海女さんの心霊体験

小島(フリー写真)

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。

泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。

海女になりたての頃、自分に付いてくれていた人に「絶対行ってはいけない」と言われている場所がありました。

その場所は離れ小島のような所で、岸から距離にして300メートル位だと思います。

他の海女も絶対そこの小島には行きません。

そこの小島に行く途中に結構潮の流れの速い所があり、海女には結構年寄りが多いので、危ないから行ってはいけないという事だと、私は勝手に思い込んでいました。

仕事は潮の満ち引きにもよりますが、殆ど午前中で終わります。

しかしこの日は体調も良くまだまだ潜れそうだったので、午後も一人で潜っていました。

そして波も穏やかだったため、ふとあの小島に行ってみようかなと思いました。

潮が速いと思い込んでいたのですが、そんな事も無くあっさりその小島に到着しました。

「なあんだ、楽勝じゃん」などと独り言を言いながら潜ってみると、普段人が来ないためか、もう大きなアワビやサザエがゴロゴロしています。

アワビなんて30センチ位、サザエも殆ど20センチ。

もう夢のような光景です。

『なに~、ここ宝島じゃん』などと思いながら捕りまくっていると、小島の海底の方にぐるりと綱が巻いてありました。

ちょっと気味が悪くなり小島に上がると、小島の側面には数体のお地蔵様が彫ってありました。

『なぁに~ここ、なんかヤバイとこぉ?』なんて思っていると、声がしました。

「……ちゃ…」

えっ? 何っ? ちゃって……。

その声は段々はっきりと聞こえて来ました。

「お……ぇちゃん」

「おねぇちゃん」

後ろを見ると、10歳位の男の子が立っています。

『えっ? 何処から来たの?』と思いつつ、かなりビビッた顔をしていたと思います。

しかし何かが変だ……。

話し掛けようにも怖くて声が出ませんし、海に囲まれた小島なのに洋服を着ているし、しかも濡れていないし……。

ヤバイと思った時、男の子は言いました。

「おねぇちゃん、何処から来たの?」

私は怖くて叫びたかったですが、声が出ないで口をパクパクするだけ……。

男の子はどんどん話を進めます。

「僕さぁー、お家帰りたいんだけど、どう帰ればいいか分かんないし、足も痛いし、頭も痛い。お腹も空いたし喉も渇いたし……。助けてよおねぇちゃん」

今まで普通の姿だった男の子が、喋った通りの内容に変化して行きます。

足が痛いと言うと足が血まみれに……。

頭が痛いと言うと顔が血まみれに……。

お腹が空いたと言うとガリガリに痩せて……。

喉が渇いたと言うと老人のように変化しました……。

……ヤバイ絶対ヤバイ!神様ーナンマイダーなどと唱えると、ブチッと音がして自由になりました。

転げるように海に入ると、普段とは違いどんどんどんどん海底に沈んで行きます。

と言うより、引き込まれる感じです。

何よこれーっ!

海というのは、じっとしていても浮くんですよ、普段は。

実際、浮くよりは潜る方が大変なのに……。

結局、海底まで引き込まれました。

するとそこには小さな洞穴みたいなものがあり、そこに水中眼鏡をした骨の遺体がありました。

恐らくさっき見た少年だなと、直感で解りました。

そして少し悲しい気持ちになった途端、ふっと吸い込まれる力が弱まり、浮き始めました。

水面まで出ると冷静さを取り戻し、岸まで泳いで帰りました。

岸に着いてからは、あの小島で採ったアワビとサザエを買い取り業者に置いて、すぐ警察に遺体を発見した事を届け出ました。

そしてまた業者の所に戻ると人が集まって来て、

「凄いね~、今日は大漁じゃん」などと持て囃されました。

そして受け取った金額は、自分でもビックリするほどの額でした。

何か嬉しいやら悲しいやら……複雑な気持ちで帰路に着きました。

そしてその夜、『あの小島に行ってはいけないよ』と教えてくれたおばさんが来ました。

居間に上がってもらいお茶を出すと、おばさんはこう言いました。

「あんた、あの小島に行ったんだって。まったく、あんなに行っちゃいけないって言ったのに。まぁ無事に帰ってきたからいいけどさ……。

ところで、遺体を発見したのは聞いたけど、他に何か見なかったかい?」

私は経験した事を全て話しました。

すると「やっぱりかい……」と言いました。

そして、おばさんが話してくれた話は以下のようなものでした。

終戦後のある夏、三人の男の子が海水浴をしていました。

波が高かったせいか男の子達は流され、あの小島に辿り着いたのです。

しかし波が高いせいで、なかなか救助の船を出せません。

そして小島を飲み込む程の波が来て、男の子三人はまた海に……。

それを見かねた一人の漁師が船を出しました。

漁師は男の子を一人助け二人助け、三人目を助けようとした時、船が小島に激突して沈没。

男の子三人と漁師は次の日、遺体で発見されたそうです。

海底に巻いてある綱と小島の側面のお地蔵様は、その時のものらしいです。

そしておばさんも昔、その小島の上で遊んでいる男の子を見たことがあるそうです。

次の日、警察は捜索したけども、遺体は発見出来なかったそうです。

その年のお盆の波の静かな日。

少し怖かったけど、おばさんと二人で船を出し、その小島に線香とお供え物をあげに行きました。

帰りの船でふと、

「ありがとう。おねぇちゃん」

と言う声が聞こえたような気がしました。

関連記事

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

DJ(フリー写真)

ライブ会場の心霊写真

俺が高校の時の話です。友人にDJをやっている奴がいたので、仲間でライブを観に行ったんです。着いた時には狭い会場に客が一杯で、ずっと後ろだったのですが、友人の計らいで2階…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

窓ガラス(フリー写真)

お通夜を覗く女性

15年程前、不思議な体験をしました。当時は福井の田舎に住んでおり、高校生の僕は、友人の母親のお通夜へ行きました。崖崩れか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。 …

ドルフィンリング

ドルフィンリング

ドルフィンリングというイルカの形をした指輪が流行った大昔の話。当時、私は小学校低学年でした。10歳年の離れた姉はいわゆる不良で、夏休みになるとほぼ毎晩不良仲間を家に連れて来ては…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

日本家屋(フリー写真)

老夫婦の家

中学生の頃、家が火事に遭いました。全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。それで新居を見つけるまでの間…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

母の四十九日まで

私が中学生の時の話です。受験の真っ只中の時期に、母がくも膜下出血で入院。そのまま亡くなってしまいました。その日の夜、「最後に家族みんなで一緒に寝よう」と…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。最初の頃の彼のギターテクニックは…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。もう20年も前の夏のことです。私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…