かしまさん

Street_art_woman

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。

ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩いていた時、不幸にも数人の米兵にレイプされました。

その後、殺すにも苦しみながら死んで行くのを楽しむため、体の両腕・両足の付け根の部分に銃弾を叩き込み、道路上に放置したまま立ち去りました。

瀕死の状態を彷徨っていた時、運良くその場を通り掛かった地元でも有名な医者に発見され、腐敗していた両腕・両足を切り落とすことを代償に一命を取り留めました。

しかし、自分の美しさにプライドを持っていた女性は、生きることに希望が持てず、国鉄加古川線の鉄橋上へ、車椅子で散歩に連れられている隙を見て車椅子を倒し、両腕・両足のない体で、体をよじらせ鉄橋の上から走ってきた列車へ身投げし自殺しました。

警察や国鉄から多くの方が駆けつけ、線路中で肉片の収集をしましたが、不思議なことに首から上の部分の肉片は全く見つからなかったとのことです。

しかし、時代が時代だったもので、数日経過するとその事件を憶えている者は殆ど居なくなりました。

事件が起こったのは、数ヶ月後のある日です。

朝は元気だった者がなぜか変死を遂げることが相次ぎました。

それも一軒の家庭で起こるとその近所で事件が起こるといった具合です。

警察も本格的に動き出し、事件が起こった家庭への聞き込みでは、なぜか共通点がありました。

それは、死亡者は必ず死亡日の朝に「昨日、夜におかしな光を見た」というのです。

実際に当時の新聞にも記載された事件であり、加古川市では皆がパニックになりました。

加古川所では事件対策本部が置かれ、事件解決に本腰が入りました。

そこである警察官が、事件が起こった家庭を地図上で結んでみると、あることに気がつきました。

なんとその曲線は手足のない、しかも首もない胴体の形になりつつあったのです。

こうなると当然、次はどのあたりの者が事件に遭うか予測がつきます。

そこで前例にあった「光」を見た者は警察に届け出るように住民に知らせました。

やはり、曲線上の家庭では「光」を見たと言い死んで行きました。

しかし、実は「光」ではなかったのです。

死者の死亡日の朝の告白はこうでした。

「夜、なぜか突然目が覚めました。すると微かな光が見え、見ているとそれはますます大きな光となります。

目を凝らして見ると、何かが光の中で動いているのが見えます。

物体はだんだん大きくなり、こちらへ近づいてきます。

その物体とはなんと、首も両腕・両足もない血塗れの胴体で、肩を左右に動かしながら這ってくる肉片でした。

ますます近づいてくるので、怖くて目を閉じました」

と言うのです。

次からも、その同じ肉片を見た者は必ず死にました。

そこで、次は自分だと予想した者が恐ろしさのあまり加古川市と高砂市(隣の市)の間にある鹿島神社(地元では受験前など多くの人が参拝する)で御祓いをしてもらいました。

すると、

「暗闇の向こうに恐ろしい怨みがあなたを狙っているのが見えます。

御祓いで拭いきれない怨みです。

どうしようもありません。

唯一貴方を守る手段があるとするならば、夜、肉片が這ってきても絶対目を閉じずに、口で『鹿島さん、鹿島さん、鹿島さん』と3回叫んで、この神社の神を呼びなさい」

と言われました。

その夜、やはり肉片は這ってきましたが、恐怖に耐え必死に目を開いて「鹿島さん、鹿島さん、鹿島さん」と3回唱えました。

すると肉片はその男の周りをぐるぐる這った後、消えてしまいました。

普通なら話はこれで終わりますが、やはり怨みは非常に強く、その男が旅へ出てもその先にて現れました。

その後、その方がどうなったかは知りません。

ただ非常に厄介なことに、この話をもし知ってしまうと、肉片がいつかはその話を知ってしまった人のところにも現れるということです。

兵庫県出身の私が知ったのは高校時代ですが、私の高校では、この話は人を恐怖に与えるためか迷信を恐れるためか、口に出すことが校則で禁止されました。

皆さんはこの話をインターネットで知ることになりましたが、鹿島さん(地元では幽霊の肉片を鹿島さんと呼ぶ)を見ないことを願います。

もし現れたら必ず目を閉じず「鹿島さん」を3回唱えてください。

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。 ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。 俺は『下の階の人のと…

海(フリー素材)

アシュラさん

今年の3月の終わり頃だったかな。 俺はいつものように更新を楽しみにしている洒落怖まとめサイトを見ていた。 その時、オカルト好きな俺の叔父さんが家に遊びに来ていて、一緒になっ…

棲家

9歳の時引っ越した私の家には何かが居た。 主に私の部屋で、金縛りはしょっちゅう起きるし、色んな人の声もする。 壁の中からだったり、寝ている自分の上や枕元、ベッドの下からなど…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

ホテル(フリー素材)

鶯谷のホテル

これは実際に体験した不思議な話です。 皆さん、鶯谷をご存知でしょうか? 山手線沿線でありながら最も人気の無いエリア。江戸時代にあった遊郭が今も尚息づくソープランド街「吉原」…

海外の降霊術 メアリーワースの忠告

日本で降霊術と言えばコックリさんがメジャーであるが、海外ではメアリーワースと呼ばれている霊を召喚するという方法がある。 これはアメリカの子供達の間で一時期大ブームとなったという。…

親子のシルエット(フリー素材)

お母さんが居る

俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。 それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が 「家の中にお母…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。 この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。 田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

山道(フリー写真)

かなめさま

長くなるがどうか聞いて欲しい。 俺が昔住んでいた場所はド田舎で、町という名前は付いていたものの、山間の村落みたいな所だった。 家の裏手の方に山道があり、そこに「かなめさま」…

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。 わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。 とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…