車に乗った白い霊

IMG_4780

私が学生の時に、実際に体験した話です。

その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。

弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマンドリンの音が聞こてくるのです。

すると、「あー、またあの子が弾いてる」と彼女もお母さんも当たり前のことのように言うのです。

その頃、私は頻繁に奇妙な夢を見ていました。

彼女に似た丸い顔をした男の子が十字架に掛かっているという夢でした。

その話をすると、彼女は「弟は白血病で死んだので、薬の副作用で顔が丸くなっていた。それは私の弟だ」と言って泣くのです。

その内、夜になると私の家でも何かが侵入してくるような気配が感じられるようになり、彼女に御札をもらって部屋の四隅に貼ったりしていました。

でもまだ若かったせいか、そういうことも別段異常なことだとは思わずに日々を過ごしていました。

大学2回生の夏に鳥取まで遊びに行った時、そんなことを言ってはいられない目に遭いました。

みんなで車に乗り、山を越える時には夜になっていました。

山中の夜のドライブというだけで十分恐い気もしていたのですが、山の途中で車がガタガタ音を立て、止まってしまいました。

「え、こんなところで…どうしよう?」

と思ったのも束の間、彼女が運転席で、

「誰かを乗せてしまったみたい…」

と言いました。

「え、うそ?」

と私はパニック状態に陥りました。

私は助手席に乗っていたのですが、恐くて後ろを見ることができません。

「どこか行きたいところがあるみたいだから、送ってあげる」

彼女がそう言った途端、車がまた動きだし、しばらく走った後でまたガタガタと音を立て止まりました。

「ここみたいね…」

「そんな落ち着いた声で恐いこと言わないでちょうだい」

と言う私の言葉も聞かず、彼女は冷静に、

「降りてください…」

とドアを開けて言いました。

私はもう『神様仏様、お願いですから降りてもらってください…』と念じるだけ。

必死の願いが通じたのか、車の後部座席から何か白いものが、飛ぶような速さで前方の一角に消えました。

彼女がライトで照らすと、そこにはお地蔵さんがあったのです。

「ここに来たかったのね…」

と彼女。

私はもう何も言えず、とにかく山を越えて無事目的地に着くことばかりを祈っていました。

鳥取では砂丘を見て海で泳ぎ、平穏に過ごしました。帰りは格別恐いこともなく無事に家に到着。

彼女とはその後、段々疎遠になりました。それ以後、私の夢に彼女の弟が現れることもありませんでした。

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。 その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

自殺団地(長編)

高校時代、俺は10階建ての団地の10階に住んでいた。 その団地は凄く有名で、別名が「ヤンキー団地」とか「自殺団地」とあまり良い名前がついてなかった。 団地は10階建てと13…

更衣室のドアノブ

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。 授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったものもあって、私は体育が苦手でした。 …

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。 まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。 どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

運転注意

先日、父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話。 その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。 入り口まで着き、…

晴明神社(フリー素材)

晴明神社

京都にある晴明神社に行った時の事。 安部の晴明は今でこそ有名で、観光客も沢山居るらしいが、十年近く前のその頃は一般的にはあまり知られておらず、神社も全然人気が無かった。 私…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。 名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。 ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。 父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。 1年生のころからずっといじめ続…

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。 店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…