二階の窓から

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

125049816478116415205_IMG_6344HDR

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。

お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。

そこは店からだいたい車で20分ほど南に行ったある一軒家で、俺は日にちを決めてそこへ伺う事になりました。

当日になって俺はもう一人の買取担当のF君とワゴンでその家に向かいました。でも、教えられた住所へ行ってみたんだけれど家が見つからない。

教えられた場所にはその家がありませんでした。

細かく説明すると、教えられた場所には空家があるだけで、仕方ないからその空家の向かいにある駐車場にワゴンを停めて俺一人でその空家を見に行きました。

その空家は長方形の建物で、下(一階)は何か店みたいな造りをしてたけど、シャッターが閉まっていて中の様子は見えませんでした。

そこには外から二階に行く階段がありました。でも階段は分厚い板で仕切られおり、そこから上には行けないようになってます。

周りも草がぼうぼうで伸びっぱなし。二階の窓から見える中の様子も何だか荒れてる様で、内心『帰ろうかな…』と思いました。

『まいったな…。こんなとこ絶対に人住んでないぞ!!』

内心そう思いながらも、とりあえずその家の隣にあるクリーニング屋で聞いて見る事にしました。

「すいません、この住所って隣の家で合ってます?」

と、クリーニング屋のおばちゃんに聞いてみると、

「あ~、この住所はここから斜向かいの○○さんの家だね」

「え、隣じゃないの?」

「何言ってんの、隣はずっと前から空家だよ」

「えっ、空家!?」

「そうよ。隣は1年前ぐらいから誰も住んでないわよ。二階にも上がれないでしょ?」

確かに二階には板張りが…。

俺はその時なんだか嫌な感じがしてきたのですが、仕事なので店に帰る事も出来ません。

取り敢えず住所の間違いも分かり、ほっとした俺はF君のいるワゴンへと戻り、 ドアを空けて中で待っているF君に事情を説明しました。

「だからね、間違いだったんだって♪ ほんとはここじゃなくて斜向かいの…あの家が○○さんの家だってさ!!」

ところが彼は俺の説明を不思議そうな顔で聞いてるだけでした。俺はどうして彼がそんな顔をするのか分からず、少し怖くなりました。

そして彼はとんでもない事を言い始めました。

「え、何言ってるの? お客の家ってそこの空家みたいなとこでしょ?」

「違うよ!ここから斜向かいのあそこの家だってよ」

「はあ? そんなはずないよ、だってお客さん待ってるよ?」

俺は『こいつ何言ってんだ?』と思ったけど黙っていました。

凄く嫌な感じがしたから。

「なんであそこがお客の家なの? 空家だよ?」

「だってねぇ、○○さん(俺の名前)、俺ずっとあの家見てたけど、さっきからおじいさんが二階の窓から俺達を見てたんだよ? カーテン越しにず~っと!!」

俺はそれを聞いて急いでエンジンをかけようとしました。

「馬鹿おめぇやべぇぞ!!あそこは二階には上がれねぇんだよ!!」

俺はもう怖くてセルも上手く回らないほど焦っていました。

でも、F君は

「何してんの? 居たんだって。早く行こうよ」

と俺を誘います。

もう怖くて怖くて急いでそこから離れ、斜向かいのお客さんの家に飛び込みました(仕方ないので仕事もキチンとしました)。

その間もF君は、

「ホントに俺らの事見てたんだって。あそこ人住んでんだよ」

と繰り返してました。

俺は何も聞こえないフリをして仕事を終えると、すぐに店に帰りました。未だにあそこに居たそのじいさんってのが誰だったのか判りません。

どうして最初にあの場所に行ったのかも…。

関連記事

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。 あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。 ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。 友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。 たまに立ち…

峠(フリー写真)

峠の廃村

俺はオフロードバイクでソロツーリングするのが趣味だ。連休にはよく一人で遠出する。 今年のお盆休みに、九州の南端を目指して三泊四日の予定でツーリングに出発した。 もちろん、…

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。 都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。 …

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。 数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。 気付けば深夜0時近く。連日…

六甲山の牛女

六甲山に出る牛女って知ってる? 実際それを見た人に話を聞いたよ。『牛女』にも色々種類あるらしいけどね。 走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で、車の後を…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。 無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。 入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

駅(フリー写真)

ホームの下の窪み

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。 当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。 喫煙場所でタ…

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。 父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。 父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

沖縄の夕日(フリー写真)

霊感のある生徒

これから話すのは高校の先生から聞いた話。 先生が初めて担任を持った時、いつも窓の外を見ている生徒が居たらしい。 その生徒が関わる幾つかの体験をお話します。 ※ まずは何…