白く小さな手

公開日: 心霊体験

押し入れ(フリー写真)

中学校の時、先生に聞いた話です。

幼い二人の姉妹が家で留守番をしていました。両親は夜にならないと帰って来ません。

暇を持て余していた姉は、家でかくれんぼをする事を思い付きました。

ジャンケンで負けた姉が鬼になり、妹は姉が数え始めると、一目散に姉の居る2階から1階へ降りて行きました。

そして押し入れに隠れました。

やがて2階から、

「数えたよ。今から見つけるからね」

と言う姉の声がし、1階に降りて来る足音が聞こえました。

恐らく妹が階段を降りる音を聞いていたのでしょう。

それから色々な所を開けては閉める音が聞こえて来ました。

妹は見つからない自信がありました。

押し入れの奥に隠れて小さくなっていれば、例え押し入れを開けられても、中をよく探さないと見つかりっこありません。

そして暫く時間が経ち、妹が暗い押し入れの中でウトウトし始めた時、

「あっ。みーつけた!」

と言う姉の声が聞こえました。

そんな馬鹿なことはありません。押し入れはまだ開けられていないのですから。

多分これは姉の作戦で、見つけたことを聞こえるように言えば、見つかったと思って顔を出す。

それを狙っているのだろうと妹は思いました。

そのままじっと押し入れの奥で隠れていると、外から姉の声が聞こえて来ました。

「見つけた。出て来なさい」「早く出て来なさい」

姉の声は最初は穏やかでしたが、妹を出そうと躍起になっているのか、段々と声が荒々しくなって来ました。

「早く出て来なさいよ」「いい加減にしないと怒るわよ」「早く出なさい!!」

そのうち壁を叩くような音も聞こえて来ました。

妹は姉が自分を見つけられずに怒り出したと思って怖くなり、仕方なく押し入れからこっそり出ることにしました。

姉は洋服のクローゼットの前で立っています。

そこで妹が見たものは、クローゼットの中から出ている『白く小さな手』を、必死になって引っ張っている姉の姿でした。

妹が叫び声を上げ、それに姉が気付くと、その小さな手はクローゼットの中に引っ込んだそうです。

夜に帰って来た両親に泣きながら話をしましたが、信じてもらえませんでした。

その後、二度とその小さな手を見ることはなかったそうです。

関連記事

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

(゚Д゚)ハァ?って表情になって消えた

学生の頃の話。夜、部屋で寝てたら急に金縛りになった。変な気配がしたので目だけ動かして窓の方を見たら、顔が沢山浮かんでこっち見てた。なんか霊とかってどんなものかよ…

和室(フリー写真)

連鎖と数珠

一年経ってようやく冷静に思い出すことができるようになった出来事がある。去年のちょうど今頃の話だ。その日は金曜日で、俺は会社の同僚数人と何軒かの店をハシゴして、すっかり良…

心霊動画保管庫

俺は現在、某携帯キャリアの携帯を使っているんだが、どうにも訳の分からないことが起きすぎる。事の初めは、俺が携帯でサイトを見ていた時だった。まず、俺の知り合いで携帯の不思…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。ところが、何故かどこもかしこも…

飛び降り

大学時代の経験を一つ。神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。俺は窓からその光景を見ていたので、驚…

中古のナビ

8年くらい前の体験を書いてみるよ。中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボード…