バンザイ

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

frenchguianacanopy-405002-lw

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。

その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。

公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広がっているだけだ。

ベンチに座り、地元のガイドと談笑していた時にそれは起きた。

遠くの方で微かに、しかし確実にセスナ機が飛ぶようなエンジン音が聞こえてくる。

1機や2機といった数ではない。

やがて「それ」は姿を現した。

軽く50機はあるプロペラ機の大編隊が、向こうの森から姿を現した。

しかし日光の影響でシルエットしか分からず、飛行機がどのような種類の物かは分からない。

ただ唯一分かるのは、左右の翼にエンジンが一つずつ付いている双発機だということだ。

身動きどころか喋ることも出来ず、私は黙って「それ」を見つめていた。

やがて、それぞれの飛行機から人が飛び降り始めた。

合わせて数百人もいただろうか…。

そして、シュルシュルと落下傘が開いて着地した。

その瞬間である。

「バンザァァイ!」という歓声と共に、自分の方に全ての人影が向かってきた。

何がなんだか分からないまま、私はベンチの下に慌てて隠れた。

途端に、鼓膜が破れるかとばかりに聞こえていた歓声がぴたりと止んだ。

顔を上げてみたが、あの飛行機も、数百の人影も綺麗に消えていた。

ガイドは「よくある事だ」とぽつりと漏らした。

以前に、あそこで何があったかは私は何も知らない。

親子のシルエット(フリー素材)

お母さんが居る

俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。 それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が 「家の中にお母…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。 母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。 そういう人なので、あちこちに愛人…

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。 祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。 それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。 麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。 Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

和室(フリー写真)

連鎖と数珠

一年経ってようやく冷静に思い出すことができるようになった出来事がある。 去年のちょうど今頃の話だ。 その日は金曜日で、俺は会社の同僚数人と何軒かの店をハシゴして、すっかり良…

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です 好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。 その当時、私と家族は10階建ての団地の…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

チャイムが鳴る

ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は自宅の2階で昼寝をしていた。 「ピンポ~ン、ピンポ~ン」 誰か来たようだ。俺以外家には誰もいないし、面倒くさいので無視して寝ていた。 「…

オフィスビルの窓(フリー写真)

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。 友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが、勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。 偶に立…

住宅街(フリー写真)

交差した時空

現在でも忘れられない、10年以上前の不思議な体験です。 免許を取得したばかりの頃、母のグリーンのミラパルコを借りて、近所を練習がてら走っていた時の事です。 その日は友達が数…