手形

e7999c5108

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。

山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、いざ山へ向おうと出発しました。

ガソリンスタンドを出て程なく走ると、車の通りの少ない林道のようになり、もちろん街灯もないので周りは薄気味の悪い闇に包まれて行きました。

そんな中、それまで快調に走っていた車のスピードが遅くなってきて、ついには前に全然進まなくなりました。

エンジンはかかっています。でも、前に進まないのです。アクセルを踏み込むとエンジン音は大きく鳴り響きます。

Aは『なんで進まないんだ?』と不審に思い、とりあえずバックしてみました。すると、車はまるで何も異常がないようにバックします。

Aは不思議に思いながらももう一度前に進もうとしました。

しかし、やはり前に進まないのです。AとCは不思議に思って「故障でもしたのか?」と顔を見合わせました。

そこで2人は車を降り、様子を見る為に車の前に回り込みました。

そこで2人が見たものは…。

なんと、多数の手形でした。手形はヘッドライトに大人の大きさや子供の大きさまで多数ではっきりと張り付いていました。

それを見たAとCは、あまりの恐怖に慌てて車に飛び乗り、何が起きたのか訊くBとDには一切何も答えず、バックで今来た道を必死に戻りました。

しばらく走り、最後に給油したガソリンスタンドまで戻ってくると、そこで恐る恐る車を降りてヘッドライトを確認しました。

すると、さっきの手形は確かに見間違えではなくそこにびっしりと張り付いていました。

しかも、手形はヘッドライトにとどまらずボンネット全域に渡りびっしりと張り付いていました。

ガソリンスタンドの店員さんにそのことを話すと、店員さんもこの辺りではそんな幽霊話など聞いた事がないと言います。

とりあえず気味が悪いので、その日はおとなしく家に帰ったそうです。

そして次の日テレビでは日航機墜落のニュースが流れていました。

そうです、4人はまさに日航機の墜落現場に向っていたのです。

そしてあの手形は、きっと事故で亡くなられた方々が無残な姿を見られたく無くて車を押し止めたのです…。

関連記事

ビルの隙間

去年の夏休みの事。夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…

ジュース(フリー写真)

ワンタ

幼稚園に入る少し前くらいだっただろうか。子供の頃に、毎日のように一緒に遊んでくれた不思議な動物がいた。大きさは、自分よりも大きかったから、犬のゴールデンレトリバーぐらい…

学校の校庭(フリー素材)

逆上がりさん

小学生の頃、学校の七不思議が幾つもありました。それはとっくに七不思議を超えていて、私が知る限り50個はあったのです。その中に『逆上がりさん』という七不思議があって、当時…

不気味なタクシー運転手

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。ちょ…

時間停止

小学生の時の話。昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタ…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

病院(フリー写真)

深夜病棟での心霊体験

私の兄は、神奈川県の某老人病院で看護士をしている。その病院では、夜中に誰も乗っていないエレベーターが突然動き出したりなど、如何にも病院らしい話がよくあるとの事。その兄が…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。すると突…

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …