情け

ダークな抽象模様(フリー画像)

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。

高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。

夜道で霊らしきものを見てから、家で怪奇現象が多発している。どうしたら良いのか、というものだった。

そこで自分は、

『私にあなたを助ける力は無いのでお引き取りください』

と心で念じれば良い、と教えてやったんだ。

それから2週間ほど経ち、Aの家に友人Bと遊びに行った。Bはありきたりな展開だが、霊感がある人間。

家に着いてインターホンを押すと、Aが出て来た。するとBがAを見るなり、

「何をしたぁ!!」

と叫ぶ訳よ。自分もAもびっくりしてさ。

それで、Aが

「やっぱ見えるの?」

とBに聞く訳だ。

詳しく聞いてみると、夜に寝ていると『助けて』という幻聴が響いて来たらしい。

だから、アドバイス通りに『助けられません』と念じようとしたのだが、あまりに急だったため、うっかり『どうすれば良いの?』と聞いちゃったんだって。

そうしたら、

『想像すれば良い…助ける場面を…そしたら逝ける…』

と答えてくれたと言う。

どうせなら天国に行かせてやろうと思い、天国へ続く門みたいなものをイメージして開いてあげた。

そうしたら、確かにイメージの中に黒い影が入って来て、門の中に行く感じが見えたと…。

そして『ありがとう』と聴こえたらしい。

話を聞き終えたBが、

「アホか!お前、無闇やたらに霊なんか助けてやるもんじゃねぇぞ!最近、体調に変化ねぇか?」

と聞くと、

「最近、電気みたいなピリピリが凄い。寝てる時も瞼の上にピリピリ来る。起きてる時もピリピリがしてる。

更に、何か服がひっついている感じがする。その度に手で払ったりしていて、落ち着きが無くなる」

と言った。

Bは、

「だろうな。お前が無闇に助けちまったもんだから、この人は助けてくれると思って、霊がガンガン大群で来てんぞ!

つーか、天国の門なんか勝手に開くな!

ピリピリは霊がウロチョロしているからで、ひっついている感じは瘴気が身体に付いているんだ。

今、この世にどれだけ霊が居ると思う? 変に情けなんかかけるとドドドッと押し寄せて来るぞ!

日本だけで数万だ、キリが無いんだよ」

「どうしよう、俺、どうしよう」

とパニくるAに、Bは

「結界を張って霊が近付けなくしてやる」

と言い、何やら儀式みたいなことを一時間ほどした後、

「張り終えた」

と言った。

その後、Aの家に怪奇現象が起きる事は無くなった。

霊に対してイメージが通用するのだろうかと疑問に思ったけど、まあ『助けられません』という念の言葉が届くくらいだから、通じるのだろうと思っておく。

関連記事

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。 昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

四国のホテル

怖くないかもしれないけど、俺が昔体験した話。 子供の頃、四国に家族旅行へ行った時、泊まっていたホテルで黒い着物姿の女に手招きされる夢を見た。 夢の中で、俺はふらふらと抵抗す…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

運転注意

先日、父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話。 その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。 入り口まで着き、…

白い日傘

今から3年ぐらい前の話になります。 僕は内装工事関係の仕事をしているのですが、その会社の社長と僕と同僚の計4人で仕事が暇になると、よくスキーに行ってました。 僕達の会社は名…

死に際に現れる黒い人

最近ネットで読んだのですが、人間が死にそうになっている時、それを助けたりする謎の人物が現れるそうです。 それは死んだ兄弟や親類であったり、声だけであったりするそうですが、正しい逃…

和室(フリー写真)

連鎖と数珠

一年経ってようやく冷静に思い出すことができるようになった出来事がある。 去年のちょうど今頃の話だ。 その日は金曜日で、俺は会社の同僚数人と何軒かの店をハシゴして、すっかり良…

廃ホテル(フリー写真)

心霊ロケ

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。 そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、 「女性の霊を見た」 「…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。 私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。 その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。 編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。 中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…