白金にまつわる話

ホテル日航福岡部屋

知る人ぞ知る港区の白金トンネル。幽霊が出るという有名な場所だ。

この間、叔父さんから聞いた話。

都内で小さな商店を持ってる叔父さんは、その夜店も終わり、仕事関係の人に持って行く物があったので、車で五反田に向かった。

途中、いきなり尿意をもよおしたが我慢していた。とうとう我慢できなくなり、白金トンネルの近くで車を停め、東大の研究所の裏あたりの藪の中に入って行った。

俺なら行かないけどね。東大の研究所ってものすごく広くて、確か昼間は植物園ってことで一般の人も入れてたと思う。

周りはずっと金網で囲われてて、鬱蒼としていて、昼でもちょっと怖い。で、まあ、叔父さんは人目を避けて、藪の中で用を足してたわけだ。

ほーっとしていると、足元でかさかさ音がする。まさか蛇じゃないだろうなと、さっと緊張したが、見ると何かが動いている。

暗くてすぐには分からなかったが、よく見てみると、マンホールの蓋ぐらいのでっかいコマがぐるぐる回っていたと言う。

模様というか、柄がなんとも古臭いコマだ。

「!!!!?」

叔父さんは物凄い恐怖心に襲われ、一目散で車に戻り、仕事も忘れ家にすっ飛んで帰ったそうだ。

その話を聞いて、俺は「それってUFOなんじゃない?」って言ったんだけど、「いや、あれは間違いなくコマだった」って。

でも、どうして…。

調べると、江戸時代にあそこら辺一帯が処刑場だったということは分かった。

そのことを正月に友人に喋ったら、「そうか…」って黙り込んじゃった。

なんでも、白金の有名な「Mホテル」に彼女と泊まった時に、とんでもない経験をしたというのだ。

そいつが彼女とメシを食って、青山のクラブで遊んだ後、その「Mホテル」に泊まった。

まあ、Hしてそのまま寝たわけだな。すると、夜中にそいつはふと目が覚めた。

何か音がする。

寝ぼけた目で辺りを窺うと、洗面場で誰かが手を洗ってるような気配がする。

頭だけ起こして洗面場の方を見ると、曇りガラス越しに人の影が見えた。

そいつはとっさに、誰かが部屋を間違えて入って来たに違いないと思った。

しかし、鍵をロックしたことを思い出し、とたんに恐怖心に襲われた。瞬間、金縛りになってしまった。

隣の彼女を起こそうとしたが、体が動かず、声も出ない。

すると、部屋の隅の方で視線を感じた。

目だけ動かしてそっちを見ると、そこにはざんばら髪の落ち武者の首が浮かんでた。

口の端から血を流し、目は真っ赤に充血している。

「ギャーッ!」

心の中で叫び声を上げると、その首がビューッと自分の方へ近づいてきた。

そして、目の前でピタリと止まり、

「おのれええ」

といったという。

そいつはそのまま失神してしまった。

翌朝、目が覚めると速攻でチェックアウトしたと言う。

彼女には何も話さなかったそうだ。そいつは今でもその首が頭にこびりついて離れないといっていた。

以上、白金にまつわる俺が聞いた話。くれぐれも白金の「Mホテル」には行かないように…。

居座る住居人

会社員だった頃は不動産会社に勤めていたので、こういう話は割と日常茶飯事でした。会社で買った中古住宅を解体していたら白骨が出てきたりとか、競売で落とした物件の立ち退き交渉に行った…

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルの調査

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。…

笑う女

旅先で知り合ったアニキに聞かせてもらった話。このアニキが昔、長野と岐阜の県境辺りを旅していた頃、山間の小さな集落を通りかかった。陽も暮れ掛けて夕焼け空に照らされた小さい…

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

車のテールランプ(フリー写真)

白装束の女性

初めて変な経験をしたのが5歳の頃。もう30年以上前の話をしてみる。父親は離婚のため居らず、六畳一間のアパートに母親と二人暮らしだった。風呂が無く、毎晩近所の銭湯に行って…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…