幽霊トンネル

公開日: 本当にあった怖い話

トンネル(フリー写真)

実際私の身近に起こったお話をします。

私は当時クラブに通う女子高生で、学校の友達よりクラブで出来た年上のお姉さんやお兄さんと遊ぶ方が好きな子でした。

その時のお兄さん達に起こった本当の話です。

岐阜県某所に、他県へ抜けるトンネルがあります。

凄く古くからあるトンネルだそうで、トンネル工事をした際に何人もの人が亡くなったという噂があり、地元では割と冷やかしに遊びに行く幽霊スポットでもあります。

当時の私がよく遊んでいたお兄さんお姉さん達が、そこへ肝試しに行きました。

ここまではよくある話なのですが…。

トンネルへは男女5人で車で行ったそうです。運転席助手席、後部座席に3人。

トンネルへ入って抜けた瞬間、全員はっとして目が覚めたそうです。

眠っていたとかではなく、意識が無かったと言いますか。

危うく事故を起こしかけて急ブレーキを踏み、トンネルを出た脇道で車を停めて、気が付くと後部座席に2人しか乗っていなかったそうです。

トンネルに入って抜けるまでの数十秒間の記憶が全く無いし、居たはずの人間が居ない。

慌てて警察へ行ったところ、みんなクラブで遊んでいるような人間ですから、身なりからして薬や飲酒が原因ではないかと警察も取り合ってはくれません。

もちろん薬も飲酒も誰もしていませんし、確かにその日は5人で出掛けたそうです。

現にトンネルに出発する直前まで、私一緒に某ファーストフードで夕食を摂っていましたから。

警察にも取り合ってもらえず、ひとまず消えてしまった子のご家族に電話したそうです。

そこのご家族は、前から自分の子を夜遊びに連れて行く友達を良く思っていなかったらしく、警察へすぐ駆け込みました。

拉致して殺害し山にでも埋めたのではないかと言い始めて…。

もちろんそんなことがあるはずもなく、警察で事情聴取や色々な検査をされたそうです。

その後も、トンネルへ入って出るまでの記憶は戻らず、神隠しと言うのでしょうか?

状況に進展は無く、嘘発見器や催眠で自白させるなどのことも色々されたそうですが一向に変化は無く、警察も行方不明事件として捜査を始めたそうです。

時間は流れ、段々と捜査をする警官の人数も減り、居なくなった子のご家族は捜索願を出したまま、その子が帰って来るのを待っていました。

あれから十年が経ちました。

現在では私もクラブなどへ行くことは無くなりましたが、今だに仲間内ではあの事件は何だったのか話題に上ります。

そして2年前、捜索願を出してから7年が過ぎたので、遺体の無いままお葬式を挙げました。

私ももちろん行きましたが、遺体の無いお葬式は何とも違和感のあるものでした。

現在、行方不明事件の時に車に乗っていたお兄さんお姉さん達は、普通に生活しています。

ただそのトンネルには絶対行かないそうで、今だに事件当時の記憶は無いそうです。

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。 彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。 なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

親子の会話

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。 都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。 その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験…

ハイド君

今でも不思議で訳が解らないんだけど、俺の幼馴染が遭遇した話を書きます。幼馴染は女なので、名前は仮にA子とします。 もう5年前になるけど、A子は当時23歳だった。そこそこ美人なんだ…

死刑執行

A受刑者は、大量殺人を犯し、死刑が確定していた。 それから数年。 今日は、A受刑者の死刑執行日である。 目隠しをしたA受刑者は、絞殺台に立たされる。 「ガゴン!…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。 のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。 私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

廃ホテル(フリー写真)

心霊ロケ

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。 そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、 「女性の霊を見た」 「…

コンサートホール

某コンサートホール

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。その時の体験を話そうと思います。 初めに気が付いたのは、来客総数を試算するチケット・チェックの場所でした。 私たちはもぎった…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。 場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…

飢饉があった村(長編)

俺の実家、岩手県のとある地方なんだけどさ、毎年帰省するんだけどね。よく田舎って「本家」みたいなのがあるのは分かるかな? その一族の本家っていうかさ、要は親戚縁者を統括する家みたい…