謎のカルテ

医療器具(フリー素材)

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。

その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。

何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした。

そこで当直医からカルテが必要と言われ、内科外来へカルテを取りに行きました。

救急室と内科外来はかなり離れており、5分ほど歩いてようやく辿り着く所にあります。

夜間なので内科外来までの電気は完全に消えており、懐中電灯を持って取りに行くのです。

病院勤務は慣れていたものの、『やはり怖いなー』と思いつつ、私はカルテを取りに行きました。

やっとの思いで辿り着き、内科外来のドアを開け、電気を点けます。

やはり夜の病院というのはとても不気味です。実際に何人もの方が亡くなっている場所なので、霊という存在に対して敏感になります。

必死で『今度の休みは何をしようか』などと楽しいことを考えながらカルテを探しました。

カルテを見つけて帰ろうとすると、先程開けたドアの前にカルテが一冊落ちていました。

見てみると、そのカルテは山中さんという方のものでした。

『こんな所にカルテなんて落ちてたかな?』と思いつつ、元あっただろう場所へ戻しておきました。

その瞬間、

「プルルルルルルル」

電話が鳴りました。

『この時間に内科外来に電話…?』

疑問に思いつつ電話を取ってみると、

「……みてよ…」

と囁くような声がしました。

私は真っ青になり、一心不乱に内科外来から抜け出しました。

急いで救急室に戻り、先輩に今あった出来事を全て話しました。

すると先輩は真っ青な表情で、私に昔の話をしてくれました。

最近までこの病院で働いていた山中という研修医が居たこと。

そして、その山中という研修医が夜勤中にトイレで首を吊っていて、満面の笑みで死んでいたことを。

あの声は研修医の山中という方だったのでしょうか。

だとしたら、彼は一体何を見て欲しかったのでしょう。

カルテの中には、何が書いてあったのでしょうか…。

旅館

真夜中の厠

大学の友人と4人で海へ旅行に行った時の話。いつも仲の良かった4人で旅行ということで、ずっと前から楽しみにしていた。実際、行きの車中でもいつも通りの雑談が普段より楽しかっ…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

海沿いの崖(フリー写真)

無数の手

昔、趣味で釣りによく行っていた時の話。海釣りと言っても沖の方に出るのではなく、磯や岩場で釣る方だ。その日も朝早くから支度をして車で出掛けた。今回選んだ場所は、…

ハコマワシ(長編)

半年くらい前、怖い体験をした。心霊現象ではないが、かなり気持ち悪い体験だ。長くなると思うから適当に読み流してくれても構わない。中学生だった頃、俺のクラスに霊感少女がいた。家が神…

黒いワゴン

俺の後輩が実際に体験した話です。後輩たちはその日、数人で暇を持て余しドライブをしていたらしいんです。車を走らせる内に地元の海にたどり着きました。時刻は夕方の17…

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…

日暮里駅の階段23段目

友人と怪談話をしていて、その友人が知人から「日暮里駅の改札を出て右手に行くとある階段を登る時に、23段目辺りで振り返って見たら面白いものが見える」って聞いたという話が出…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

新聞受けから…

これは俺が2年前の6月14日に体験した本当の話です。俺が前住んでたアパートでの出来事。その日、俺はバイトで疲れて熟睡していた。「ガタガタッ」という異様な音で俺が目を覚ま…