川岸の戦友

戦時中の軍隊(フリー写真)

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。

俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。

爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多い所に配置されてしまって、ジリジリ後退しながら戦っていたそうだ。

話を聞いていた当時中学生の俺にとって、日本軍と言えば「突撃!」または「玉砕!」とやっているイメージだった。

だから作戦で米英軍が進んで来るところをちょいちょい襲撃して進撃を遅らせながら、こちらの被害は抑えて後退しながら戦うなんて、意外だった記憶がある。

そうやってジリジリ後退していた爺さん達だが、ある日、とうとう敵さんに部隊の位置を捕捉されてしまい、爆弾や砲弾がガンガン打ち込まれる事態になったそうだ。

必死で友軍陣地を目指して逃げたので、仲間も一人二人と生死も判らないままはぐれて行った。

爺ちゃんも死を覚悟しながら移動していたのだが、後一日も移動すれば安全圏というところで、近くに爆弾がさく裂して吹っ飛ばされたそうだ。

気が付くと、友軍陣地なのか兵士が大勢居る場所だったらしく『助かったのか?』と思ったそうだ。

そこは川に近い広場のような所で、見覚えは無かったが、大勢の兵士が寝転がったり雑談したりと、大分前線からは離れたような和やかな雰囲気だった。

爺ちゃんは、衛生兵に自分の隊はどうなっているのか聞いてみたら、

「川岸にたむろしているのがそうじゃないか」

と言われたので、早速行ってみた。

川岸に行くと、隊長の姿は見えなかったが、退却中に別れ別れになった仲間が居て、爺ちゃんは助かった仲間が結構多いことに嬉しくなった反面、3分の1位は姿が見えないことに悲しくなった。

そして、特に親しくしていた仲間と雑談しながらくつろいでいると、川の向こうで見覚えのある兵士が大声で叫んでいるのに気が付いた。

その兵士は大声で爺ちゃんの名字を呼んでいるので、目を凝らして見ると、どうやら同じ隊のAという人のようだった。

爺ちゃんは、Aが川の向こうに居ることを仲間に教えた。

最初は皆きょとんとして、川の向こうに人影を探している様子だったが、あんなにはっきりとAが見えているのに、見つけられないようだった。

そのうち誰かが、

「あ~、そういう事か~」

と言って、皆で爺ちゃんを担ぎ上げて、

「お前はあいつのところまで行ってこい!」「しっかり泳げよ!」

と言いながら、慌てる爺ちゃんを川に放り投げたそうだ。

爺ちゃんは、怪我人に酷いことをするものだと思ったが、あの退却でAも助かったのだと思うと嬉しく、痛みを堪えて川を泳いで行った。

向かいの川岸では、Aが自分の名前を呼び続けているので、声を頼りに近付いて行った。

すると急に激痛が走り『しまった、ワニか?』と思ったらしい。

激痛で意識が飛びそうだと思った時、今度はベッドの上で気が付いた。

さっきまで居た所ともまた違う、どこかの友軍の陣地。

爺ちゃんは激痛を堪えながら衛生兵に聞いてみると、自分の目指していた陣地よりも更に先の場所だった。

衛生兵に、

「君の隊は大変だったな。背負ってくれた仲間に感謝しろよ」

と言われて、爺ちゃんは色々聞こうとしたが、

「今は寝ていた方が良い」

と取り合ってはくれなかった。

次の日、爺ちゃんが痛みと疲れでぼんやりとしているところに、Aが訪ねて来た。

Aは開口一番、

「お前は隠れて何か食ってたのか? 重かったぞ」

と、笑いながら嫌味を言って来たそうだ。

爺ちゃんはAが運んでくれたのだと思いながら、

「これでも痩せたんだ」

と言い訳をした。

言い訳をしながらも、心に引っ掛かる言葉が言い出せずにいると、Aの方から

「うちの隊は今のところ7名だ」

と言った。

爺ちゃんはあの川岸で会った何名かの名前を口にしたが、Aは挙げた名前の人は誰も来ていないと言った。

そして今この陣地に居るのは、Aに聞いたところ、あの川岸に居なかった人たちだったそうだ。

爺ちゃんは俺にこの話をした時、最後にこんな事を言っていた。

「戦場に行けば『死に花咲かさなきゃいかん』とか話にはなるけど、やっぱ戦友には生き残って欲しいものだよ。みんな同じ気持ちだよ」

爺ちゃんは8年前に亡くなってしまったが、あちらでは川岸の戦友さん達と仲良くやっているのかな?

関連記事

民家

さしあげますから

もう10年以上前の大学時代の事。当時、実家の近所にある小さな運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 …

親子の会話

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

狐(フリー画像)

狐の加護を受ける家系

自分の家には、呪いと言うよりは加護みたいなものがあるらしい。その内容は、何故か取引相手や仕事仲間が事故に遭わなくなったり、病気が治ったり出世したり、良縁に恵まれたりするというも…

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

海(フリー写真)

赤旗が出る日

地元は海の前の漁師町(太平洋側)の話。ここ数年は少なくなったが、幼少の頃から海女さんの真似事をしてアワビやサザエを採ったり、釣りをするのが子供の遊びだった。朝に堤防まで…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。親父は意識が朦朧としていたが、…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。親方に呼ばれ、 …