手形

e7999c5108

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。

山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、いざ山へ向おうと出発しました。

ガソリンスタンドを出て程なく走ると、車の通りの少ない林道のようになり、もちろん街灯もないので周りは薄気味の悪い闇に包まれて行きました。

そんな中、それまで快調に走っていた車のスピードが遅くなってきて、ついには前に全然進まなくなりました。

エンジンはかかっています。でも、前に進まないのです。アクセルを踏み込むとエンジン音は大きく鳴り響きます。

Aは『なんで進まないんだ?』と不審に思い、とりあえずバックしてみました。すると、車はまるで何も異常がないようにバックします。

Aは不思議に思いながらももう一度前に進もうとしました。

しかし、やはり前に進まないのです。AとCは不思議に思って「故障でもしたのか?」と顔を見合わせました。

そこで2人は車を降り、様子を見る為に車の前に回り込みました。

そこで2人が見たものは…。

なんと、多数の手形でした。手形はヘッドライトに大人の大きさや子供の大きさまで多数ではっきりと張り付いていました。

それを見たAとCは、あまりの恐怖に慌てて車に飛び乗り、何が起きたのか訊くBとDには一切何も答えず、バックで今来た道を必死に戻りました。

しばらく走り、最後に給油したガソリンスタンドまで戻ってくると、そこで恐る恐る車を降りてヘッドライトを確認しました。

すると、さっきの手形は確かに見間違えではなくそこにびっしりと張り付いていました。

しかも、手形はヘッドライトにとどまらずボンネット全域に渡りびっしりと張り付いていました。

ガソリンスタンドの店員さんにそのことを話すと、店員さんもこの辺りではそんな幽霊話など聞いた事がないと言います。

とりあえず気味が悪いので、その日はおとなしく家に帰ったそうです。

そして次の日テレビでは日航機墜落のニュースが流れていました。

そうです、4人はまさに日航機の墜落現場に向っていたのです。

そしてあの手形は、きっと事故で亡くなられた方々が無残な姿を見られたく無くて車を押し止めたのです…。

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

人形(フリー写真)

アンティークドールの夢

中学校に入学した時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰った。古いドールだったけど、しっかり手入れされていて、汚いという印象は受けなかった。それどころか、銀色の髪…

自衛隊駐屯地の恐怖体験

私が新隊員教育でとある駐屯地にいた時の話です。ありがちな話かもしれませんが、どうかご容赦下さい。自衛隊には営内点検と言うものがあります。部屋の使用状況(物品の有無、整理整頓、清…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

相乗り

僕が小学の低学年の時に、親におつかいを頼まれました。おつかいを済ませて、オートロック式の自宅マンションの暗証番号を押し扉を開けて、エレベーターホールに向かい、エレベーターが降り…

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

森(フリー写真)

不思議な子供とおじいさん

20歳の頃だったか、まだ実家でプータローをやっていた時の話。うちは物凄い田舎で、家のすぐ傍が森や山みたいな所だったのよ。それで何もやる事がないし、家に居たら親がグチグチ…

(゚Д゚)ハァ?って表情になって消えた

学生の頃の話。夜、部屋で寝てたら急に金縛りになった。変な気配がしたので目だけ動かして窓の方を見たら、顔が沢山浮かんでこっち見てた。なんか霊とかってどんなものかよ…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

廃ホテル(フリー写真)

廃墟旅館の噂

うちの地元に、ある旅館があった。その旅館は、いわゆる高度経済成長の時代、レジャーブームに乗って出来たものだった。そして80年代後半に入ると、レジャーの多様化、海外旅行ブ…