バンザイ

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

frenchguianacanopy-405002-lw

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。

その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。

公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広がっているだけだ。

ベンチに座り、地元のガイドと談笑していた時にそれは起きた。

遠くの方で微かに、しかし確実にセスナ機が飛ぶようなエンジン音が聞こえてくる。

1機や2機といった数ではない。

やがて「それ」は姿を現した。

軽く50機はあるプロペラ機の大編隊が、向こうの森から姿を現した。

しかし日光の影響でシルエットしか分からず、飛行機がどのような種類の物かは分からない。

ただ唯一分かるのは、左右の翼にエンジンが一つずつ付いている双発機だということだ。

身動きどころか喋ることも出来ず、私は黙って「それ」を見つめていた。

やがて、それぞれの飛行機から人が飛び降り始めた。

合わせて数百人もいただろうか…。

そして、シュルシュルと落下傘が開いて着地した。

その瞬間である。

「バンザァァイ!」という歓声と共に、自分の方に全ての人影が向かってきた。

何がなんだか分からないまま、私はベンチの下に慌てて隠れた。

途端に、鼓膜が破れるかとばかりに聞こえていた歓声がぴたりと止んだ。

顔を上げてみたが、あの飛行機も、数百の人影も綺麗に消えていた。

ガイドは「よくある事だ」とぽつりと漏らした。

以前に、あそこで何があったかは私は何も知らない。

関連記事

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

白金にまつわる話

知る人ぞ知る港区の白金トンネル。幽霊が出るという有名な場所だ。この間、叔父さんから聞いた話。都内で小さな商店を持ってる叔父さんは、その夜店も終わり、仕事関係の人に持って…

幼児期の記憶

今15才になる娘がまだ幼児だった頃の話。旦那がいる時は、娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが、2人きりのときは私の下の名前を呼び、いかにも内緒話をする、といった口調で…

医療器具(フリー素材)

謎のカルテ

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。山奥なので土地だ…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

ドルフィンリング

ドルフィンリング

ドルフィンリングというイルカの形をした指輪が流行った大昔の話。当時、私は小学校低学年でした。10歳年の離れた姉はいわゆる不良で、夏休みになるとほぼ毎晩不良仲間を家に連れて来ては…

四国のホテル

怖くないかもしれないけど、俺が昔体験した話。子供の頃、四国に家族旅行へ行った時、泊まっていたホテルで黒い着物姿の女に手招きされる夢を見た。夢の中で、俺はふらふらと抵抗す…

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…