居座る住居人

d3fed4f1

会社員だった頃は不動産会社に勤めていたので、こういう話は割と日常茶飯事でした。

会社で買った中古住宅を解体していたら白骨が出てきたりとか、競売で落とした物件の立ち退き交渉に行ったら、その家の住人がぶら下がっていたりとか…。

そんな中で怖かったというより「なんだ?」と思ったのは、バブルがはじけた後、住宅ローンの支払いに窮して家主が焼身自殺してしまったマンションの販売を依頼された時です。

元々、こういう物件は「精神的瑕疵あり」という事で極めて売りにくいのですが、それでも依頼された限りは売らなければいけない。

それで仕方なくオープンハウスというのを開く事になりました。買いたい人に自由に中を見てもらうというやつです。

実施したのは8月の暑い時期だったのを覚えています。

朝から準備万端整えて待っていたんですが、来るのは同じマンションの住人が興味本位で見に来るだけで、かなりウンザリしていました。

そんな時、玄関から

「こんにちは~、見せて下さ~い」

という声が聞こえました。

「どうぞ~」

と言いながら椅子から立ち上がり、リビングと玄関との間にあった磨りガラスが嵌ったドアまで近付いて行くと、玄関横にある部屋と廊下を挟んだ反対側にある洗面所を行ったり来たりしている陰が見えました。

『なにやってんだ?』そう思いながらドアを開けると、そこには誰もいませんでした。

その時は怖いという気持ちはどこにもなくて、『失礼な奴だな』程度にしか思いませんでした。

それで、また暫く座っていると、今度は男性の低い声で

「こんにちは」

という声が聞こえました。

「どうぞ~」

と言いながら待っていると、年の頃は40代半ばから50代前半くらいのおじさんが入って来ました。

「こんにちは。暑いですね」

「同じマンションの方ですか?」

「ご購入をご検討中ですか?」

何を聞いても無言です。

それどころか、物も言わずに部屋の中をずーっとグルグル歩き回っていました。

10分はそうしてたでしょうか。

「あ~…変なのに当たっちゃった。どうやって追い返そう」

なんて事を考え始めた時に、玄関から

「こんにちは~、見せてくださ~い」

という声が聞こえました。

反射的に玄関に顔を向けながら「どうぞ~」と応えておじさんの方を見ると、おじさんが居なかったんです。

「あれ? どこ行った?」

どこ行ったもここ行ったもないですよね。

視線を外したのは物の1秒あるかないか。

その間に出て行けるとしたら神業です。

そういう瞬間というのは怖いなどという感覚は全くありません。

と言うよりも、脳が理解するのを拒否するんだと思います。

その後は何をどうしたか全然、覚えていません。

気が付いたら会社に居ました。

その日はあまりの事で、どうやって会社に帰ったかも曖昧でした。

会社に帰り現場であった事を上司や先輩に話しても、まるで取り合ってもらえませんでした。

そりゃそうでしょうね。

体験した本人すら半信半疑なんですから。

ただ、売って欲しいと依頼された物件はどうしても売り切らなければいけない。

これは当時、私が勤めていた不動産会社のポリシーでもありました。

途中は省きますが、結局、その物件を買いたいという人が現れて売買契約も成立、無事に引き渡しも済んで半年程経った頃でしょうか。

その物件を買った買主が「売りたい」と言いに来たんですね。

その時、接客した担当者から「あのお客さんが売りたいってきたよ」と話を聞いた時、「あ、あれが原因だ」と思いました。

担当者に聞くと案の定、「イヤな事が度々起こるし、ちょっと住んでいられない」という話のようでした。

もちろん、その物件を売る前には売り主がその物件の中で自殺している事は、くどいほど説明してありました。

「そんなの気にしないから大丈夫!」

なんて言っていた買い主を見て、余程物好きか勇気のある人だと思っていました。

それで、次にその売り主が来た時に話を聞いてみると、一人暮らしなのに常に人の気配がしたり、夜寝ていると人が廊下を歩く足音が聞こえたり、洗面所で顔を洗っていると間違いなく誰かが後ろに立っている気配がするのに、振り返ると誰もいなかったり、寝入り端に耳元で声が聞こえたり、数え上げればキリがない程おかしな事が起こったんだそうです。

最初は「気のせいだ」と自分を納得させようとしたらしいんですが、あまりにそんな奇妙なことが続くので、夜もまともに寝られなくなり、結局住み続ける事を諦めたんだそうです。

ただ、買って半年でしたし住宅ローンを組んだ事もあり、今売っても買った値段では売れずに借金が残ってしまうという事で賃貸に出す事になりました。

その売り主が引っ越す時に少し話をしたんですが、ハッキリと見えた事は一度もなかったそうです。

ただ、一度だけ洗面所で顔を洗い顔を上げると、鏡の中に年の頃なら40代~50代前後のおじさんが瞬間的に映ったのは覚えているという話はしていました。

それを聞いた時、「あ、あのおじさん、まだあそこに住んでるんだ」と思いました。

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。 それには訳がある。 仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。 その日、俺は難しい打ち合…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。 俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。 兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。 狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。 夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。 暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。 ところが、何故かどこもかしこも…

パソコン(フリー写真)

朗読する声

実際にあったお話です。 怖い話が好きで、自宅の近所であった自殺の話を、少し脚色してネットで公開したそうです。 その夜、投稿に対する返信を確認していると突然電話が鳴りました…

河川敷(フリー素材)

昔の刑場

俺のおふくろは戦前、満州から北朝鮮の辺りに開拓移民で居たのだが、夕暮れ時に街角の十字路で1メートルを超える人魂を見たことがあると言っていたな。 ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時…

アパート(フリー写真)

出前のバイト

大学生の頃に体験した話。 俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。 本業の片手間の出前サービスという感じで、電話応対や梱包、配達まで調理以外のをほぼ全てを俺…

旧生駒トンネル(フリー写真)

架空の最終電車

大阪から奈良へ抜ける近鉄奈良線。 大阪と奈良の間には生駒山があり、電車は長いトンネルを通ることになる。 現在のトンネルは『新生駒トンネル』と言い、その昔、数々の死傷事故を起…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。 彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。 なんでも”身近”と”未知か”、”道か…