モニターに写る女

maxresdefault

去年の夏の話です。

自分、配達の仕事をやっていて、最初に研修という形で先輩と配るんです。その時教えてもらったC先輩とはすぐに仲良くなり、飲みに行ったりしてました。

ある時、先輩から「俺、幽霊見ちゃうんだよ」って言われました。自分、そういうの好きだから茶化さずに聞いてたんです。

「俺の車、研修の時乗っただろ。あれさ、何でバックミラーにガムテープ張ってると思う?」

その理由は車の中にいる幽霊を見ないようにしてるって言うんです。

うちの車は立派な物じゃなく普通の白いワンボックスカーで、座席は運転席と助手席だけで、荷物を後ろに積む形になってます。

それでマジかよとか思ったんですが、すぐに嘘だと感じました。バックミラーが割れてるだけだろうって。

自分の配ってる地域には先輩の家もあるんです。先輩はその日休みで、携帯に連絡があり「悪いけど駅まで送ってくれないか」と言われたので、夏は忙しいのにと思いつつ送りました。

次の日、仕事場のオッサンに「お前ら、昨日さぼっていただろ」って言われ、すぐに言い返しました。

「さぼってないですよ、先輩を駅まで送って行っただけです、それに夏じゃ忙しくてさぼれないですよ」

オッサンは「そうか、あれ、後ろに乗ってたのCの彼女か? 駄目だよ、助手席に乗せてやらなきゃ」

乗せてないんですよね、女なんか。先輩はこわばった顔で「その女、赤いアロハシャツ着てました?」

オッサンは「何言ってんだ、着てたじゃないか。昨日の事覚えてないの?」

それを聞いて朝から気味悪くてバックミラーを見ないようにしてました。

夜になって仕事が終わり、事務所に帰ってみんなと話していたら、その中の一人が「これ見てみろよ、面白いよ」と言いバインダーを差し出してきました。

その中にはみんなの履歴書が入っていて、結構暇つぶしになるんです。そのバインダーが置いてある棚には退職者の履歴書が入ったバインダーもあり、パラパラ見てました。

自分は8月の始めに入社したんですけど、7月に3人も辞めているんです。

その履歴書の右上には赤いペンで(研修担当者C)って書いてある。C先輩の事です。

最初は夏だから辛くて辞めたのかなと考えました。でも今は、この3人は赤いアロハシャツの女を見てしまったんだろうと思ってます。

ある日、先輩の家で酒を飲む事になりました。2人ともアロハシャツの女については触れないようにしてました。

いつも通り盛り上がっていたんですけど、やっぱ気味悪いんですよ。あの女の事が気になって。先輩にひっついてるなこの女…と薄々と感じていましたから。

話は少し飛びますが、先輩の家にあるテレビはコンセントが抜いてあるんです。おまけに画面にタオルが掛けてある。辺りを見回すとパソコンと鏡にも掛けてあるんですよ。

それで酒の方は先輩が先につぶれちゃって今にも寝そう。暇だからパソコンでネットさせてもらうことにしたんです。

先輩は一言「夢中になるなよ」と言って横になった。

でも夢中になってしまい、随分やっていました。

これがいけなかったんです。

パソコンのモニターなんですけど何かある。反射して部屋の中が写っている。

目を凝らすと自分の2メートル後ろに赤いアロハシャツの女が立っているんですよ。そしてこっちを見てる。

「うわっ!」

目をモニターから逸しちゃいました。怖くって。それで再度モニターを見ると、背後にピッタリと移動してる。

モニターには胸から下が写りこんでいて顔が見えない。もう目を逸らせないんですよ。だって目を逸らした瞬間に背後まで来てる。次に目を逸らしたら、どうなるか分からない。

ずっとモニターを凝視してるんですが、その女からは息遣いも聞こえてこないし、ただ立ってこっちを見下ろしているんです。

部屋に聞こえるのはパソコンから出る「ウィーン」と言う音だけ。

朝方、先輩が声を掛けてくれてようやく開放されました。

先輩から聞いたんですが、この女が現れてもう3年になるそうです。

前に住んでいたマンションの廊下に立っていて、先輩は通り過ぎる時、女の顔を見てしまったんです。

片目が無かったらしいです。

自分が体験したのは上に書いた事だけで、それ以来先輩の家にはもちろん行ってないです。でも続けてるんですよ、配達の仕事。

先輩にこの女について少し聞いてあるので書きますね。

上に書いた出来事で自分はこの女について聞かずにはいられませんでした。

先輩は廊下であの女を見て「ああ、まずいな」って直感したそうです。なにせ片目が無かったから。

でも、まずいなと言いつつもすぐに忘れてしまったらしいです。

それで夜になって配達が終わり家に帰ったんです。先輩はマンションの5階に住んでいてエレベーターに乗りました。

閉まる瞬間、何気なく乗ってきたそうです。アロハシャツの女が。先輩はまだ幽霊だと思ってなかったんですって。でも動揺が隠せない。

エレベーターが動かない…。

先輩はボタン押すのも忘れてたんです。それぐらいこの女に意識が向いてました。

先輩は俺にこう言いました「何であの時あんな動揺しちゃったんだろ。普通に何気なく行動してれば、あの女ついて来なかったんじゃないかな…でも動揺しちゃうよ…」

エレベーターが動きます、女は先輩の後ろに立っていたそうです。

5階に着いて先輩は逃げるように部屋に向かいました。

先輩は「あの時、おかしいって感じたよ、俺、横目で見たんだよ、エレベーターの中。女は中で立ってて出る気配なかったよ。5階までしかないのに」

先輩は恐怖を感じつつ部屋に戻った。この恐怖を消すためにテレビを見始めたんですけど、少し経って「ドスッ」と 先輩の肩に、あごを乗せてきたらしいです。アロハシャツの女が。

振り返ると何もいなかった。先輩はすぐに引っ越したのですが、その女は追ってきてた。

「俺は極力あいつと会う確率を減らす努力をしてるよ」

まず、夢中にならない事だそうです。特に家の中では。だから、テレビやパソコンにタオルを掛けてる。

先輩はエレベーターであいつが乗ってきて動揺したんですが、何でそんなに動揺しちゃったのか訊いてみました。

女が何気なく乗ってきた時、喉に痰が絡まったような声で「ゴ…ゴポ…一緒にいて」と言われちゃったそうなんです。

関連記事

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。そこは店からだいたい車…

ドアノブ

ドアノブという単語を見て嫌な体験を思い出した。少し迷ったが書いてみようと思う。拙い文章だけど興味のある人は読んで欲しい。以前、とある地方のアパートに住んでいた。霊感とか…

骨董品屋

晴れ着

俺がまだ大学生だった10年前、自称霊感の強い後輩Aと古いリサイクルショップへ行った時の話。リサイクルショップと言っても、築30年は軽く経っていそうなボロボロの外観で、どちらかと…

夜道(フリー素材)

映画監督の話

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。 ※ ある時、H氏はスランプに陥っていました。いくら悩んでも…

警察官の無念

年末、某県のフェリー乗り場で船の時間待ちをしていた。寒空の下、ベンチに座って海を眺めていたら、駐車場で妙な動きをしている軽四に気が付いた。区画に入れたと思えばすぐに出たり、駐車…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

星空の下(フリー写真)

白く光る顔

数年前、とある湖畔で朝釣りのためにキャンプをしていた時のこと。夜中の焚き火中に、「たすけてえええ!だれかあ!」と女性の声が湖の方から聞こえて来て、そちらに目をや…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

嫌がらせ

心霊とは関係ありませんが、かなり恐かった話です。彼の元カノに嫌がらせをされていました。着歴が毎日100件を越えるほどで、警察にも相談に行きましたが、相手にされませんでし…