知らない部屋

集合住宅(フリー素材)

私が小学校に上がる前の話。

当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。

ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸を開けました。

でもそこは自分の部屋ではなく違う人の部屋で、暗い中でおじいさんが一人テレビを見ていて、こちらを振り向きます。

『うわっ、間違えた…』と思い、何も言わず慌てて戸を閉め、よく考えたら自分の部屋はもう一つ前の10棟の2階。そこは9棟の2階でした。

それで急いで10棟に移動し「ただいまー」と戸を開くと…。

さっきと同じ知らないおじいさんの部屋で、やはり暗い中にテレビが点いていて、こちらを振り向いて見ている。

『あれっ…』と焦った私は、またも何も言わず戸を閉める。

『あれっ、あれっ?』とパニック状態になり、階段を降りて場所を確認すると、さっき確かに10棟へ移動したはずなのに、自分が立っているのは9棟の前だった。

もう訳が解らず不安で仕方がなかったので、「おかーさーん!!」と叫ぶと、10棟の自分の部屋の窓から母が顔を覗かせ「あんた何してんの」と言う。

「おかあさん!!」と今にも泣きそうになりながら訴えると、母が玄関から出て来てようやく自分の部屋に帰る事が出来ました。

その後、9棟の2階に住んでいるのはおじいさんではなく、夫を亡くしたおばあさんだという事が判りました。

今でもあの経験が何だったのかよく解りません。白昼夢だったのかな…。

関連記事

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

公園(フリー素材)

謎のおじいちゃん

今になっても一体何だったのか解らない謎な体験です。小学5年生の時でした。日曜の夕方、通っていた小学校の校庭の砂場で弟と遊んでいました。段々と辺りが暗くなってきて、そろそ…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

アナログカメラ(フリー素材)

禍々しい心霊写真

私が学生の時の話です。同じゼミに気の合う友人が居ました。本当に気が合う友人で、よく飲みに行ったりする仲でした。ある日、何だか神妙な顔をして彼が話し掛けてきました…

沖縄の夕日(フリー写真)

霊感のある生徒

これから話すのは高校の先生から聞いた話。先生が初めて担任を持った時、いつも窓の外を見ている生徒が居たらしい。その生徒が関わる幾つかの体験をお話します。 ※ まずは何…

海から来たるもの

普段付き合いのいい同僚が、何故か海へ行くのだけは頑として断る。訳を聞いたのだが余り話したくない様子なので、飲ませて無理やり聞き出した。ここからは彼の語り。ただし、酔って…

体育館(フリー写真)

異世界の体育館

中学一年の夏休み、部活で合宿に行った。合宿所の体育館で遅くまで練習した後、三年の先輩に付き合ってもらって練習していた。フローターは同級生で一番最初に打てるようになったの…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…