バンザイ

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

frenchguianacanopy-405002-lw

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。

その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。

公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広がっているだけだ。

ベンチに座り、地元のガイドと談笑していた時にそれは起きた。

遠くの方で微かに、しかし確実にセスナ機が飛ぶようなエンジン音が聞こえてくる。

1機や2機といった数ではない。

やがて「それ」は姿を現した。

軽く50機はあるプロペラ機の大編隊が、向こうの森から姿を現した。

しかし日光の影響でシルエットしか分からず、飛行機がどのような種類の物かは分からない。

ただ唯一分かるのは、左右の翼にエンジンが一つずつ付いている双発機だということだ。

身動きどころか喋ることも出来ず、私は黙って「それ」を見つめていた。

やがて、それぞれの飛行機から人が飛び降り始めた。

合わせて数百人もいただろうか…。

そして、シュルシュルと落下傘が開いて着地した。

その瞬間である。

「バンザァァイ!」という歓声と共に、自分の方に全ての人影が向かってきた。

何がなんだか分からないまま、私はベンチの下に慌てて隠れた。

途端に、鼓膜が破れるかとばかりに聞こえていた歓声がぴたりと止んだ。

顔を上げてみたが、あの飛行機も、数百の人影も綺麗に消えていた。

ガイドは「よくある事だ」とぽつりと漏らした。

以前に、あそこで何があったかは私は何も知らない。

旅館(フリー写真)

いにしえの宴会

旅行先で急に予定が変更になり、日本海沿いのとある歴史の旧い町に一泊することになった。 日が暮れてから旅館を予約したのだけど、シーズンオフのためか、すんなり部屋が取れた。 …

アンテナ鉄塔の異変

私はドコモ関連の設備管理の仕事をしている者ですが、昨年の年末にちょっと信じられない体験をしました。 これまで幽霊とか妖怪とか、そういうものは信じていませんでしたし、そういった現象…

不倫はダメ

叔母さんが東京で友達とアパート暮らししてた時の話。 友達と服飾を目指し勉強中だった叔母は、友達とも毎日帰宅が深夜だった。 今では珍しくなった木造で、外側にカンカンと音が出る…

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。 その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。 蒼い宵闇が降りてくる。境界線…

不気味なタクシー運転手

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。 ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。 ちょ…

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。 早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。 叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

油絵の具(フリー素材)

風景画の中の女性

心霊写真の話はよく聞くけど、風景画に霊が入り込む事もあるのだろうか。 定年退職後の祖父の趣味は油絵だった。 描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。 従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。 あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

交差点(フリー素材)

命の恩人との再会

小学5年生の時の話をします。 ある日、通学路の交差点を渡っていると、右折車が横断中の俺を目がけて突っ込んで来た。 催眠術にかかったように体が動かず、突っ込んで来る車を呆然…

古い住宅(フリー写真)

きてください

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。 こちらから掲載をお願いする事もあれば、読者からの情報を参考にしたり、その他お店からハガキやFAX、…