有名な幽霊ホテル

ホテルの部屋(フリー写真)

知り合いの女性から聞いた話。

道後温泉の奥手にあるO道後温泉。幽霊が出るホテルがあることで、とても有名な場所。

そこのK館の50X号室に、彼女ともう一人の女性が泊まることになった。

そのもう一人の女性というのがどうも霊感があるとのことで、到着時からやたらとビビりまくっていたらしい。

「怖いから私と一緒に寝て!!」

とのことで、二人一緒の部屋になったそうだ。

だったらホテルを変えたら良いじゃないかという話なのだけど…。二人ともツアー会社のスタッフとして行ったので、仕方が無かったらしい。

それに、ビビる様子の二人に対し、フロント係はこう一喝したそうだ。

「事実無根のことで騒ぐと、名誉毀損で訴えますよ!!」

さて、その晩のこと。

知り合いの方の女性のベッドに異変が起きた。

「がたがたがたがた…」

最初は地震かと思ったそうだ。激しい揺れを感じて目が覚めた。

見ると、自分の横たわるベッドの周りを、十人程の人が囲んでいる。

青いうつろな顔をした男、ボサボサ頭の女性、カッと目を見開いた女性。

続いて彼らは、彼女の肩や四肢を掴み、力任せに引っ張った。

「痛い痛い痛い!!やめて~~!!」

あと僅かでベッドから引きずり降ろされるところだった。

気付くと、頭と足の位置が180度入れ替わっていたそうだ。

一緒に居た女性が、先程の様子を気に掛けて声を掛けた。

彼女も起きていたのだが、あまりの異常さに恐ろしくて動けなかったらしい。

「ね、ねえ、一体何があったの?」

「私のベッドの周りを十人程の青い顔した人たちが取り囲んで…」

「やめて~~~!!!」

実際に見たことのある人は数知れないにも関わらず「事実無根」と言い張る営業サイド。

閉館をせず営業し続けるのは根性と言える。

事実、出ると噂の3階のフロアには、一般の客室であるにも関わらず『リネン室』のプレートが掛けられている。

近くに斎場があり、霊の通り道になっているという噂や、元々病院だった建物を取り壊さずに改装して使っているとの話も聞く。

関連記事

飢饉があった村(長編)

俺の実家、岩手県のとある地方なんだけどさ、毎年帰省するんだけどね。よく田舎って「本家」みたいなのがあるのは分かるかな? その一族の本家っていうかさ、要は親戚縁者を統括する家みたい…

前世

僕が15才だったとき、3才の妹が洗面台に置いてあった緑色の除光液を、マウスウォッシュだと間違えて飲んでしまったんだ。 すぐに近所の薬局の人に、誤飲用の薬を持ってきてもらって、妹に…

窓(フリー写真)

死んだ街

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。 1年生の授業で、 『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。 ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。 辺りも薄暗くなってき…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、 「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。 東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

廃墟(フリー写真)

廃病院での肝試し

会社の先輩のIさんに聞いた話。 先輩が大学一年の時に、仲の良いサークル仲間四人で肝試しに行くことになった。 市街地から少し離れた所にある廃病院。お化けが出ると結構有名な所だ…

小さな手

学校に付き物の怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 わたしが転勤した学校での話です。 美術を教えているわたしは、作家活動として自ら油絵も描いていました。 住まいは…

自殺団地(長編)

高校時代、俺は10階建ての団地の10階に住んでいた。 その団地は凄く有名で、別名が「ヤンキー団地」とか「自殺団地」とあまり良い名前がついてなかった。 団地は10階建てと13…

逆拍手

1999年当時のニュース 柳原尋美さん、緊張性気胸による急性心不全ため死去。車の下敷きに。 23日にデビューを控えていた女性3人組新ユニット『カントリー娘。』のメンバー、柳…