ピアノ騒音殺人事件

公開日: 本当にあった怖い話

IMG_4700

新興住宅地で起きた事件で、新興住宅地の欠陥が現れたものとして、有名なピアノ殺人事件を取上げる。

これは1974年平塚市で起きた事件で、当時大変話題になった事件であり、かつ過去に繋がりのない人々が、団地という密集した形態で住むようになることの、様々な意味を問いかけた事件である。

事件が起きた割には、そこで提起された社会的意味は、あまり問い直されることなく、ますます事件の背景になった要因は肥大化してきているようにも思われるので、現在取り上げる価値があるだろう。

事件の舞台になった平塚の姉崎団地は、県営住宅で、1400戸。

3DKで24世帯ずつ、60棟ぐらいの集合住宅があり、平塚の郊外に建設された新興住宅地である。

事件の3日前に、豊川一家は夫婦と子ども2人で、空き家の募集に当選して、引越してきた。その時幸子が小淵と会っている。

その時のやりとり。

「この上の者だが。近所に挨拶回りはしたかね」

「はい、あのう、一昨日越してきて夕方回りましたけど、上は両方ともお留守でしたから」

「そうか、それならいい」

幸子はそれからすぐに、子どもの佳子に

「エチケットにうるさい団地だわよ。挨拶回りをしないと催促されるんだから」

と言って、急いで封筒を持って上に行き、小淵に挨拶している。

「どうも先程は失礼しました。305に引越してまいりました豊川でございます。遅くなりましたが、どうかよろしくお願いいたします」

「そんなものはいらん。挨拶をすればよい。この下のように、いまだに挨拶に来ないのもいる」

その直後の幸子と、後で被害に遭う志津子の会話。

「挨拶回りが遅いって叱られたわ」

「そのくらいのことは言う人。変人だから、気にしないほうがいいわよ。階段で会ってお辞儀しても、返事もしませんよ」

「誰にでもですか?」

「子どもたちが、おじちゃん、こんにちは、といっても、知らんふり」

「さえ。魚釣りに行くくらいで、家にごろごろしているわね。かおりがピアノを弾くのがうるさいって、奥さんに怒鳴りこませたことがあったわ」

「まあ」

「おたくで、かおりのピアノ、うるさいですか?」

「いいえ。そんなことないわ」

ピアノの音が聞こえることは分っていて、一番離れた部屋で、テレビを点けていれば聞こえない程度だったが、それを幸子は黙っていた。

このやり取りで、団地の人間関係の幾つかが分かる。

幸子と志津子は初対面であるのに、すぐに親しくなっている。しかし、それはある「変人」を媒介にしてである。

小淵は幸子に話しかけたことで、実はとても親切にしてあげたという、普段あまり経験しない感情をもって、しばらく心を落着けていたのである。

被害に遭った宇田一家は、1970年の6月に、小淵に2月遅れで、小淵の階下に引越してきた。

父親の俊は真面目な努力家の労働者で、嫌な仕事も黙々とするので、雇用主に気にいられるタイプであった。

妻の志津子は社交的で、彼女が応募してこの団地に入った。

俊の勤め先からは遠かったが、狭いアパートから抜け出したかったので、大変喜んでいた。

かおりとみどりという2人の女の子がいた。

音楽が好きだった志津子は、団地に入ってからかおりにピアノを習わせるようになった。

事件は1974年8月28日のことだった。

小淵はこの1週間前にスーパーで包丁を買っていた。

宇田俊は朝出かけた。小淵はそれを待っていた。俊には体力的に負けるといつも考えていた。

朝からピアノの音がするので、宇田志津子と次女のみどりがごみを出しに行き、長女のかおりがピアノを弾いている時に階下に降りて行って、まずかおりを刺し、帰って来たみどりを残虐な方法で殺し、そして、その後帰った志津子を刺した。

そして、その後襖に俊宛ての言葉を書いている。

迷惑かけるんだから
スミマセンの一言位
言え、気分の
問題だ、来た時
アイサツにもこないし
馬鹿づらして
ガンとばすとは何事だ
人間殺人鬼には
なれないものだ

その後、電話線を切断し、豊田幸子に階段で会うが、部屋に戻ってから逃走した。

関連記事

放送室の女

どこの学校にも怖い話はいくつかあるものだけど、俺の母校の小学校は、なぜか怖い話が放送室にばかり集中している。数え切れない噂があるんだけど、中には実際に起きている出来事もあったり…

炎(フリー素材)

鳴く人形

俺の実家は小さな寺をやっている。子供の頃から、親父が憑き物祓いや人形供養をしているのを何度も見て来た。その中でも一番怖かったのが赤ちゃんの人形。ミルクなどを飲ませるよう…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

アケミくるな

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。Sは仕事中だというのに…

自殺団地(長編)

高校時代、俺は10階建ての団地の10階に住んでいた。その団地は凄く有名で、別名が「ヤンキー団地」とか「自殺団地」とあまり良い名前がついてなかった。団地は10階建てと13…

横穴

ゆうちゃんとトミー

中学生時代の友達で「ゆうちゃん」という男がいた。彼は直感が優れていて、何かの危険が迫っていると「嫌な感じがする」と呟き、さりげなく回避行動に出られるタイプの男だった。俺…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…