しりとりをしてみようか

wallpaper334_640_1136

ずいぶん昔の話。

ラジオ番組の録音を聴きたくて、友達にカセットテープを借りた。

お目当てのラジオ番組を聞き終わったものの、いちいち停止ボタン押すの面倒で、テープが最後まで再生し終わって自動的に停止するまで放置していた。

しばらく無音だった。それが突然波が打ち寄せる音と共に、抑揚のない男の声で、

「海に浮かんでいるものでしりとりをしてみようか」

と言う声が聞こえてきた。「え?」と思っていると、小さな女の子の声で、

「人間」

とつぶやくのが聞こえた。その瞬間、

「バチーン!」

と停止ボタンが跳ね上がった。あの時ほどビビったことはなかった。

テープは伸びてしまって二度と聞けなくなった。

このこと借りた友達に話すと「借りたテープ駄目にした言い訳だろ」って言われたけど、本当の話。

関連記事

杉沢村

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

パワーショベル

3人だけの秘密

この話は今から約20年前、私がまだ中学生だった頃の出来事です。夏休みも後1週間程となった8月の終わり。ろくに宿題も終わっていないにも関わらず、友人2人と近所の市営プールに遊びに…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …

沖縄の夕日(フリー写真)

霊感のある生徒

これから話すのは高校の先生から聞いた話。先生が初めて担任を持った時、いつも窓の外を見ている生徒が居たらしい。その生徒が関わる幾つかの体験をお話します。 ※ まずは何…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。すると田んぼの中に、…

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…