知らない部屋

集合住宅(フリー素材)

私が小学校に上がる前の話。

当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。

ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸を開けました。

でもそこは自分の部屋ではなく違う人の部屋で、暗い中でおじいさんが一人テレビを見ていて、こちらを振り向きます。

『うわっ、間違えた…』と思い、何も言わず慌てて戸を閉め、よく考えたら自分の部屋はもう一つ前の10棟の2階。そこは9棟の2階でした。

それで急いで10棟に移動し「ただいまー」と戸を開くと…。

さっきと同じ知らないおじいさんの部屋で、やはり暗い中にテレビが点いていて、こちらを振り向いて見ている。

『あれっ…』と焦った私は、またも何も言わず戸を閉める。

『あれっ、あれっ?』とパニック状態になり、階段を降りて場所を確認すると、さっき確かに10棟へ移動したはずなのに、自分が立っているのは9棟の前だった。

もう訳が解らず不安で仕方がなかったので、「おかーさーん!!」と叫ぶと、10棟の自分の部屋の窓から母が顔を覗かせ「あんた何してんの」と言う。

「おかあさん!!」と今にも泣きそうになりながら訴えると、母が玄関から出て来てようやく自分の部屋に帰る事が出来ました。

その後、9棟の2階に住んでいるのはおじいさんではなく、夫を亡くしたおばあさんだという事が判りました。

今でもあの経験が何だったのかよく解りません。白昼夢だったのかな…。

関連記事

幸福の妖精

リクルートスーツを見る季節になると、毎年思い出すお話。 俺は就職活動してた。バブル崩壊後の冷や水ぶっかけられた氷河期世代あたりだと思ってくれ。俺は理系で一応研究職希望だったけど、…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。 その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

秘密基地

サイキック少年

今から16年前、僕が小学4年生の頃の話です。 昔、秘密基地とか作りませんでしたか? 僕も友達(けんちゃん、としちゃん)と秘密基地を作り、学校帰りにいつもそこで遊んでいました…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。 当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。 ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。 俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。 A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。 A村は親方の本家がある村であ…

時計(フリー素材)

巻き戻った時間

子供というのは錯乱すると、訳の解らない行動をしてしまうものだよな。 子供の頃、俺に起こった不可思議なお話。 ※ 当時は5月の節句で、俺のために親が飾ってくれた兜と小刀が居間に…

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。 俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。 俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。 そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。 彼は登山歴3年くらいの経験…

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。 高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に 「イトウって知ってる…

クリスマス(フリー写真)

塾のクリスマス企画

俺が小学生だった頃の話。 近所の小さな珠算塾(ソロバン塾)に通っていた俺は、毎年クリスマスの日の塾を楽しみにしていた。 クリスマスの日だけはあまり授業をやらずに、先生が子供…