有名な幽霊ホテル

ホテルの部屋(フリー写真)

知り合いの女性から聞いた話。

道後温泉の奥手にあるO道後温泉。幽霊が出るホテルがあることで、とても有名な場所。

そこのK館の50X号室に、彼女ともう一人の女性が泊まることになった。

そのもう一人の女性というのがどうも霊感があるとのことで、到着時からやたらとビビりまくっていたらしい。

「怖いから私と一緒に寝て!!」

とのことで、二人一緒の部屋になったそうだ。

だったらホテルを変えたら良いじゃないかという話なのだけど…。二人ともツアー会社のスタッフとして行ったので、仕方が無かったらしい。

それに、ビビる様子の二人に対し、フロント係はこう一喝したそうだ。

「事実無根のことで騒ぐと、名誉毀損で訴えますよ!!」

さて、その晩のこと。

知り合いの方の女性のベッドに異変が起きた。

「がたがたがたがた…」

最初は地震かと思ったそうだ。激しい揺れを感じて目が覚めた。

見ると、自分の横たわるベッドの周りを、十人程の人が囲んでいる。

青いうつろな顔をした男、ボサボサ頭の女性、カッと目を見開いた女性。

続いて彼らは、彼女の肩や四肢を掴み、力任せに引っ張った。

「痛い痛い痛い!!やめて~~!!」

あと僅かでベッドから引きずり降ろされるところだった。

気付くと、頭と足の位置が180度入れ替わっていたそうだ。

一緒に居た女性が、先程の様子を気に掛けて声を掛けた。

彼女も起きていたのだが、あまりの異常さに恐ろしくて動けなかったらしい。

「ね、ねえ、一体何があったの?」

「私のベッドの周りを十人程の青い顔した人たちが取り囲んで…」

「やめて~~~!!!」

実際に見たことのある人は数知れないにも関わらず「事実無根」と言い張る営業サイド。

閉館をせず営業し続けるのは根性と言える。

事実、出ると噂の3階のフロアには、一般の客室であるにも関わらず『リネン室』のプレートが掛けられている。

近くに斎場があり、霊の通り道になっているという噂や、元々病院だった建物を取り壊さずに改装して使っているとの話も聞く。

関連記事

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。 当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。 市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。 都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。 …

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。 のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。 私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

真っ黒い影

まだ私が高校生だったころ、町に不思議な家があったの。 見た目は普通の家なんだけど、その家に引っ越してくる人たちは、どの人もすぐに出ていてしまっていて、6ヶ月以上続けて住んだ人はい…

外でお経を読むこと

一応これでも修験道の行者をやっています。お寺と師弟関係を結び、京都にある某本山で僧籍を持っています。 そんな私が駆け出しの頃に体験した怖い話です。 やはり修行をしていますと…

隣の女子大生

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。 ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。 当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろ…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。 自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

木の杭

俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業をやってる時にふと気になったことがあって、それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。 農作業でビニールシートを固定したりする時などに、木の杭…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。 友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…