子供の幽霊

公開日: 心霊体験

路地(フリー写真)

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。

K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。

ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。

K氏も先輩も酒好きだったので、日が変わる前に店を出て、先輩の家で本格的に飲もうということになった。

先輩氏のアパートは創成川という川沿いにあり、すすきのから歩いて程近い距離だったので、二人で川沿いを歩くことになった。

アパートが近付き、繁華街から離れて辺りも静かになってきた頃、二人の後ろから足音が聞こえてきた。

振り返ると、野球帽を被った少年が二人の後ろを歩いていた。

少年は俯いたまま、無言で歩いていたそうだ。

時間も時間なのでどうしたのかと思いつつ、またアパートに向けて歩き出した。

少年もまた二人の後を付いて来た。

K氏が言うには、その時にはもう二人とも、後ろを歩いている少年が生きていないことを直感的に理解していたそうだ。

特に確証があった訳ではないが、既に周りの空気がおかしかったという。

このまま放って置いたらアパートまで付いて来るのではないかと思ったので、二人で目配せしてその場で立ち止まった。

後ろの少年も立ち止まった。

不自然なほど周囲に人通りはなく、夜道に三人だけだったとK氏は言う。

二言三言声を掛けたが、少年はただ俯いて立っているだけだった。

「どうせ相手は人間じゃないし、遠慮することは無いと思った。酒も入っていたし」とはK氏の弁。

K氏は、少年の野球帽を取り上げてみた。

野球帽の下には、目玉の無い顔があった。

「それでどうしたんですか」と聞くと、

「とにかく走って逃げた。びっくりしたからね」そうK氏は答えた。

どのように見えたのか尋ねると、

「生きてる人間とおんなじ。触れるし、居るなってのがはっきり分かる。

独特の気配はあるけど、それは口では言えない」

という答えが返ってきた。

後日談

偶然高校時代の友人と再会し、二人で飲み屋に行って焼き鳥を齧っていたら、なぜか怪談話になった。

「とっておきの話がある。去年俺が見た話だ」

と言うので聞いていたら、場所も状況もK氏の話とそっくりである。

「後ろから足音が」と彼が言ったところで、

「野球帽の子供だろう?」と聞くと、

「違うよ、幼稚園の制服着た女の子だ。泣いてたんだよ」との答えが返ってきた。

「人通りの無い所で、そいつの顔見たんじゃないか? 顔はどうだった?」

「血まみれ」

K氏の話を聞いてから後、同じ場所、同じ状況の話を三件聞いた。

皆状況はほぼ同じだが、出て来るものが違っていた。

K氏は野球帽の少年、友人は幼稚園児、もう一件は小学生くらいの女の子。

いずれも男の二人連れが、流血した重症の子供を見ているらしい。

近所の土を掘り返してみたら、子供の死体が何体も出てきて、犯人は二人連れの男。

いつかそんなことになるのではないかと思いつつ、思い出す度に地方紙をチェックしている。

関連記事

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。 「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」 父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。 落ち込んでいる父の姿を見て、…

沖縄の夕日(フリー写真)

霊感のある生徒

これから話すのは高校の先生から聞いた話。 先生が初めて担任を持った時、いつも窓の外を見ている生徒が居たらしい。 その生徒が関わる幾つかの体験をお話します。 ※ まずは何…

旧東海道・関宿の町並み(フリー写真)

布団から聞こえる声

この話は母から聞いた話で、その母も祖母から聞いた話だと言っておりました。 北海道のB町の近くの話。戦前か戦後、この辺りの話だそうです。 ※ この頃は物資が少なく、布団を買うに…

カーテン(フリー写真)

少年とテレビ

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。 姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。 当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には…

公園の違和感

夜遅くの帰り道、公園の横を通った。遠くから歩きながら公園の方を見ると、なんか違和感がある。 近づいていくと、違和感の正体が分かった。電信柱の長さが違う。一方の電信柱の上に、髪が長…

ダークな抽象模様(フリー画像)

情け

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。 ※ 高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。 夜道で霊らしきも…

心霊動画保管庫

俺は現在、某携帯キャリアの携帯を使っているんだが、どうにも訳の分からないことが起きすぎる。 事の初めは、俺が携帯でサイトを見ていた時だった。 まず、俺の知り合いで携帯の不思…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。 その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。 疲れていたのですぐ寝入るこ…

デジタル(フリー素材)

Aの理論

何年か前、友人二人と夜中にドライブをした時の話。 友人Aはガチガチの理系で、 「物を見ると言うことは、つまりそこに光を反射する何らかの物体が存在する訳で、人の目の構造上、特…

隣の女子大生

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。 ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。 当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろ…