右腕と右足

公開日: 本当にあった怖い話

IMG_0006-4409a

自分がまだ中学生だった数年前に、近所の古本屋で漫画の単行本を数冊買って帰ったんです。

その時はある漫画のシリーズを5〜8巻まで通しで買ったので、家に帰って旧いのから順番に読み始めました。

それで2冊を普通に読み終わり、3冊目を手に取ってペラペラ捲っている内に、段々と怖くなってきました。

その本を持っているのも嫌になり、中学生の時からしたら結構遅い時間(夜中の0時近く)だったにも関わらず、家を出てその本を近所の公園に速攻で捨てに行きました。

何故急に怖くなったのかと言うと、漫画でも小説でもああいうカバーが付いてる単行本って、まず開くと目次とかの前にまず何も無いとこがありますよね。

右側にカバーが引っ掛かっていて、その何も無いスペースに変な事が書いてあったんです。

初めの単行本を開いたところに、

「痛い嫌だ信じられない嘘だ信じられない嘘だ痛いもう嫌だ嘘だ眠い嫌だ信じたくない眠い嫌だ痛い眠い嫌だ眠い…」

って延々と。

その時点で『うわ、気持ちわる』とか思ったんですけど、まあ前に持ってたやつの悪戯だろうと思って大して気にせずに読み始めたのですが…。

漫画の中の登場人物というか、全ての人間の右腕と右足が、黒のマジックで真っ黒に塗り潰してあったんです。

関連記事

コンサートホール

某コンサートホール

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。その時の体験を話そうと思います。初めに気が付いたのは、来客総数を試算するチケット・チェックの場所でした。私たちはもぎった…

丹沢湖の女

去年の夏に職場の仲間4人と丹沢湖へ行った。車で行き、貸しキャンプ場をベースにして釣りとハイク程度の山歩きが目的。奇妙な体験をしたのは3泊4日の3日目だったはず。…

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

ワイン倉庫(フリー素材)

海外ホテルの心霊体験

20年くらい前かな。俺がフリーターをやっていた頃の話なんだけど、その当時ヨーロッパの方へ海外旅行に行ったんだよ。観光目的ではなく労働者ビザを取って2年くらい居たのかなあ…。 …

黒いモノ

2年前の話をします。当時は高校二年生で父と母が色々揉めて離婚に差し掛かってるところだった。父は酒癖が悪いけど一応仕事はちゃんとやっていたし、どちらかというと頭がよく回転…

心理テスト

「心理テスト」というと、簡単に性格などを判断できる手段として、馴染みあるものだ。しかし、それは時として犯罪者の精神鑑定で用いられる場合もあるという。そこで、実際に犯罪者…

杉沢村

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

秘密基地

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。そこには面白い物やまだ使えそうな物が…

不気味な唄

何かの雑誌の投稿で読んだ話で、もう随分前のことです。まだMDすらなく、CDからカセットへ録音してウォークマンで聴いていた頃の話です。その女性(Aさん)は当時中学生くらい…