お経の声

公開日: 本当にあった怖い話 | 長編

夜の林(フリー写真)

大学時代の話。実話です。

俺が通っていた大学の近くに自殺の名所があった。

林を暫く入った所にある滝(以下S滝)だ。

自殺の名所と言っても、景色も良く街からそんなに遠くないのもあって、夏場は親子連れも多く遊びに来ていたし、俺もよく涼みに行っていた。

蒸し暑いある夏の夜。

俺はサークル仲間数人と自室で酒を飲みながら定番の怪談話に興じていた。

知人の知人が霊感があって…とか、まあどこかで聞いたようなよくある話だ。

俺ともう一人の友人(以下K太)は二人ともオカルトネタにはかなり精通していたので、正直言ってかなり退屈していた。

急にK太が「S滝に肝試しに行こう」と言い出した。

俺と一人の女友達(以下A子)は「いいねぇ~!」とノリノリだったのだが、他のメンバーはあまり乗り気ではないようだ。

ビビっていると言うより、酔っている中わざわざ外に出るのが面倒のようだ。

仕方がないので肝試し組と飲み組に分かれることにし、肝試し組は俺、K太、A子の3人になった。

懐中電灯を一本持ち「みやげ話、期待してろよ」と言い残して部屋を出た。

S滝は歩いて30分くらいの距離だが、面倒だったのでタクシーを拾った。

林の前でタクシーを降り、そこから歩き始める。

「うわ、真っ暗…」

A子が呟いた。

照明の一つも無く、空は曇っていて月明かりも差していない。

「これは怖いですよ(笑)」

と3人ではしゃぎながら林の中に入って行った。

懐中電灯は一本しかなかったので、K太とA子は携帯のフォトライトで道を照らして歩いた。

夜に訪れたのは初めてだったが、道が割ときちんと舗装されているためか、思ったより怖くはなかった。

こりゃあ楽勝だなと思い始めた頃に、滝の流れる音が聞こえてきた。

蒸し暑い空気の中で涼しい風も流れてくる。

その時、A子が「ひっ」と小さい悲鳴を上げた。

俺たちの右前方には、地蔵の大群が並んでいた。

こけし程度のサイズの地蔵が百体近く、皆一様に笑みを浮かべている。

A子は道を明かりで照らそうと下ばかり見ていたところ、いきなり視界に入ってきたので驚いたらしい。

「そう言えば、あったな、こんなの…」

昼間見ても特にどうと言うものでもないが、闇の中、頼りない明かりで浮かび上がる大量の地蔵は流石に不気味だ。

「やっと肝試しらしくなってきたじゃん」

俺が更に先に進もうとした時、K太が俺の服の裾を不意に掴んだ。

何だか不安げな顔でこちらを見ている。

「どうした? ビビった?」

俺がからかうように言うと、K太は「しっ」と口に人差し指を当て、

「何か、聞こえね?」

と一言。

何か…? 何かって何だ。

こいつのことだから、俺たちを怖がらせようと演出で言っているのだと思った。

しかし、K太の顔は真剣そのものだ。

俺とA子は首を傾げながら黙って周りの音に集中してみた。

滝の音しか聞こえない…いや…滝の音に混ざって何か、低い音が…確かに聞こえる。

「これ…お経?」

A子が口パクで俺に確認を求めてきた。

確かに、お経だ。しかも何人もの声が重なっているように聞こえる。

ゾクリ、と背中から体中が寒くなった。

K太は蚊の鳴くような小さな声で、

「そう言えば俺、聞いたことあるかも…」

とぽつり。

「S滝の近くに、妙な宗教団体が最近居座ってるって…マジだったのかな」

おいおい、そりゃ幽霊なんかより洒落にならんって…。

するとA子が、

「何か…私気分悪くなってきた…引き返そ? ね?」

と、これまた小さな声で言ってきた。

見ると顔は真っ青で、若干震えているようだった。

K太と目を合わせお互い小さく頷いて、俺たちは引き返すことにした。

帰り道、A子の様子がどこかおかしいのに気付いた。

妙に早足なのだ。

気分が悪いと言っていた割には、競歩でもしているかのように、スタスタと歩いている。

俺らが置いて行かれそうだ。

「おい、A子…?」

俺が話し掛けると同時に、A子は凄い勢いで走り出した!

俺とK太は訳が解らず、A子を必死で追いかけた。

A子は物凄く速かった。男の俺たちがなかなか追い付けなかったのだ。

林の出口でやっと俺たちが追い付いた時、A子はヘナヘナと崩れ落ち、今度は大声で泣き出した。

俺たちはいよいよ訳が解らなくなり、ただA子の周りでオロオロするしかなかった。

A子はひとしきり泣いた後、やっと落ち着きを取り戻し、ぽつりぽつり話し始めた。

「さっきのお地蔵さんの所で、お経が聞こえてきた時にね、林の中に何となく目をやったら…。

白っぽい服を着た人が、私たちを取り囲んでたの…一人や二人じゃないよ?

二十人は軽く居たと思う…」

「マジかよ…」

俺とK太は言葉を失った。もう肝試しどころじゃない。早く帰ろう。

俺たちが立ち上がろうとした時…。

俺たちがさっき歩いて来た道から、今度ははっきりと何十人ものお経の声と、ザッザッとこちらに向かって来る足音が聞こえてきた。

俺たちは各々声にならない悲鳴を上げながら死に物狂いでその場から逃げ延びた。

俺にとっては今まで生きてきた中で一番怖い思い出。

あれが怪しい宗教の人間だったのか、自殺した幽霊の集団だったのかは判らない。知りたくもない。

例え昼間でももう二度とあそこには近付きたくない。

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

書斎(フリー写真)

電話を切りなさい

会社の先輩(女性)が学生の頃に体験した話。学校から帰ってみると、家に誰も居なかった。先輩は特に気にすることもなく、父親の三畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべり…

紅葉狩り

俺が大学時代の20年以上前の話。友達がワンボックスの車を買って貰ったとかで、仲の良い女の子達も誘って紅葉狩りに行ったんだ。山奥で湖があって山道を歩くような所なんだけど、…

神降ろし(長編)

2年くらい前の、個人的には洒落にならなかった話。大学生になって初めての夏が近づいてきた金曜日頃のこと。人生の中で最もモラトリアムを謳歌する大学生といえど障害はある。そう前期試験…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

廃病院

廃病院での心霊体験

まだ俺が大学に居た頃だから、もう2、3年前になると思う。田舎を出て県外の大学に通っていた俺に、実家から「婆ちゃんが倒れた」と電話があった。昔から色々と面倒を見てくれてい…

村

祟り神

中学生の頃に祖父から聞いた話。俺の地元の山には神主も居ない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。大半…