刑ドロ

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

3d9998e277918586c1442ba8c4dca55b_l

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。

その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。

夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを振舞うのだ。

もっとも、今では「鏡開き」と称した大人たちの飲み会だったのではないかと思っているが…。

大人達が飲み食いしている間、子供たちは外を駆け回ったり、持ち寄ったゲームやカードで遊ぶのが常だった。

ある年のこと、僕ら悪ガキは年下の連中を脅かそうと暗闇での刑ドロを企画した。

その中でも仕切りたがりのAが提案し、自ら仕掛けをすると言う。

親分肌とは到底言えない彼だったが、「イタズラ」という響きに負けた全員(僕を含め6人)がそれに賛同した。

当日、完全に暗くなる夜20時頃を待って僕らは刑ドロを決行した。

暗い中での刑ドロは難航した。

お互いに相手の顔が見えず、警察かドロボウかの判断がつかないのだ。

「とりあえず、会うなり捕まえられることになるはず。隠れる必要はないし、適当に逃げ回ったら解放(警察の本拠地に踏み込み仲間を逃がすこと)するふりをして捕まっとって」

これがAからの指示だった。

彼は成績も良く、運動もそこそこ出来た。

まさにその状態になって初めて彼の状況推測を侮っていたと思い知った。

下級生達はすぐに終わったことに僕たちを馬鹿にしたが、これからが本番だなどとは言えないのでグッと堪えた。

この隙を突いてAが皆を解放した。

「裏の記念館に段差があるじゃん?」

逃げている間にAは作戦の内容を続けた。

「俺は近所だから知っとるけど、その下藪になっとる。あとは田んぼで、今日確認したら段差に竹の柵みたいなものがあって囲いがしてあったけん、その外から足を掴んですぐ隠れればバレん」

意外と考えているらしいAに感心しながらも、思っていたより子供じみていることに僕はゲンナリした。

だが、下級生に馬鹿にされたこともあり、諦めることはプライドが許さなかった。

あみだで隠れる場所を決め、僕たちはそれぞれの持ち場についた。

僕の担当は墓の真横だったが、家のそばに墓がある身としては怖くもなかった。

僕の持ち場は比較的本拠地から近い位置にあるため来る人数が多く、危うく見つかりそうになったが、なんとか見つからずに済んだ。

Aが「秘密の仕掛けもした」と言うので期待してもいた(それが何なのかはその時明かされていなかった)。

隠れている間、柵の向こう側の木に掴まって様子を伺っていたのだが、ふと手に何か絡みつく感覚があり、ポケットからペンライトを取り出して手を照らした。

手には長い髪が数束絡まっており、途端にゾクリとした。

今にして思えば、掴まっていた場所は下の方なのでどう考えてもおかしいのだが、天然だった僕はこれが仕掛けだと思ってしまった。

結果は大成功だった。

もっとも、藪の枯れ草に引っかかれたことを除けば、だが…。

下級生たちの甲高い悲鳴と、なぜか渇いた破裂音があちこちから聞こえてきた。

そして、事の顛末が明かされる。

「なぁ!大成功だったろ!?」

皆がそれぞれ肯定の意を示すと、

「あのクラッカーボール、数が数だし高かったんだよ」

「え?」

途端に寒気が蘇ってきた。

「他に仕掛けあったの?」

「いや、そこまで気が回らんかった」

ズンと腹に重いものが落ちた気がした。

じゃあ、さっきの髪は…。

この後、僕は沈んだ気持ちを隠し、明るく振る舞った。

だが、その後もここでガラスに映る四肢がバラバラの女や、閉じた鏡の隙間から伸びる土気色の腕を見ることがあった。

それで僕の隠れた霊感が目覚めてしまったのか、他の場所でも色々なモノを見るはめになる。

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。 その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。 弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。 当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。 一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ。 6人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。 そしたら寝落ちした奴の枕元に女が居んの。枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。 …

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。 少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。 2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。 友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、 「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。 肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

お婆さんの腕(フリー写真)

幽霊が見える祖母の話

俺の婆ちゃんの話。 婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、 「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」 と言っていた。 実際に俺が霊体験を…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。 オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。 東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…