落ちるおじさん

公開日: 心霊体験

オフィスビルの窓(フリー写真)

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。

友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが、勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。

偶に立ち入る旧館の方は、零感の自分でもちょっと薄気味悪い感じすらします。

そして定番の、誰も居ない部屋からナースコール、外に誰も居ないのにドアをノックされる、勝手に開く自動ドアなど、妙なことも数回経験しました。

食事の途中で、「病院って本当にそんなことあるんだねー」と何気なく話題に出したのです。

そしたらその友人も、「自分の会社にもそういう事がある」と聞かせてくれたのが以下の話です。

「あのね、窓の外をおじさんが落ちるの」

私は「…え?」と聞き返しました。

「会社が入ってるフロアがビルの14階なんだけど、その窓から真っ逆さまに落ちて行くおじさんが見えるんだよ。しかも定期的に。

私就職して半年ぐらいだけど、その間に3回あったかな」

「ええぇ……。それって、自殺した人が死んでると気付かずに何回も飛び降りてるとか、そういう……?」

「ううん。何年か前に、窓拭きのおじさんが事故で落ちて亡くなったらしいの。

落ちる時はいつも同じ青い作業服姿で、落ちる窓も同じだし。

私は直接見えない側のフロアだから良いけど、隣の会社の人がちょくちょく見ちゃうらしくて。新人さんとかはかなりびっくりするみたい。

落ちるのが見えたら、一応下を確認して管理会社に連絡するんだけど、まあ何もないよね。

本当に誰か落ちてたら、それはそれで嫌だし」

「絶対嫌だ……私そんな会社なら間違いなく辞める」

「うん、結構辞める人多いみたい。

仕事もハードだから、40代とか50代の人がいきなり亡くなったりするしね。心臓とか癌とかで」

『それって本当に病気のせいだけなのか?』と聞きたかったのですが、やめておきました。

友人は「勝手に開く自動ドアとか、そっちの方が怖いし!」と言っていましたが、個人的には絶対に『落ちるおじさん』の方が怖いと思います…。

関連記事

生き人形

呪いの生き人形。稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…

心霊スポット巡り

今から約10年くらい前の話だ。当時俺は大学2年で、夏休みに田舎に帰省していたんだ。俺の田舎は観光地ではあったが、地元民向けの遊びスポットって少なかったんだよね。夜に遊ぶ…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…

ビーチ(フリー写真)

楽しそうな笑み

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んで…

不気味なタクシー運転手

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。ちょ…

霊感テスト

自分自身に霊感が備わっていながら、それに気が付いていない人も意外と多い。あなたには霊感があるだろうか?今回はそんな霊感をチェックするための簡単なテストをご紹介しよう。は…

窓ガラス(フリー写真)

お通夜を覗く女性

15年程前、不思議な体験をしました。当時は福井の田舎に住んでおり、高校生の僕は、友人の母親のお通夜へ行きました。崖崩れか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。 …

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。もう20年も前の夏のことです。私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…