廃墟ホテルの調査

廃墟ホテル(フリー素材)

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。

その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。

その時の調査で行った場所は、関東のとある山の中にある廃墟になったホテル。

まず心霊スポットによくあるのが、誰々がそこで殺された、または自殺したという話です。

そのスポットもご多分に漏れず、とある若い女の人が彼氏に殺され、その廃墟の壁に埋められていて、その女が霊となって出るというものでした。

早速その殺人が実際にあったのか調査しようと、まずその地域の図書館で事件が起きたとされる年代の新聞などをチェックしました。

そして地元警察やその心霊スポットの地主、地元の人に聞き込みなどを行ったのですが、そのような事件が起きた痕跡や記録はありませんでした。

最後に現場調査と調査報告に使う写真撮影のため、一緒に仕事をしているもう一人の仲間の女性と夜中に現場撮影をしに行った時のこと。

さすがに人気の無い山中ということもあり、かなり不気味。建物の中はかなりカビ臭い。

撮影は昼間でも良いのですが、やはり夜の写真が良いというのが依頼の内容に入っていたため、夜中に現場へ向かいました。

取り敢えず建物の外観や内部をカメラで撮影し始め、あらかた内部の調査も終わった頃に引き上げようと思い、建物内部にいるはずの彼女に大きな声で

「そろそろ引き上げようか」

と声を掛けました。すると彼女が、

「あ、待ってください。こっちの部屋に来てくれませんか」

と言うのでそちらに向かうと、何の変哲もない部屋がそこにありました。

さっき通った時は無かった気がすると思いながらも、部屋に入ると何だか魚が腐ったような臭いが、カビ臭さと入り混じってとにかく悪臭が凄かったです。

そこには俺を呼んだはずの彼女は居なかったのですが、特に気にもせず部屋を見ると、壁が一箇所だけ塗り替えたように色が違う。

『ああ、これが壁に死体が埋められたという噂の元になっているんだな』と思い撮影をしていると、持っていた懐中電灯やカメラなどが全て急に電源が切れて使用不可になったんです。

暗闇の中で『参ったな…』と思っていると、部屋に入って来る足音が聞こえます。

「あのさ。明かりが消えちゃって点かないんだよ。きりが良いから引き上げよう」と言うと、彼女の声が

「もう少しだけここに残ろう…。ね?」と引き止めます。

俺が帰ろうと言っても、

「もっと撮影したほうが…」とか、

「壁を掘り返しましょう」などと言い、やたらと引き止めるんです。

「それならば明日にしよう」と言って帰ろうとすると、

「待ちなさい!」と俺の手を握ったんです。

その手の感触は今でも忘れません。

「ぶじゅっ…」と音がしたと思うと、俺の手を筋張っているのに物凄く柔らかくてどろどろしたような…表現し難いものが握ったんです。

「うわっ!」と手を離すと彼女が一言、

「もうちょっとだけここに残ろう。…ね? もうちょっとだから…」

その瞬間、俺はそいつが彼女ではないと恐怖を感じ、その場から一目散に逃げました。

月明かりだけだったのであちこちに体をぶつけて痛みも感じたけど、それどころではありませんでした。

そして建物の外に出ると、車の前で彼女が待っていました。

彼女の話だと、撮影し始めてすぐに懐中電灯などが使用不可になったため、ここで待っていたとのこと。

『じゃ、さっきのは?』と思いました…。

その場からすぐに立ち去ろうと車に乗った時、彼女が「ひっ!」と声を上げ「あ…あれ」と震える指で車のミラーを指差しました。

俺はもう恐怖のためミラーを見たくありませんでした。

そのまま車を急発進させて町へ向かいました。

そして全ての経緯をまとめて依頼主に報告。

事務所に戻って撮影したものを見ても、普通の写真と映像だけでした。

何も写ってはいなかった。

そして一緒に行った彼女が見たものを聞くことはありませんでした。

「思い出したくないんです」

…ただ、そう言っていました。

でも、きっとあの映像と写真に何かあったんだと思う。

最初は報告を受けて「おもしろいじゃないか。使えるよ」と乗り気だった依頼主が、急にそれらの使用を取り止め、写真と映像を処分したからです…。

深夜の研究室

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。 卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をし…

ビーチ(フリー写真)

楽しそうな笑み

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。 俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。 その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んで…

ベランダの女

俺が小学4年生の時の実体験。 俺が初めて学校をサボった時の話です。親にばれると怒られるのは目に見えていたから、学校に行くふりをして家の近くで時間を潰した。 姉貴と両親が出か…

カメラ

零というゲームが発端の出来事

『零』というゲームを知っているかな? 幽霊を写せる特殊なカメラを使い悪霊と戦う謎解きゲームみたいなやつ。 それが発端とも言える話を嫁がしてくれた。 ※ オカルトマニアの…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

トンネル(フリー写真)

幽霊トンネル

実際私の身近に起こったお話をします。 私は当時クラブに通う女子高生で、学校の友達よりクラブで出来た年上のお姉さんやお兄さんと遊ぶ方が好きな子でした。 その時のお兄さん達に起…

ホテルの部屋(フリー写真)

有名な幽霊ホテル

知り合いの女性から聞いた話。 道後温泉の奥手にあるO道後温泉。幽霊が出るホテルがあることで、とても有名な場所。 そこのK館の50X号室に、彼女ともう一人の女性が泊まることに…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。 もう20年も前の夏のことです。 私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、 「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…