二階の窓から

125049816478116415205_IMG_6344HDR

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。

お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。

そこは店からだいたい車で20分ほど南に行ったある一軒家で、俺は日にちを決めてそこへ伺う事になりました。

当日になって俺はもう一人の買取担当のF君とワゴンでその家に向かいました。でも、教えられた住所へ行ってみたんだけれど家が見つからない。

教えられた場所にはその家がありませんでした。

細かく説明すると、教えられた場所には空家があるだけで、仕方ないからその空家の向かいにある駐車場にワゴンを停めて俺一人でその空家を見に行きました。

その空家は長方形の建物で、下(一階)は何か店みたいな造りをしてたけど、シャッターが閉まっていて中の様子は見えませんでした。

そこには外から二階に行く階段がありました。でも階段は分厚い板で仕切られおり、そこから上には行けないようになってます。

周りも草がぼうぼうで伸びっぱなし。二階の窓から見える中の様子も何だか荒れてる様で、内心『帰ろうかな…』と思いました。

『まいったな…。こんなとこ絶対に人住んでないぞ!!』

内心そう思いながらも、とりあえずその家の隣にあるクリーニング屋で聞いて見る事にしました。

「すいません、この住所って隣の家で合ってます?」

と、クリーニング屋のおばちゃんに聞いてみると、

「あ~、この住所はここから斜向かいの○○さんの家だね」

「え、隣じゃないの?」

「何言ってんの、隣はずっと前から空家だよ」

「えっ、空家!?」

「そうよ。隣は1年前ぐらいから誰も住んでないわよ。二階にも上がれないでしょ?」

確かに二階には板張りが…。

俺はその時なんだか嫌な感じがしてきたのですが、仕事なので店に帰る事も出来ません。

取り敢えず住所の間違いも分かり、ほっとした俺はF君のいるワゴンへと戻り、 ドアを空けて中で待っているF君に事情を説明しました。

「だからね、間違いだったんだって♪ ほんとはここじゃなくて斜向かいの…あの家が○○さんの家だってさ!!」

ところが彼は俺の説明を不思議そうな顔で聞いてるだけでした。俺はどうして彼がそんな顔をするのか分からず、少し怖くなりました。

そして彼はとんでもない事を言い始めました。

「え、何言ってるの? お客の家ってそこの空家みたいなとこでしょ?」

「違うよ!ここから斜向かいのあそこの家だってよ」

「はあ? そんなはずないよ、だってお客さん待ってるよ?」

俺は『こいつ何言ってんだ?』と思ったけど黙っていました。

凄く嫌な感じがしたから。

「なんであそこがお客の家なの? 空家だよ?」

「だってねぇ、○○さん(俺の名前)、俺ずっとあの家見てたけど、さっきからおじいさんが二階の窓から俺達を見てたんだよ? カーテン越しにず~っと!!」

俺はそれを聞いて急いでエンジンをかけようとしました。

「馬鹿おめぇやべぇぞ!!あそこは二階には上がれねぇんだよ!!」

俺はもう怖くてセルも上手く回らないほど焦っていました。

でも、F君は

「何してんの? 居たんだって。早く行こうよ」

と俺を誘います。

もう怖くて怖くて急いでそこから離れ、斜向かいのお客さんの家に飛び込みました(仕方ないので仕事もキチンとしました)。

その間もF君は、

「ホントに俺らの事見てたんだって。あそこ人住んでんだよ」

と繰り返してました。

俺は何も聞こえないフリをして仕事を終えると、すぐに店に帰りました。未だにあそこに居たそのじいさんってのが誰だったのか判りません。

どうして最初にあの場所に行ったのかも…。

新築分譲

つたない文章になりますが、お話させて貰ってもよろしいでしょうか?自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話です。少し状況を整理したいので前置き…

トンネル(フリー写真)

トンネルの少女

二十数年生きて来て、心霊現象なんて体験したことはなかった。怖い話は好きだけど、そんなの実際には有り得ないと否定的だった。今は、肯定する気もないけど否定もできない。 ※…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。あれは確か冬の雨の日のことだった。…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

人が溺れてる

友達から聞いた話。夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

日本人形(フリー素材)

闇バイト

以前のバイト現場に、音楽の専門学校に通っている同僚のYさんが居ました。男性の年上の方で、生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちしていたそうです。 ※ ある日、Yさんが通っている…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

夜道(フリー素材)

映画監督の話

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。 ※ ある時、H氏はスランプに陥っていました。いくら悩んでも…

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…