川岸の戦友

戦時中の軍隊(フリー写真)

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。

俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。

爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多い所に配置されてしまって、ジリジリ後退しながら戦っていたそうだ。

話を聞いていた当時中学生の俺にとって、日本軍と言えば「突撃!」または「玉砕!」とやっているイメージだった。

だから作戦で米英軍が進んで来るところをちょいちょい襲撃して進撃を遅らせながら、こちらの被害は抑えて後退しながら戦うなんて、意外だった記憶がある。

そうやってジリジリ後退していた爺さん達だが、ある日、とうとう敵さんに部隊の位置を捕捉されてしまい、爆弾や砲弾がガンガン打ち込まれる事態になったそうだ。

必死で友軍陣地を目指して逃げたので、仲間も一人二人と生死も判らないままはぐれて行った。

爺ちゃんも死を覚悟しながら移動していたのだが、後一日も移動すれば安全圏というところで、近くに爆弾がさく裂して吹っ飛ばされたそうだ。

気が付くと、友軍陣地なのか兵士が大勢居る場所だったらしく『助かったのか?』と思ったそうだ。

そこは川に近い広場のような所で、見覚えは無かったが、大勢の兵士が寝転がったり雑談したりと、大分前線からは離れたような和やかな雰囲気だった。

爺ちゃんは、衛生兵に自分の隊はどうなっているのか聞いてみたら、

「川岸にたむろしているのがそうじゃないか」

と言われたので、早速行ってみた。

川岸に行くと、隊長の姿は見えなかったが、退却中に別れ別れになった仲間が居て、爺ちゃんは助かった仲間が結構多いことに嬉しくなった反面、3分の1位は姿が見えないことに悲しくなった。

そして、特に親しくしていた仲間と雑談しながらくつろいでいると、川の向こうで見覚えのある兵士が大声で叫んでいるのに気が付いた。

その兵士は大声で爺ちゃんの名字を呼んでいるので、目を凝らして見ると、どうやら同じ隊のAという人のようだった。

爺ちゃんは、Aが川の向こうに居ることを仲間に教えた。

最初は皆きょとんとして、川の向こうに人影を探している様子だったが、あんなにはっきりとAが見えているのに、見つけられないようだった。

そのうち誰かが、

「あ~、そういう事か~」

と言って、皆で爺ちゃんを担ぎ上げて、

「お前はあいつのところまで行ってこい!」「しっかり泳げよ!」

と言いながら、慌てる爺ちゃんを川に放り投げたそうだ。

爺ちゃんは、怪我人に酷いことをするものだと思ったが、あの退却でAも助かったのだと思うと嬉しく、痛みを堪えて川を泳いで行った。

向かいの川岸では、Aが自分の名前を呼び続けているので、声を頼りに近付いて行った。

すると急に激痛が走り『しまった、ワニか?』と思ったらしい。

激痛で意識が飛びそうだと思った時、今度はベッドの上で気が付いた。

さっきまで居た所ともまた違う、どこかの友軍の陣地。

爺ちゃんは激痛を堪えながら衛生兵に聞いてみると、自分の目指していた陣地よりも更に先の場所だった。

衛生兵に、

「君の隊は大変だったな。背負ってくれた仲間に感謝しろよ」

と言われて、爺ちゃんは色々聞こうとしたが、

「今は寝ていた方が良い」

と取り合ってはくれなかった。

次の日、爺ちゃんが痛みと疲れでぼんやりとしているところに、Aが訪ねて来た。

Aは開口一番、

「お前は隠れて何か食ってたのか? 重かったぞ」

と、笑いながら嫌味を言って来たそうだ。

爺ちゃんはAが運んでくれたのだと思いながら、

「これでも痩せたんだ」

と言い訳をした。

言い訳をしながらも、心に引っ掛かる言葉が言い出せずにいると、Aの方から

「うちの隊は今のところ7名だ」

と言った。

爺ちゃんはあの川岸で会った何名かの名前を口にしたが、Aは挙げた名前の人は誰も来ていないと言った。

そして今この陣地に居るのは、Aに聞いたところ、あの川岸に居なかった人たちだったそうだ。

爺ちゃんは俺にこの話をした時、最後にこんな事を言っていた。

「戦場に行けば『死に花咲かさなきゃいかん』とか話にはなるけど、やっぱ戦友には生き残って欲しいものだよ。みんな同じ気持ちだよ」

爺ちゃんは8年前に亡くなってしまったが、あちらでは川岸の戦友さん達と仲良くやっているのかな?

5ミリ

ある大学生が自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、なにやら背後に視線を感じる。 どうしても気になりふと振り返ると、背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。 それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…

オフィスビルの窓(フリー写真)

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。 友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが、勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。 偶に立…

狐の社(宮大工2)

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。 オオカミ様のお堂の修繕から三年ほど経ち、俺もようやく一人前の宮大工として仕事を任されるようになっていた。 ある日、隣の市の…

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

ウサギ

ウサギの墓

小学校の頃、自分は飼育委員をしていた。 学校には鶏とウサギと亀がいて、それらの餌やりや小屋の掃除、死体の始末をするのが仕事だった。 繁殖期になるとウサギは沢山子供を産み、九…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。 県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。 でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。 中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。 夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。 友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。 当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

路地(フリー写真)

子供の幽霊

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。 ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。 …