見つけて…、お願い…

20131209222901870

これはもう25年以上も前ですが、実際に体験した話です。

元々ある場所に起因する話なのですが、当時私が高校2年から3年へ上がる春休み中に、その事は起こりました。

そのある場所というのは、大阪経済・金融の中心地、北浜・天満橋界隈。

正確にはそこを流れる大川にかかる天満橋と、堂島川、土佐堀川と中之島公園で二分される場所です。

3月のある日、友人の母親から一本の電話がありました。

友人の母「斉藤(私・偽名)くん、うちの健二(友人・偽名)と、昨日一緒じゃなかった?」

私「昨日は一緒やないですよ」

などと素っ気ない遣り取りのようですが、彼を含め友達数人とよくつるんでいたこともあり、そういった電話もたまにあったので、特に疑問にも感じませんでした。

ですが、一晩帰っていないということもあり、他の友人たちに電話で確認したところ、同様の電話が健二の母からあったようです。

私同様、当日は誰も健二とは会っていないとのことでした。

結局、心配になった母親はその日の夜、地元の警察に捜索願を出し、息子の無事を祈っておりました。

しかし、翌日になって地元ではなく大阪市内の東警察署から電話があり、その内容が「2日ほど前、管轄の川で飛び込みがあったようで、その時の遺留物があるので、一度確認に来ていただけないか」といったもの。

電話を受けた健二の母としては、まさかと思いつつも確認を行うことに。

警察で見せてもらった遺留物というのはスニーカーで、中には同様に脱いだ靴下も入っており、それは天満橋のちょうど真ん中辺りに綺麗に揃えて脱いであったとのこと。

その際、遺書は見つかってはいないものの、状況的に飛び込んだ可能性が強いというものでした。

スニーカー自体どこにでも売っている平凡なものですが、確かに健二が履いていたものにもあったため、一度帰って確認をすることに。

その時、担当の警察官からは「周辺の聞き込みも行っておりますが、目撃者については現在見つかっておらず、飛び込んだものとも、どこかへ失踪したものとも一概には申し上げられません」との返答。

取り敢えず帰って下駄箱を探すと、同様の靴は無く、居なくなった当日に履いていた確率が非常に高くなったこともあり、状況報告を担当警察へ連絡することに。

当然母親としては飛び込んだとは考えたくなかったのですが、電話越しに担当の方は「大変申し上げにくいのですが、ご希望があるようでしたら、万が一の場合を考え、川をさらいます」とのこと。

更に補足的に「時間が経つと発見が非常に困難になる場合があるため、早目の決断をしていただきたい」と…。

翌日、心配して健二の家を訪ねた私を含め、健二の母親は友人たちにここまでの経過を話してくれました。

その帰り道、私を含めた友人の間でも、まさかあいつがそんなことするなんて信じられないとの思いから「多分2、3日したら帰ってるで」などと、希望的観測で話をしていたのです。

しかし彼が帰って来なくなってから一週間が経ち、いよいよ川をさらう作業を行うことに…。

その連絡を受け、健二の家族と私含め仲の良かった友人3人で現場に行くことになりました。

現場には警察関係者および地区の消防団の方々が居り、結構な人数での探索となりました。

ダイバーなどは居らず、カギの付いたロープを岸と船から投げては引っ張るといったものでした。

皆一生懸命順々にロープを投げては引く姿を見ながら、正直私たちはとても複雑な気持ちで作業に参加しておりました。

余談ですが、作業をしていた地元消防の方に聞いた話では、ここらは身投げする人が多く、しかもなかなか遺体が見つからないそうなのです。

結局、その日は大量のゴミが引き上げられただけで、彼の存在および、それを確認できるものについては見つけることができませんでした。

反面、ほっとしたような、でももし居るのなら早く見つけてあげたいような、何とも言えない気分で皆その日は帰ることとなりました。

その日から3日間捜索は続けられたのですが、私たちが参加したのは最初の1日目のみで、以降は家族だけが手伝いに行くこととなりました。

結局、捜索では結果は出ず、ひとまず打ち切りという形となり、以降は警察からの連絡を待っていて欲しいと言われ引き上げることになったそうです。

捜索初日同様、私たちも家族も『きっと、まだ生きてる』と不安を希望に変え過ごすことになると思われたのですが…。

その夜に、不可解なことが起こりました。

家族の元へ電話がかかり、健二の母親は直感的に健二からだと思い受話器を取ると、しばらくの沈黙の後、

「見つけて…、お願い…」

とだけ聞こえると切れてしまいました。

母親は、きっとどこかにいて、今更恥ずかしくて帰ってくることができず、探してくれるのを待っていると思っていたようなのですが、その電話がかかってきたのとほぼ同時刻と思われるタイミングで、私と友人宅にも全く同様の電話がかかってきていたのでした。

実際私も不安はあるものの、健二の母親同様、絶対どこかに居るんだと思っておりましたが、電話のあった直後の友人や健二宅への確認を行うことで、希望より不安、そしてその確認でほぼ同時の電話であったことに不自然な感じが否めなくなったのです。

また、その健二からと思われる電話を受けた1時間後くらいに、一緒に捜索に参加した友人の1人から電話がかかってきたのです。

その電話の内容というのが、その友人の知り合いにとても霊感の強いおばさんがおり、普段さして連絡を取り合っているわけでもないのに電話がかかってきたとのことです。

開口一番「達彦(友人B・偽名)、あんたの知り合いでこんな子いてないか?」と、失踪した友人と特徴のよく似た人物像を達彦に説明を始め、詳しく聞いてみると、ちょうど健二が失踪した翌日の夜中からそのおばさんの枕元に、当時の私たちくらいの年頃の男の子が立つようになったそうです。

そのおばさん曰く、以前からもよくそういったことがあったため、特に気に留めることもなく過ごしていたようなのですが、その日以降毎晩居ることと、日に日にその表情が険しく、そして何かを訴えたいという思いが伝わってきたそうで、胸騒ぎがして電話をくれたそうです。

また、その彼がとても良くない状態に向かいつつあるのだそうで、一刻も早く見つけてあげないとと伝えてきたので、私たちだけでもう一度現場の捜索(実際には捜索と言うよりも、そのおばさんがもう少し詳しいことを知りたいというのと、ある程度の場所を特定できればとの思いで)に行くことになりました。

翌日の夜、おばさん宅へ友人と一緒に向かい、そこからタクシーに乗って現場へと向かうことになりました。

そのタクシーの中で、現場についての話をしてくれました。

その場所を含め、大阪市内は戦時中に空襲を受け沢山の人が亡くなっており、おびただしい数の人たちでその川面を埋め尽くすくらいになっていたそうです。

そういった無念にも亡くなった人たちの思いや怨念がその場所には渦巻いており、話によるとそういった怨念は沢山折り重なり一つの大きなものとなるのだそうです。

仮にそれを怨霊という言い方をするのなら、それら怨霊が個々の霊の無念を扇動し、同様の無念を現世の人間にも味合わせる(自分たちの仲間とする)ことだけが目的となり彷徨うのだそうです。

その話からも、健二自身最初から死のうという気持ちが強かったわけではないにも関わらず、そういった怨霊に導かれたのだと説明していただきました。

なので自分自身に悩みがあったり鬱な気持ちになっている時には、間違ってもここへは近づくなと言われました。

また、こういう目的で来る時は絶対持っていなさいと言い、折り紙に小分けした塩を持たせてくれて、「何かいやな感じがしたら、その塩を足下と自分にかけなさい」と注意を受けました。

そういった話の中、現場から一本西側の、天神橋へ到着。

橋の袂でタクシーを降り、そこから現場の天満橋へと向かう予定だったのですが、タクシーを降りるなり、おばさんはそのまま天神橋を渡り始めようとしました。

私たちは『何か考えがあってのことなのかな?』と思いつつ成り行きを見ていました。

しかし、それにしては異様なくらい早足で橋の中央へと向かってくため「おばさん!どこいくの?」と慌てて声をかけながら近付いたのですが、一向に返事は無いので少し不安に感じ、肩に手をかけ引き留めようとしたのです。

ところが「離せ!」と、さっきのおばさんではない、とても野太い男性のような声で一蹴され、物凄い力で肩にかけた手を振りほどかれました。

これはやばいと思い、慌てて後ろから羽交い締めにし、抱き止めようとしたのですが、

「”$#%&’(人の名前のようだったが聞き取れなかった)が待ってる!!離せ!」と、抱きついた私をものともせず引き摺ったままどんどん橋の中央へと向かっているのを、ようやく3人がかりで止めることができました。

しかし、相変わらず不可解な名前を叫びながら歩みを止めようとはしませんでした。

私たちはパニックになりながら、おばさんを正気に戻そうと必死に声をかけたり、背中を叩いたり、さっきの塩をおばさんにかけ(もう、投げつけるくらいの勢いで)たりしておりました。

しばらくの間続けていると、弱々しい声で「もう、だいじょうぶ」と返事があったので、我々も手を止めしばらくおばさんの様子を窺っていました。

「おおきに、あんたらが必死で止めてくれんかったら、私も健二君の二の舞やったわ」と 話したのを聞き、皆青ざめてしまいました。

それ程ここにいる怨霊は強い力を持っており、本来心に隙がある場合に入って来られるようなのですが、霊感の強い人というのはどうもその霊感の強さが諸刃の剣となるようで、精神状態如何によらず、非常に接触しやすいとのこと(それだけに十分気を張っていないと通常の人より危険なのだそうだ)。

更に事情を聞いてみると、どうやら我々が来たこととその目的が判ったらしく、健二を見つけさせたくないのだとおばさんは説明してくれました。

まさにタクシーの中で話してくれた怨霊たちが邪魔をしているのだそうで、先日の捜索時などにも影響していたのだそうです。

さすがにこんなことがあったので今日は諦めて帰るのかなと思ったのですが、おばさん曰く、健二がこのままでは同様に怨霊の仲間になってしまうとのことで、せめて場所だけでも特定したいと続行することになり、その場で各々が塩を振り、残りを手に握りしめながら、そのまま天神橋の中央から中之島公園へと向かうことにしました。

おばさん曰く、まだ場所は特定できないが、どうも公園より下流にいる気がするとのこと(この公園はホームレスの方たちも多く、余り良い噂もないので気味の良いところではないのです)。

皆で公園へと降りる階段を下って行きました。

そこから東側は公園の突端となっているのでそちらへは行かず、そのまま橋の下をくぐり西南側の川縁へと出ようとしたのですが、その時におばさんが小声で「早くくぐり」と言い、皆そそくさと橋の下を抜けようとしました。

その時、橋脚の方から

「ふふふっ」

と、くぐもった笑い声が聞こえてきました。

皆も聞こえたようで、背中に冷や汗をかきながら小走りに橋を抜け切ると、今度は明らかに私たちに向かって

「帰れ!」

と、冷静に叫ばれました(口調は冷静ですが、とても大きな声で)。

皆びくっとしながら声のする方を見ると、全身黒ずくめの老人(暗くてあまりよく見えないが、顔の輪郭だけがやけにはっきりと見えた)が立っていたので、てっきりホームレスだと思い込み、友人共々少し安心したのですが、振り返ると同時に、皆にかぶさるようにしておばさんが

「あれは死神やからもう見たらあかん」と言い、続けざま

「あれと、目おうてないやろな?」と、言われました。

皆口を揃え「おうてない、おうてない」と言い、少しそこから離れました。

あれも先程の怨霊の一つだそうで、あそこに居る人たちで心に隙のある人を見つけては仲間にするためにあそこに居るのだそうです。

続けざまにそういった事が起こったこともあり、おばさんとしても我々のことが気がかりだったらしく、

「もう、今日はやめとこ、改めて私だけで見に来るわ」と結局捜索は断念し、そのまま公園を西へ進み難波橋から公園を後にして、行き同様タクシーを拾っておばさんの家へと向かいました。

その帰りのタクシーの中で、同行した友人の中の一人が「あんた、さっきの死神の目みたやろ」と言われ、その友人が少し後ろめたげに「うん」と頷きました。

「やっぱり」と、おばさん。

その場を離れた私たちは何も感じなかったのですが、おばさんにははっきりとその死神がその友人にかなり強い興味を抱いているのを感じたそうで、切り上げる決断をしたんだそうです。

おばさんの家に着くと、先の友人は「あんた、上着脱いでみ」と言われ、皆それまで気付いていなかったのですが、脱いだ上着の左肩部分にぼんやりと、単なる汚れとは言い難い黒い手形がついておりました。

「見てみ、これでわかったやろ。あんたは二度とあそこには近づいたらあかんよ」と強く念押しされました。

「上着もお祓いしとくから、おいとき」と言われ置いて行くことに。

それから友人共々、しっかりとおばさんにお祓いをしていただき、その日は帰ることになりました。

体験談としてはここまでなのですが、後日談として…。

その後、おばさんから経過の連絡も来ず、状況も変わらないまま1ヶ月が過ぎようとしていました。

そして健二が失踪して約1ヶ月後に、捜索した現場からそれほど離れていない道頓堀川(中之島公園の突端から下流へ100メートル程の所から南へと分岐)で遺体が見つかりました。

ほっとしたような、とても残念な気持ちでようやく供養をしてあげることとなりました。

そのことをおばさんに報告すべく友人の達彦が電話をかけたのですが、一向に電話に出る様子はないのでおかしく思い、達彦は両親におばさんと連絡が取れないと相談したところ、両親がそのおばさんの姉に連絡を取ってくれることに。

すると、あの日以来入院しているとのこと。

原因については、詳しいことは判っておらず、連絡のつかないおばさんの姉が家を訪ねた時に異変に気付き、救急車で入院することになったそうです。

その話を聞き慌てた私たちはおばさんの見舞いに行ったのですが、入院時からずっと昏睡状態で話もできない状態でした。

そして翌日には息を引き取ったらしく、その連絡だけを達彦から彼の両親を通して聞きました。

死因やその他詳しいことについては、殆ど判りませんでした。

以上が話の全てです。

おばさんの死とあの出来事に因果があるのかどうかは、我々では分かりません。

しかし、もしおばさんがいなければ我々自身が同じ目に遭ったのかもしれないという恐怖だけは感じました。

後記として。

飛び込んだ時の状況は、お昼過ぎまで雨が降っていて多少河川が増水していたが、流された先には公園の突端があるので、上がることも十分可能ではなかったのか?

また、飛び込んだ時及びその直前・直後に至る目撃証言は一切無く、残された靴のみが発見されたこと(橋を徒歩で渡る人はあまり多くないと思われるが、交通量は多く沢山の車が通行しているので、多少の目撃証言はない方がおかしいと警察の担当者も話していた)。

最後に、彼らの仲間になる前に解放されたのか否かについては知る由もありませんが、友人たちとしっかり供養させていただいたので、安らかに成仏していると思っております。

おばさんも安らかにお眠りください。

関連記事

青い花(フリー写真)

人が増える霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。 …

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。本命は猪なんだけど、…

大事な妹

小4の時の話。Tちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるよく解らない難しい病気で、入退院を繰り返していた。家に遊びに行くとたまにお姉さんもいて、挨拶くらいはしたこと…

サイパン(フリー画像)

サイパンに残された日本兵

十数年前の「人事院月報」という、国のお堅い雑誌の読者欄に何故かあった話。少し怖かったので今でも覚えています。大体下記のような内容でした。 ※ 夏休み、一家でサイパンを訪れた…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

マンション(フリー写真)

縦に並んだ顔

自動車事故に遭い鞭打ち症になったAさんは、仕事も出来なさそうなので会社を一週間ほど休むことにした。Aさんは結婚しているが、奥さんは働いているため昼間は一人だった。最初の…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。辺りも薄暗くなってき…