不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

image.php

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。

途中、酒を買い求めて車を走らせる。

渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。

中には林道にはみ出して停めている車もあり、毎年の事ながらマナーの悪さに閉口しつつ、社へと上がる階段の前に辿り着いた。

小さな駐車スペースにも数台の車が停まっており、なんとか隙間に自分の車を滑り込ませて階段を上った。

すると、雪に覆われた境内に大きなテントが設置されていた。

また、水場には炊事用具やゴミが散らかっている。

流石に頭に来たが、当人たちは釣りに行き不在なので文句の言いようも無い。

こんな状況で心静かに祈れるわけもないので、取り敢えず散らかっているゴミと用具をまとめ、テントの中に放り込む。

そして、車に戻って木の板にマジックで

「ゴミはちゃんと片付けて帰って下さい。また、境内でのキャンプは禁止です」

と書き、テントの前に戻り立て掛けた。

そして、酒を捧げお祈りをしてから引き上げた。

しかし、家に戻ってからもどうも気持ちがスッキリしないので、夕方にもう一度お社へと出掛けてみた。

階段前には既に車は一台も無い。

そして、階段を上がってみると目を疑わんばかりの惨状が広がっていた。

俺の立て掛けた看板は二つに折られてゴミと共に燃やされており、ビールの空き缶とタバコの吸殻はあちこちに散乱している。

俺の納めた酒は瓶が叩き割られ、なんと水場には渓流魚を捌いた後のはらわたが大量に散乱している。

神のおわす場所で殺生を行うとは…。

俺は余りの事に頭が真っ白になったが、どこにも怒りをぶつけられずに震えるばかりだった。

なんとか片付け終わった頃には既に日は落ち、辺りは真っ暗である。

ため息をつきながらゴミ袋を抱えて立ち上がり、社に向かい一礼し頭を上げると、そこにはあの少年が背を向けて立っていた。

いつもの、穏やかな雰囲気は微塵も無い。

また、彼の体から蒼い炎のようなモノが吹き上がっている様にも見えた。

俺の口からカチカチと音が出ている。

恐怖の為に歯の根が合っていない事に気付くのにしばらく掛かった。

彼がこちらに向かってゆっくりと振り向こうとしている。

俺は『ヤバイ』と直感しバッとひれ伏し、頭を地面に着けて震えていた。

その一瞬の後、俺の横を熱い風が通り抜ける。

しばらくしてから体を起こすと、俺の横には一筋、雪が溶けて出来た道があった。

それから一ヶ月ほど経った後、恐ろしい夢を見た。

釣り人の格好をした見ず知らずの男四人が、雪溶け直後の大きな滝つぼで半ば溺れる様にして、真っ青な顔で震えながら必死で泳いでいる。

すると、そこに巨大な釣針が放り込まれ、男たちの首や体に突き刺さり宙吊りとなる。

そして宙吊りのまま、突然腹が割かれて臓器が湯気を立てながら零れ落ちる。

断末魔の絶叫を上げ動かなくなる男達。

しかし、また滝つぼに放り込まれると元に戻り泳ぎだす。

延々と繰り返される地獄絵図にたまらなくなり目を逸らすと、滝の上に誰か立っているのが見えた。

目を凝らし見つめると、それがあの少年の姿である事が分かった。

表情までは見えないが、いつもの微笑を浮かべている様だ。

しかしそこに慄然としたものを感じ、背筋が凍るような感覚に苛まれる内に目が覚めた。

後日、弟子の一人から県外から来た釣り人が四名行方不明になっているという話を聞いた。

それがあの男たちなのかどうかは確かめる術も無く、また必要も無いだろうと考え記憶の隅へと追いやった。

思い出

小学生になったばかりの頃の話。 学校の近くに沼を埋め立てて造った更地があって、放課後になると鉄条網の隙間から友達と潜り込んで遊んでた。 あの日。埋められた地面の一部が、底が…

廃屋の窓(フリー写真)

半分の家

じいちゃんから聞いた話。 従軍中、幾つか怪談を聞いたそうだ。その中の一つの話で、真偽は不明。 ※ 大陸でのこと。 ある部隊が野営することになった。 宿営地から少し…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。 田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

雨(フリー素材)

天候を操る力

小学生の頃だったか。 梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の子の家に遊びに行った。その親友と一緒に。 そこで三人でゲームなどをして遊んでいたら、あっという間に帰る…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。 実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。 ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。 辺りも薄暗くなってき…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。 私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。 当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

夕日(フリー写真)

歳を取らない巫女様

昔住んでいた村に、十代の巫女さんが居た。 若者の何人かはその人のお世話をしなければならず、俺もその一人だった。 その巫女さんは死者の魂が見えたり、来世が見えたりするらしかっ…

校舎(フリー写真)

消えたヤンキー

現在就活中で、大阪と兵庫の辺りをうろうろしている。 昨日ホテルに帰る途中のタクシーの中で、一緒に居た友人が何故か怖い話を始めた。 その時に運転手さんから聞いた話。 …

京都のお寺(フリー写真)

ミルクキャラメル

小学1年生の頃、よく自分の家のお墓があるお寺で一人遊んでいた。 池の鯉を見たり、お寺に飼われていた猫のミケと遊ぶのが楽しかった。 じいちゃんのお墓参りをして、周りに生えて…