っちゃいけないって言ったのに。まぁ無事に帰ってきたからいいけどさ……。

ところで、遺体を発見したのは聞いたけど、他に何か見なかったかい?」

私は経験した事を全て話しました。

すると「やっぱりかい……」と言いました。

そして、おばさんが話してくれた話は以下のようなものでした。

終戦後のある夏、三人の男の子が海水浴をしていました。

波が高かったせいか男の子達は流され、あの小島に辿り着いたのです。

しかし波が高いせいで、なかなか救助の船を出せません。

そして小島を飲み込む程の波が来て、男の子三人はまた海に……。

それを見かねた一人の漁師が船を出しました。

漁師は男の子を一人助け二人助け、三人目を助けようとした時、船が小島に激突して沈没。

男の子三人と漁師は次の日、遺体で発見されたそうです。

海底に巻いてある綱と小島の側面のお地蔵様は、その時のものらしいです。

そしておばさんも昔、その小島の上で遊んでいる男の子を見たことがあるそうです。

次の日、警察は捜索したけども、遺体は発見出来なかったそうです。

その年のお盆の波の静かな日。

少し怖かったけど、おばさんと二人で船を出し、その小島に線香とお供え物をあげに行きました。

帰りの船でふと、

「ありがとう。おねぇちゃん」

と言う声が聞こえたような気がしました。

関連記事

デジタル(フリー素材)

Aの理論

何年か前、友人二人と夜中にドライブをした時の話。友人Aはガチガチの理系で、「物を見ると言うことは、つまりそこに光を反射する何らかの物体が存在する訳で、人の目の構造上、特…

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。特に大きい物…

呪われた路線

都心と多摩地区を結び、JRのドル箱といわれている中央線。疾走してくる電車への飛び込み自殺の多発路線としても知られている。例えば、1995年4月から11月までの8ヶ月間に…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。しかし、…

夜の森(フリー写真)

塀の向こう側

私が十数年前、下○市に住んでいた頃の出来事です。当時は新聞配達のバイトをしていたのですが、一軒だけとても妙なお客さんが居りました。通常の配達順路を大きく外れている上、鬱…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

戦闘機(フリー写真)

白いマフラー

俺のじいちゃんは昔、パイロットだった。若い頃のじいちゃんの写真は、白のマフラーを巻いて格好つけていて、でも本当に格好良かった。俺もじいちゃんみたいな戦闘機乗りになりた…

看護婦寮

これはまだ私が日本に居た時の話なので、10年くらい前のことです。もう既にその寮は取り壊されているし、かなりの年月も経っているので文章にしてみました。未だに当時の細部まではっきり…