情け

ダークな抽象模様(フリー画像)

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。

高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。

夜道で霊らしきものを見てから、家で怪奇現象が多発している。どうしたら良いのか、というものだった。

そこで自分は、

『私にあなたを助ける力は無いのでお引き取りください』

と心で念じれば良い、と教えてやったんだ。

それから2週間ほど経ち、Aの家に友人Bと遊びに行った。Bはありきたりな展開だが、霊感がある人間。

家に着いてインターホンを押すと、Aが出て来た。するとBがAを見るなり、

「何をしたぁ!!」

と叫ぶ訳よ。自分もAもびっくりしてさ。

それで、Aが

「やっぱ見えるの?」

とBに聞く訳だ。

詳しく聞いてみると、夜に寝ていると『助けて』という幻聴が響いて来たらしい。

だから、アドバイス通りに『助けられません』と念じようとしたのだが、あまりに急だったため、うっかり『どうすれば良いの?』と聞いちゃったんだって。

そうしたら、

『想像すれば良い…助ける場面を…そしたら逝ける…』

と答えてくれたと言う。

どうせなら天国に行かせてやろうと思い、天国へ続く門みたいなものをイメージして開いてあげた。

そうしたら、確かにイメージの中に黒い影が入って来て、門の中に行く感じが見えたと…。

そして『ありがとう』と聴こえたらしい。

話を聞き終えたBが、

「アホか!お前、無闇やたらに霊なんか助けてやるもんじゃねぇぞ!最近、体調に変化ねぇか?」

と聞くと、

「最近、電気みたいなピリピリが凄い。寝てる時も瞼の上にピリピリ来る。起きてる時もピリピリがしてる。

更に、何か服がひっついている感じがする。その度に手で払ったりしていて、落ち着きが無くなる」

と言った。

Bは、

「だろうな。お前が無闇に助けちまったもんだから、この人は助けてくれると思って、霊がガンガン大群で来てんぞ!

つーか、天国の門なんか勝手に開くな!

ピリピリは霊がウロチョロしているからで、ひっついている感じは瘴気が身体に付いているんだ。

今、この世にどれだけ霊が居ると思う? 変に情けなんかかけるとドドドッと押し寄せて来るぞ!

日本だけで数万だ、キリが無いんだよ」

「どうしよう、俺、どうしよう」

とパニくるAに、Bは

「結界を張って霊が近付けなくしてやる」

と言い、何やら儀式みたいなことを一時間ほどした後、

「張り終えた」

と言った。

その後、Aの家に怪奇現象が起きる事は無くなった。

霊に対してイメージが通用するのだろうかと疑問に思ったけど、まあ『助けられません』という念の言葉が届くくらいだから、通じるのだろうと思っておく。

深夜のドライブ

深夜のドライブ

これからする話は、私の作り話ではない事を言っておきます。 信じてくれとは言わないし、信じてくれる人がいればそれで良いと思っています。 私は関東のT県U市(県庁所在地)に住ん…

着信あり

自分なりに恐かった体験を書いてみようと思う。 もう4、5年は経ったし、何より関係者全員が無事に生きてる。 恐い思いをしただけで済んだのだからいいやと思う反面、やっぱりあれは…

夜の住宅街(フリー素材)

屋根の上の女

今年の夏の体験。 私の家は山の上の方にある。 夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。 私の家からコ…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。 自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

アパート(フリー写真)

出前のバイト

大学生の頃に体験した話。 俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。 本業の片手間の出前サービスという感じで、電話応対や梱包、配達まで調理以外のをほぼ全てを俺…

オノ

大学一回生の夏。私たちの間で心霊スポット巡りが流行っていた。 その日も友人A(女)と、Aの彼氏Bとその友人C(男)と4人で、関西で心霊スポットとしてはかなり有名な、U病院という廃…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。 小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。 雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

非常階段

数年前、職場で体験した出来事です。 その頃、僕の職場はトラブルつづきで、大変に荒れた雰囲気でした。 普通では考えられない発注ミスや、工場での人身事故が相次ぎ、クレーム処理に…

隣の女子大生

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。 ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。 当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろ…

田舎で起きた事件

これは実際に起こった事件にまつわる話。 今から15年前、俺は当時10歳だった。 俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。 …