海外の幽霊ホテル

ホテルの看板(フリー素材)

この前、ニュージーランドをバイクで旅したんだ。

南島にダニーデンという町があって、そこのユースホステルは幽霊が出ることで有名なんだ。

そこの建物は50年前まで病院だったらしい。石造りの立派な建物だったよ。

話のネタにと思い泊まってみた。部屋は8人部屋で、20畳くらいの広さ。

それで噂のテレビルームに行ってみた。そこは地下にあり、元霊安室!

テレビルームに行くには、まず両側がドアで仕切られ密閉された廊下に入らなくてはならない。

まだ霊安室(テレビルーム)に入った訳でもないのに、味のある雰囲気を醸し出している。

そこから暗い階段を一段一段降りて行くと霊安室だ。

ドアに『TV Room』と書かれている。このドアを本当に開けても良いものか少し迷った。

でも、何のためにここに泊まったのかを考えると開けざるを得ない。意を決して開けてみた。

中は薄暗い。天井近くに明かり取りの小さな窓があるだけで、電気は点いていなかった。

それほど広くはない。10畳くらいだろうか。ソファーが3列並んでいる。

一番前のソファーに金髪の少女が座っていた。彼女はこの暗闇で読書をしている。凄い度胸だ…。こちらはかなりビビっているのに。

その少女の後ろのソファーに腰を下ろすため、彼女を通り過ぎた。

その時に見てしまった。彼女の座っているソファー、彼女の尻の下に濡れたようなシミがある。

固まったよ。奴は幽霊に違いない。でも、彼女は何もリアクションも起こさない。おいらを金縛りにするとかそういう…。

そして長い長い10分が過ぎ、彼女は部屋を後にした。

助かったのか?

彼女の座っていたソファーを見ると確かにシミはあるが、かなり前のもののようだ。どうやら彼女は生きているようだ。

幽霊屋敷で2日が過ぎ、3日目になった。

昨夜までは8人部屋に4人ほど泊り客がいたが、今日はこのだだっ広い部屋に自分一人。ゴーストトラップに引っ掛かったと思った。

出るなら今夜だ。ベッドに入ってもなかなか寝付けなかったが、知らない内に寝てしまったようだ。

しかしこのまま朝まで眠るという幸福を、自分は与えてはもらえなかった。

夜中の3時か4時、ピアノの音で目が覚めた。こんな時間に誰かがピアノを弾いている。

しかも下手くそじゃないか。推測するに子供が弾いているものと思われる。

その音は、ポロポロと片手弾きで時々つっかえる。その下手さが余計恐怖心を煽る。

まるで病気の子供が弾いているかのようだ。私の最後の演奏を聴いてくれと言わんばかりに。

確かめに行く勇気なんてない。ピアノの部屋に行くには、霊安室へ続く密閉された廊下を通らなくてはならない。

ピアノの音以上の事が起こらなければ良い…と思いながら30分くらい聴いていただろうか。

気が付くと朝だった。

朝、受け付けの女性に「昨夜ピアノの音が聞こえたんだけど…」と言うと、彼女は軽く「いつもの事よ。気にしないで」と言ってのけた。

関連記事

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

嫌がらせ

心霊とは関係ありませんが、かなり恐かった話です。彼の元カノに嫌がらせをされていました。着歴が毎日100件を越えるほどで、警察にも相談に行きましたが、相手にされませんでし…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

イケモ様

昔ばあちゃんの家に預けられてた時、後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く、行く所も無かったから、その祠の近くにある池でよくじいち…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…