中古のナビ

公開日: 心霊体験 | 怖い話

a9d42d55

8年くらい前の体験を書いてみるよ。

中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。

ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボードに乗せるやつ。

何でも軽自動車を若い店員が買い取ったけど、あとでダチが中を見たら、外は綺麗に直してるけど、中はフレームまでいってる事故車でちょっと売り物になりそうもない。

どうせ数万で買ったもんだから部品を取れるだけ取って廃車にするってことで、その車についてたナビを譲ってもらった。

当時の俺の車は買って7年目になる国産のSUVで、それまでナビは使ったことがなかったんで結構嬉しかった。

最初の内は特に機能面での不具合もなかった。ちょっと案内の音声が乱れることはあったけどな。

例えば「300メートル先、交差点を左です」という女の人の声の最後のところが「でにゅぅ」という感じで低くなる。

でも、それくらい何でもないと思って気にしなかった。

それで、自分の家の住所を入力して、仕事であちこち出かけるたびに帰宅モードで案内をさせてみた。

別にナビがなくとも帰れるんだけど、まあ遊んでたんだな。

ところが暫くして、このナビは俺んちの南側にある大学の横の交差点を絶対指示しないことに気が付いた。

その交差点の道路はどっちも何十年前からあるんで、データが古くて認識できないとかじゃないと思う。

だけど、なぜかその交差点に入る前に左折や右折を指示して遠回りになってしまうんだ。

2〜3回はナビの言う通りに走ったけど、馬鹿らしいから無視してその交差点を通ったんだ。

そうしたらその交差点に入る10メートルくらい前になって、違う道を指示していたナビの液晶がブラックアウトした。

うんともすんとも言わなくなって故障かと思ってたら、交差点を過ぎてまた10メートルくらいしたら液晶が少しずつ赤黒く明るくなっていって、元に戻ってまた道の指示を始めた。

何かその交差点を機械が嫌がってるような感じで、ちょっと不気味だった。

それから何度かその交差点を通ったんだけど、ナビの症状は同じだった。

ある日、会社から県外に出てかなり遅くなって帰ってきた。夜の2時過ぎで小雨が降ってたな。

疲れてて早く家に帰りたかったんで、その交差点の道を通ることにした。

車通りはあまりないところで信号は黄色の点滅になってた。

ナビはいつもどおりブラックアウトしたけど、徐行して走り抜けようとした。

すると、人影なんかなかったはずなのに、気づいたら目の前に自転車の女の人がいる。

とっさにハンドルを右に切ったんで、車は対向車線を越えて右の歩道に乗り上げた。

あまり慌てたんで、自転車を轢いたかどうかも覚えてない。

それで、車外に出て確認したんだけど何にもない。ただ濡れて街灯に照らされた路面があるだけ。

キツネにつままれた感じで、釈然としないまま車に乗り込んだら、消えていたナビがぱっとついて、液晶にモザイクがかかったように崩れた女の人らしい顔が現れ、ナビの音声で

「…私はここで死んだんでにゅぅぅぅぅ」

俺はエンジンだけ切って、車をそこに置いたまま家まで逃げて帰ったよ。

次の朝早くダチに連絡して、その場所に来てもらってナビを外してもらった。

迷惑がると思ったけどそうでもなかった。

ダチは、

「このナビつけてた軽自動車、相当大きな事故起こしてたみたいだね。

廃車にするまで店の前に置いてたけど、雨の日に車の横を通りかかったら、微かに血の臭いがするんだよ。俺たちには分かるんだ。

このナビもなんかあったんだろ。いや、言わなくていいよ知りたくないから」

と言った。

その後は特に何もないけど、その交差点は通らないようにしてる。

犬(フリー写真)

八房

「この犬は普通の犬じゃありません。それでもいいんですか?」それが私が後に八房と名付ける犬を引き取ると言った時の、団体の担当者の言葉だった。詳しく話を聞いてみると、こうい…

骨董品屋

晴れ着

俺がまだ大学生だった10年前、自称霊感の強い後輩Aと古いリサイクルショップへ行った時の話。リサイクルショップと言っても、築30年は軽く経っていそうなボロボロの外観で、どちらかと…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

思い出

小学生になったばかりの頃の話。学校の近くに沼を埋め立てて造った更地があって、放課後になると鉄条網の隙間から友達と潜り込んで遊んでた。あの日。埋められた地面の一部が、底が…

忠告

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の…

風呂の蓋

これはある女性がOLとして働きながら、一人暮らしをしていた数年前の夏の夜の話である。彼女が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバス。ある夜、沸いた…

廃屋(フリー写真)

ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ

家の近所に『青柳タンス』という廃屋があった。別にタンス屋だった訳ではなく、ただの民家だったのだが、壁面にそういう看板が掛けてあった。そこには電話番号も書いてあり、その番…

チャレンジャー号の最期

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かった…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

山根ェ

大学時代、サークルの友人と2人で深夜のドライブをしていた。思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道にくねくねと蛇のようにうねる山道を通った。昼間は何度か通った…