謎のカルテ

医療器具(フリー素材)

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。

その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。

何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした。

そこで当直医からカルテが必要と言われ、内科外来へカルテを取りに行きました。

救急室と内科外来はかなり離れており、5分ほど歩いてようやく辿り着く所にあります。

夜間なので内科外来までの電気は完全に消えており、懐中電灯を持って取りに行くのです。

病院勤務は慣れていたものの、『やはり怖いなー』と思いつつ、私はカルテを取りに行きました。

やっとの思いで辿り着き、内科外来のドアを開け、電気を点けます。

やはり夜の病院というのはとても不気味です。実際に何人もの方が亡くなっている場所なので、霊という存在に対して敏感になります。

必死で『今度の休みは何をしようか』などと楽しいことを考えながらカルテを探しました。

カルテを見つけて帰ろうとすると、先程開けたドアの前にカルテが一冊落ちていました。

見てみると、そのカルテは山中さんという方のものでした。

『こんな所にカルテなんて落ちてたかな?』と思いつつ、元あっただろう場所へ戻しておきました。

その瞬間、

「プルルルルルルル」

電話が鳴りました。

『この時間に内科外来に電話…?』

疑問に思いつつ電話を取ってみると、

「……みてよ…」

と囁くような声がしました。

私は真っ青になり、一心不乱に内科外来から抜け出しました。

急いで救急室に戻り、先輩に今あった出来事を全て話しました。

すると先輩は真っ青な表情で、私に昔の話をしてくれました。

最近までこの病院で働いていた山中という研修医が居たこと。

そして、その山中という研修医が夜勤中にトイレで首を吊っていて、満面の笑みで死んでいたことを。

あの声は研修医の山中という方だったのでしょうか。

だとしたら、彼は一体何を見て欲しかったのでしょう。

カルテの中には、何が書いてあったのでしょうか…。

関連記事

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

某アニメーション学園周辺の女の子

俺営業マンなんだけど、今朝は会社に寄らずに直接顧客のところへ直行の日だった。営業先の某有名アニメーション学園がある駅の改札を降りたところで、変なモノに気付いちゃったんだよね。 …

提灯(フリー素材)

奇妙な宴会

先日、とある小じんまりとした旅館に泊まった。少し不便な場所にあるので訪れる人も少なく、静かなところが気に入った。スタッフは気が利くし、庭も綺麗、部屋も清潔。文句無しの優…

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…

日本人形(フリー素材)

闇バイト

以前のバイト現場に、音楽の専門学校に通っている同僚のYさんが居ました。男性の年上の方で、生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちしていたそうです。 ※ ある日、Yさんが通っている…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。落ち込んでいる父の姿を見て、…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

広島県F市某町の『お札の家』

2年程前の話ですが、つい最近完結した話があるので書いていこうと思います。長くなりそうで申し訳ないのですが、霊感0の自分が唯一味わった霊体験です。広島県F市某町、地元の人…

水の中の女

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。私はその頃奇怪な体…

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…