海外の幽霊ホテル

ホテルの看板(フリー素材)

この前、ニュージーランドをバイクで旅したんだ。

南島にダニーデンという町があって、そこのユースホステルは幽霊が出ることで有名なんだ。

そこの建物は50年前まで病院だったらしい。石造りの立派な建物だったよ。

話のネタにと思い泊まってみた。部屋は8人部屋で、20畳くらいの広さ。

それで噂のテレビルームに行ってみた。そこは地下にあり、元霊安室!

テレビルームに行くには、まず両側がドアで仕切られ密閉された廊下に入らなくてはならない。

まだ霊安室(テレビルーム)に入った訳でもないのに、味のある雰囲気を醸し出している。

そこから暗い階段を一段一段降りて行くと霊安室だ。

ドアに『TV Room』と書かれている。このドアを本当に開けても良いものか少し迷った。

でも、何のためにここに泊まったのかを考えると開けざるを得ない。意を決して開けてみた。

中は薄暗い。天井近くに明かり取りの小さな窓があるだけで、電気は点いていなかった。

それほど広くはない。10畳くらいだろうか。ソファーが3列並んでいる。

一番前のソファーに金髪の少女が座っていた。彼女はこの暗闇で読書をしている。凄い度胸だ…。こちらはかなりビビっているのに。

その少女の後ろのソファーに腰を下ろすため、彼女を通り過ぎた。

その時に見てしまった。彼女の座っているソファー、彼女の尻の下に濡れたようなシミがある。

固まったよ。奴は幽霊に違いない。でも、彼女は何もリアクションも起こさない。おいらを金縛りにするとかそういう…。

そして長い長い10分が過ぎ、彼女は部屋を後にした。

助かったのか?

彼女の座っていたソファーを見ると確かにシミはあるが、かなり前のもののようだ。どうやら彼女は生きているようだ。

幽霊屋敷で2日が過ぎ、3日目になった。

昨夜までは8人部屋に4人ほど泊り客がいたが、今日はこのだだっ広い部屋に自分一人。ゴーストトラップに引っ掛かったと思った。

出るなら今夜だ。ベッドに入ってもなかなか寝付けなかったが、知らない内に寝てしまったようだ。

しかしこのまま朝まで眠るという幸福を、自分は与えてはもらえなかった。

夜中の3時か4時、ピアノの音で目が覚めた。こんな時間に誰かがピアノを弾いている。

しかも下手くそじゃないか。推測するに子供が弾いているものと思われる。

その音は、ポロポロと片手弾きで時々つっかえる。その下手さが余計恐怖心を煽る。

まるで病気の子供が弾いているかのようだ。私の最後の演奏を聴いてくれと言わんばかりに。

確かめに行く勇気なんてない。ピアノの部屋に行くには、霊安室へ続く密閉された廊下を通らなくてはならない。

ピアノの音以上の事が起こらなければ良い…と思いながら30分くらい聴いていただろうか。

気が付くと朝だった。

朝、受け付けの女性に「昨夜ピアノの音が聞こえたんだけど…」と言うと、彼女は軽く「いつもの事よ。気にしないで」と言ってのけた。

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

逆拍手

1999年当時のニュース柳原尋美さん、緊張性気胸による急性心不全ため死去。車の下敷きに。23日にデビューを控えていた女性3人組新ユニット『カントリー娘。』のメンバー、柳…

カーテンの上から

10年以上前の話ですが…。大阪の某公園で、足を骨折して入院した時の出来事です。その病院は夜21時に消灯する所で、取り敢えずベッドに横になっていた訳ですが、少し経ってから…

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。今は多少綺麗に並んで…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

更衣室のドアノブ

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったものもあって、私は体育が苦手でした。 …

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

中古のナビ

8年くらい前の体験を書いてみるよ。中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボード…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

田舎で起きた事件

これは実際に起こった事件にまつわる話。今から15年前、俺は当時10歳だった。俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。 …