情け

ダークな抽象模様(フリー画像)

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。

高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。

夜道で霊らしきものを見てから、家で怪奇現象が多発している。どうしたら良いのか、というものだった。

そこで自分は、

『私にあなたを助ける力は無いのでお引き取りください』

と心で念じれば良い、と教えてやったんだ。

それから2週間ほど経ち、Aの家に友人Bと遊びに行った。Bはありきたりな展開だが、霊感がある人間。

家に着いてインターホンを押すと、Aが出て来た。するとBがAを見るなり、

「何をしたぁ!!」

と叫ぶ訳よ。自分もAもびっくりしてさ。

それで、Aが

「やっぱ見えるの?」

とBに聞く訳だ。

詳しく聞いてみると、夜に寝ていると『助けて』という幻聴が響いて来たらしい。

だから、アドバイス通りに『助けられません』と念じようとしたのだが、あまりに急だったため、うっかり『どうすれば良いの?』と聞いちゃったんだって。

そうしたら、

『想像すれば良い…助ける場面を…そしたら逝ける…』

と答えてくれたと言う。

どうせなら天国に行かせてやろうと思い、天国へ続く門みたいなものをイメージして開いてあげた。

そうしたら、確かにイメージの中に黒い影が入って来て、門の中に行く感じが見えたと…。

そして『ありがとう』と聴こえたらしい。

話を聞き終えたBが、

「アホか!お前、無闇やたらに霊なんか助けてやるもんじゃねぇぞ!最近、体調に変化ねぇか?」

と聞くと、

「最近、電気みたいなピリピリが凄い。寝てる時も瞼の上にピリピリ来る。起きてる時もピリピリがしてる。

更に、何か服がひっついている感じがする。その度に手で払ったりしていて、落ち着きが無くなる」

と言った。

Bは、

「だろうな。お前が無闇に助けちまったもんだから、この人は助けてくれると思って、霊がガンガン大群で来てんぞ!

つーか、天国の門なんか勝手に開くな!

ピリピリは霊がウロチョロしているからで、ひっついている感じは瘴気が身体に付いているんだ。

今、この世にどれだけ霊が居ると思う? 変に情けなんかかけるとドドドッと押し寄せて来るぞ!

日本だけで数万だ、キリが無いんだよ」

「どうしよう、俺、どうしよう」

とパニくるAに、Bは

「結界を張って霊が近付けなくしてやる」

と言い、何やら儀式みたいなことを一時間ほどした後、

「張り終えた」

と言った。

その後、Aの家に怪奇現象が起きる事は無くなった。

霊に対してイメージが通用するのだろうかと疑問に思ったけど、まあ『助けられません』という念の言葉が届くくらいだから、通じるのだろうと思っておく。

関連記事

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。 専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。 発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

六甲山の牛女

六甲山に出る牛女って知ってる? 実際それを見た人に話を聞いたよ。『牛女』にも色々種類あるらしいけどね。 走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で、車の後を…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。 この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。 いつものように、帰りが2時を過ぎ…

ドルフィンリング

ドルフィンリング

ドルフィンリングというイルカの形をした指輪が流行った大昔の話。 当時、私は小学校低学年でした。10歳年の離れた姉はいわゆる不良で、夏休みになるとほぼ毎晩不良仲間を家に連れて来ては…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。 当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。 ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

親子の会話

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。 都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。 その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験…

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です 好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。 その当時、私と家族は10階建ての団地の…

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

花(フリー写真)

連れて帰って来た子

小学3年生の時、友達の妹が亡くなった。 医療事故とのことですが、詳細は不明。 私もよく一緒に遊んでいたので、お葬式に行った。 ※ 家に帰ると、当時3才の弟が普段とは違う…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。 「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」 父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。 落ち込んでいる父の姿を見て、…