子供の幽霊

公開日: 心霊体験

路地(フリー写真)

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。

K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。

ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。

K氏も先輩も酒好きだったので、日が変わる前に店を出て、先輩の家で本格的に飲もうということになった。

先輩氏のアパートは創成川という川沿いにあり、すすきのから歩いて程近い距離だったので、二人で川沿いを歩くことになった。

アパートが近付き、繁華街から離れて辺りも静かになってきた頃、二人の後ろから足音が聞こえてきた。

振り返ると、野球帽を被った少年が二人の後ろを歩いていた。

少年は俯いたまま、無言で歩いていたそうだ。

時間も時間なのでどうしたのかと思いつつ、またアパートに向けて歩き出した。

少年もまた二人の後を付いて来た。

K氏が言うには、その時にはもう二人とも、後ろを歩いている少年が生きていないことを直感的に理解していたそうだ。

特に確証があった訳ではないが、既に周りの空気がおかしかったという。

このまま放って置いたらアパートまで付いて来るのではないかと思ったので、二人で目配せしてその場で立ち止まった。

後ろの少年も立ち止まった。

不自然なほど周囲に人通りはなく、夜道に三人だけだったとK氏は言う。

二言三言声を掛けたが、少年はただ俯いて立っているだけだった。

「どうせ相手は人間じゃないし、遠慮することは無いと思った。酒も入っていたし」とはK氏の弁。

K氏は、少年の野球帽を取り上げてみた。

野球帽の下には、目玉の無い顔があった。

「それでどうしたんですか」と聞くと、

「とにかく走って逃げた。びっくりしたからね」そうK氏は答えた。

どのように見えたのか尋ねると、

「生きてる人間とおんなじ。触れるし、居るなってのがはっきり分かる。

独特の気配はあるけど、それは口では言えない」

という答えが返ってきた。

後日談

偶然高校時代の友人と再会し、二人で飲み屋に行って焼き鳥を齧っていたら、なぜか怪談話になった。

「とっておきの話がある。去年俺が見た話だ」

と言うので聞いていたら、場所も状況もK氏の話とそっくりである。

「後ろから足音が」と彼が言ったところで、

「野球帽の子供だろう?」と聞くと、

「違うよ、幼稚園の制服着た女の子だ。泣いてたんだよ」との答えが返ってきた。

「人通りの無い所で、そいつの顔見たんじゃないか? 顔はどうだった?」

「血まみれ」

K氏の話を聞いてから後、同じ場所、同じ状況の話を三件聞いた。

皆状況はほぼ同じだが、出て来るものが違っていた。

K氏は野球帽の少年、友人は幼稚園児、もう一件は小学生くらいの女の子。

いずれも男の二人連れが、流血した重症の子供を見ているらしい。

近所の土を掘り返してみたら、子供の死体が何体も出てきて、犯人は二人連れの男。

いつかそんなことになるのではないかと思いつつ、思い出す度に地方紙をチェックしている。

関連記事

山の上の廃病院

高校生の時の実話。地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…

クローゼット(フリー画像)

ユダヤ人の隠し部屋

大学の夏休みに友達二人とドイツ郊外へ旅行に出掛けました。小さな民宿に泊まり、その次の日は早朝からドライブする予定だったので皆んなで早めに床に就いたのですが、夜中に友人が魘されて…

旧生駒トンネル(フリー写真)

架空の最終電車

大阪から奈良へ抜ける近鉄奈良線。大阪と奈良の間には生駒山があり、電車は長いトンネルを通ることになる。現在のトンネルは『新生駒トンネル』と言い、その昔、数々の死傷事故を起…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。何とい…

アケミくるな

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。Sは仕事中だというのに…

民家

さしあげますから

もう10年以上前の大学時代の事。当時、実家の近所にある小さな運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 …

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

海沿いの崖(フリー写真)

無数の手

昔、趣味で釣りによく行っていた時の話。海釣りと言っても沖の方に出るのではなく、磯や岩場で釣る方だ。その日も朝早くから支度をして車で出掛けた。今回選んだ場所は、…

禍垂(かすい)

昔まだ十代の時で、して良い事と悪い事の分別もつかない時の話。中学を出て高校にも行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。いつものようにツレから連絡があり、今から肝…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…