車に乗った白い霊

IMG_4780

私が学生の時に、実際に体験した話です。

その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。

弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマンドリンの音が聞こてくるのです。

すると、「あー、またあの子が弾いてる」と彼女もお母さんも当たり前のことのように言うのです。

その頃、私は頻繁に奇妙な夢を見ていました。

彼女に似た丸い顔をした男の子が十字架に掛かっているという夢でした。

その話をすると、彼女は「弟は白血病で死んだので、薬の副作用で顔が丸くなっていた。それは私の弟だ」と言って泣くのです。

その内、夜になると私の家でも何かが侵入してくるような気配が感じられるようになり、彼女に御札をもらって部屋の四隅に貼ったりしていました。

でもまだ若かったせいか、そういうことも別段異常なことだとは思わずに日々を過ごしていました。

大学2回生の夏に鳥取まで遊びに行った時、そんなことを言ってはいられない目に遭いました。

みんなで車に乗り、山を越える時には夜になっていました。

山中の夜のドライブというだけで十分恐い気もしていたのですが、山の途中で車がガタガタ音を立て、止まってしまいました。

「え、こんなところで…どうしよう?」

と思ったのも束の間、彼女が運転席で、

「誰かを乗せてしまったみたい…」

と言いました。

「え、うそ?」

と私はパニック状態に陥りました。

私は助手席に乗っていたのですが、恐くて後ろを見ることができません。

「どこか行きたいところがあるみたいだから、送ってあげる」

彼女がそう言った途端、車がまた動きだし、しばらく走った後でまたガタガタと音を立て止まりました。

「ここみたいね…」

「そんな落ち着いた声で恐いこと言わないでちょうだい」

と言う私の言葉も聞かず、彼女は冷静に、

「降りてください…」

とドアを開けて言いました。

私はもう『神様仏様、お願いですから降りてもらってください…』と念じるだけ。

必死の願いが通じたのか、車の後部座席から何か白いものが、飛ぶような速さで前方の一角に消えました。

彼女がライトで照らすと、そこにはお地蔵さんがあったのです。

「ここに来たかったのね…」

と彼女。

私はもう何も言えず、とにかく山を越えて無事目的地に着くことばかりを祈っていました。

鳥取では砂丘を見て海で泳ぎ、平穏に過ごしました。帰りは格別恐いこともなく無事に家に到着。

彼女とはその後、段々疎遠になりました。それ以後、私の夢に彼女の弟が現れることもありませんでした。

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。俺の地元には小さな鍾乳洞がある。田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

クシャタ様

4月の中旬頃、高校の時の男友達から電話があり、二人で飲むことになったんです。高校の時はそれなりに仲が良かったのですが、大学に進学してからは会うこともなくなり、話すのは2年ぶりで…

霊感テスト

自分自身に霊感が備わっていながら、それに気が付いていない人も意外と多い。あなたには霊感があるだろうか?今回はそんな霊感をチェックするための簡単なテストをご紹介しよう。は…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

トンネル(フリー写真)

トンネルの少女

二十数年生きて来て、心霊現象なんて体験したことはなかった。怖い話は好きだけど、そんなの実際には有り得ないと否定的だった。今は、肯定する気もないけど否定もできない。 ※…

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。学…

セブンイレブン

未来のお店

俺が6歳の頃の話。当時の俺は悪戯好きで、よく親に怒られていた。怒られたら泣きながら「こんな家出てってやるー」と言って家出し、夕御飯には帰って来るということがよくあった。…