川岸の戦友

戦時中の軍隊(フリー写真)

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。

俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。

爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多い所に配置されてしまって、ジリジリ後退しながら戦っていたそうだ。

話を聞いていた当時中学生の俺にとって、日本軍と言えば「突撃!」または「玉砕!」とやっているイメージだった。

だから作戦で米英軍が進んで来るところをちょいちょい襲撃して進撃を遅らせながら、こちらの被害は抑えて後退しながら戦うなんて、意外だった記憶がある。

そうやってジリジリ後退していた爺さん達だが、ある日、とうとう敵さんに部隊の位置を捕捉されてしまい、爆弾や砲弾がガンガン打ち込まれる事態になったそうだ。

必死で友軍陣地を目指して逃げたので、仲間も一人二人と生死も判らないままはぐれて行った。

爺ちゃんも死を覚悟しながら移動していたのだが、後一日も移動すれば安全圏というところで、近くに爆弾がさく裂して吹っ飛ばされたそうだ。

気が付くと、友軍陣地なのか兵士が大勢居る場所だったらしく『助かったのか?』と思ったそうだ。

そこは川に近い広場のような所で、見覚えは無かったが、大勢の兵士が寝転がったり雑談したりと、大分前線からは離れたような和やかな雰囲気だった。

爺ちゃんは、衛生兵に自分の隊はどうなっているのか聞いてみたら、

「川岸にたむろしているのがそうじゃないか」

と言われたので、早速行ってみた。

川岸に行くと、隊長の姿は見えなかったが、退却中に別れ別れになった仲間が居て、爺ちゃんは助かった仲間が結構多いことに嬉しくなった反面、3分の1位は姿が見えないことに悲しくなった。

そして、特に親しくしていた仲間と雑談しながらくつろいでいると、川の向こうで見覚えのある兵士が大声で叫んでいるのに気が付いた。

その兵士は大声で爺ちゃんの名字を呼んでいるので、目を凝らして見ると、どうやら同じ隊のAという人のようだった。

爺ちゃんは、Aが川の向こうに居ることを仲間に教えた。

最初は皆きょとんとして、川の向こうに人影を探している様子だったが、あんなにはっきりとAが見えているのに、見つけられないようだった。

そのうち誰かが、

「あ~、そういう事か~」

と言って、皆で爺ちゃんを担ぎ上げて、

「お前はあいつのところまで行ってこい!」「しっかり泳げよ!」

と言いながら、慌てる爺ちゃんを川に放り投げたそうだ。

爺ちゃんは、怪我人に酷いことをするものだと思ったが、あの退却でAも助かったのだと思うと嬉しく、痛みを堪えて川を泳いで行った。

向かいの川岸では、Aが自分の名前を呼び続けているので、声を頼りに近付いて行った。

すると急に激痛が走り『しまった、ワニか?』と思ったらしい。

激痛で意識が飛びそうだと思った時、今度はベッドの上で気が付いた。

さっきまで居た所ともまた違う、どこかの友軍の陣地。

爺ちゃんは激痛を堪えながら衛生兵に聞いてみると、自分の目指していた陣地よりも更に先の場所だった。

衛生兵に、

「君の隊は大変だったな。背負ってくれた仲間に感謝しろよ」

と言われて、爺ちゃんは色々聞こうとしたが、

「今は寝ていた方が良い」

と取り合ってはくれなかった。

次の日、爺ちゃんが痛みと疲れでぼんやりとしているところに、Aが訪ねて来た。

Aは開口一番、

「お前は隠れて何か食ってたのか? 重かったぞ」

と、笑いながら嫌味を言って来たそうだ。

爺ちゃんはAが運んでくれたのだと思いながら、

「これでも痩せたんだ」

と言い訳をした。

言い訳をしながらも、心に引っ掛かる言葉が言い出せずにいると、Aの方から

「うちの隊は今のところ7名だ」

と言った。

爺ちゃんはあの川岸で会った何名かの名前を口にしたが、Aは挙げた名前の人は誰も来ていないと言った。

そして今この陣地に居るのは、Aに聞いたところ、あの川岸に居なかった人たちだったそうだ。

爺ちゃんは俺にこの話をした時、最後にこんな事を言っていた。

「戦場に行けば『死に花咲かさなきゃいかん』とか話にはなるけど、やっぱ戦友には生き残って欲しいものだよ。みんな同じ気持ちだよ」

爺ちゃんは8年前に亡くなってしまったが、あちらでは川岸の戦友さん達と仲良くやっているのかな?

関連記事

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。特に大きい物…

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。それには訳がある。仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。その日、俺は難しい打ち合…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。その当時、私と家族は10階建ての団地の…

三面鏡

今はあまり見かけなくなった三面鏡。この前、実家に帰った時、紫色の布を被せた三面鏡があった。布を上げてそれを広げてみると、自分の顔がたくさん映ってる。色んな角度で…

金色の金魚(フリー写真)

浮遊する金魚

小学2年生くらいまで、空中を漂う金色の金魚みたいなものが見えていた。基本的には姉ちゃんの周りをふわふわしているのだけど、飼っていた犬の頭でくつろいだり、俺のお菓子を横取りしたり…

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。そんな叔父は時間があれば…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

桜の木(フリー素材)

タイムカプセルの手紙

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員…